アーモンドミルクの効果と牛乳、豆乳、ライスミルクよりおすすめの理由

4974701100382

アーモンドミルクが近年注目されていますが、
どのような効果や効能があるのか
ご存知でしょうか?

また牛乳豆乳、そして最近注目されている
ライスミルクとどのような違いがあり、

これらの乳製品と比べてアーモンドミルクが
おすすめの理由や

国内外で販売されているアーモンドミルクの中で
おすすめの商品を紹介します。

スポンサードリンク

アーモンドミルクの効果効能は?

アーモンドミルクはもちろんアーモンドを
すりつぶして作る飲み物なので、

アーモンドの効果がそのままミルクにも
含まれています。

アーモンドミルクの成分の特徴は

①ビタミンEが豊富

ビタミンEと言えば抗酸化作用ですね。

抗酸化作用とは老化を防止する働きのことで
体に悪影響を及ぼす活性酸素の増加を
抑制してくれます。

つまりビタミンEはアンチエイジングに最適な
成分なのです。

ビタミンEの効果効能は

①美肌効果

抗酸化成分が老化を防止することにより
肌のシミやシワ、くすみを予防・改善したり、
紫外線対策にも効果があると言われています。

②病気の予防・改善

体が酸化(老化)してしまうと
ガンや生活習慣病などの病気に
かかりやすくなりますが

ビタミンEの抗酸化作用が
これらの病気に対する予防・改善の
効果があると言われています。

アーモンドのビタミンEの含有量は
あらゆる食べ物の中でもトップクラス

アーモンドミルクもたくさん含まれているので
美容や健康に良い飲み物と言えるでしょう。

②AGEを減少させる

AGEをご存知ですか?
(AGAではありませんよ。AGAは薄毛治療です)

AGEとは終末糖化産物の略で
「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」

ことで強い毒性を持ち、

老化を進める原因物質と言われています。

老化といえばシミやシワが増えることを
想像してしまうかもしれませんが

それだけではなくAGEが血管に蓄積すると、
心筋梗塞や脳梗塞、骨粗しょう症、白内障などの
一因となると言われており、

AGEを体内に溜めない、あるいは減らすことが
大事ですが

アーモンドを食べることによりこの悪質なAGEを
減らすことが可能なのです。

食物繊維が豊富

水溶性と不溶性の2種類の食物繊維のうち
アーモンドには不溶性食物繊維
多く含まれており、

効能は腸内環境を整え有害物質や余分な脂肪を
排出するデトックス効果もあります。

腸内環境が良くなると便秘の解消だけでなく
便と一緒に有害物質や老廃物が出ることで
健康や美肌にも効果があると言われています。

オレイン酸が豊富

amani-abura
アーモンドはカロリーが高いイメージが
あるかもしれませんが

脂質の約70%が良質な油であるオレイン酸です。

※オレイン酸はオリーブオイルに多く含まれている
脂肪酸です。

オレイン酸の効能
 血中コレステロールを減少させる
 生活習慣病を予防する
 ガンを抑制する
 胃酸の分泌を調整し、胃の健康を守る
 美肌を作る効果

そしてアーモンドにはその他にもカルシウム、
マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛などの

現代人に不足しがちなミネラルも豊富
含んでいます。

スポンサードリンク

アーモンドミルクと牛乳や豆乳との違い

04499c78e1b2243fde22910406d4db80_s

牛乳はとても栄養価が高い食品で、
最近では牛乳の効能が見直されており、

1日1杯程度の牛乳が「寿命を延ばす」
「認知症の予防」
など健康に良いという
報告もあります。

ただし牛乳の問題点としては飽和脂肪酸が多く
中性脂肪やコレステロールを増やす原因と
言われています。

この点に関しては飲みすぎなければ大丈夫ですが

もうひとつ乳糖不耐症の問題があります。

これは牛乳を飲むとお腹が痛くなったり、
下痢をしてしまうなどの症状がでる
アレルギー症状ですが、

欧米人とは違い多くの日本人が悩んでいると
言われています。

一方アーモンドミルクはミルクとはいっても
乳製品不使用なので

乳アレルギーの人でも安心して飲めますし、

コレステロールもゼロなので健康にも良いと
言われています。

アーモンドミルクと豆乳との違いは何でしょうか?

豆乳もアーモンドミルクと同じ植物性で
栄養成分のたくさん含まれている飲み物ですが

牛乳と同様に飽和脂肪酸が含まれています。
(アーモンドミルクはゼロ)

そして豆乳の原料の大豆は外国産が多くて
健康への悪影響が懸念される遺伝子組み換え大豆
大豆アレルギーの心配があります。

アーモンドミルクには遺伝子組み換えの心配がなく
アレルギーの心配もほとんどありません。

※アーモンドはアレルギー表示義務の27品目に
含まれていませんが

たまに口腔内の粘膜がかゆみや腫れを起こす
口腔アレルギー症候群やじんましん、

そして症状が重くなると喘息や
アナフィラキシーショックなどが現れたという
報告があるので、

牛乳、豆乳ほどのアレルギーと比べると
少ない例ですが注意が必要です

アーモンドミルクがライスミルクよりおすすめの理由

2015年の「日経トレンディ」の
ヒット予測ランキング4位に選ばれた
「ライスミルク」
ですが

商品も少しずつ出回り自宅でも簡単に作ることが
できて人気も知名度も上がっています。

ただしライクミルクが健康に良いと言われるのは
あくまでも玄米を原料とした場合で、

白米を原料にしたライスミルクでは
それ程栄養はありません。

またライスを原料としているだけあって
炭水化物の量が多く

カロリーもアーモンドミルクの方が少ないです。

飲み物カロリー(kcal)
アーモンドミルク49
ライスミルク120
牛乳134
豆乳88
ココナッツミルク300

アーモンドミルクはライスミルクだけでなく、
牛乳や豆乳、そして最近人気が出ている

ココナッツミルクよりもカロリーが
圧倒的に少ないです。

おすすめのアーモンドミルク

健康・美容に効果があってカロリーも低く、
美味しくて飲みやすいのがアーモンドミルクです。

ではアーモンドミルクであれば何でも
良いのでしょうか?

海外や日本でも大手メーカーが販売していますが
どれでも効果は同じでしょうか?

色々飲んでみたり、調べてみたりしたのですが
一番のおすすめは「筑波乳業のアーモンドミルク」です。

海外産はアーモンドの含有量が少なめのものが
多いですし

国内の大手のアーモンドミルクの原材料を見ると
アーモンドではなくアーモンドペーストで、
香料、砂糖、乳化剤なども入っています。

筑波乳業のアーモンドミルクはアーモンドの
含有量が多いのはもちろん

砂糖、香料、着色料が不使用ですが
とても飲みやすくしかも濃厚な味です。

安心・安全でしかも美味しいというのが
うれしいですね。

多少金額が高いですが
本物のアーモンドミルクを飲みたい方に

「筑波乳業のアーモンドミルク」はおすすめです。

私は実際に飲んでそのままでも美味しいと
思いましたが

コーヒーに入れたり特にフレンチトーストは
絶品でした。

ぜひ試してみてくださいね。

筑波乳業 アーモンドミルク(砂糖不使用)1000ml

まとめ

アーモンドは1日25粒食べると健康に良いと
言われていますが毎日食べるのは大変です。

それならばアーモンドミルクを飲むほうが
簡単ですし

牛乳アレルギーの方や苦手な方にも
おすすめできる飲み物です。

最近はライスミルク、ココナッツミルクなど
植物性の原料を使用している飲み物が
流行っていますが

アーモンドミルクは体に良いのはもちろん
カロリーも低くて飲みやすい点で
一番おすすめです。

ぜひ一度飲んでみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ