ひまわり油の効果効能と健康に良い理由!選び方や注意点について!

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s

えごま油亜麻仁油など健康に良い油が流行っていますがひまわり油サンフラワーオイル)健康や美容に良いという理由で最近は人気が上がってきています。

ひまわり油の特徴や効果効能、購入する際の選び方の基準や注意点についてお伝えします。

スポンサードリンク

ひまわり油の栄養成分と特徴

ひまわり油ひまわりの種を原料としている油で日本ではそれほどまだ知名度がありませんが欧米ではサンフラワーオイルとして人気があります。

ひまわり油にはオレイン酸が75%、リノール酸が10%の脂肪酸が含まれています。

オレイン酸はオリーブオイルに多く含まれている脂肪酸でひまわり油はオメガ9系のオイルです。

実は以前はひまわり油はリノール酸の割合が多く、ゴマ油やグレープシードオイルなどと
同じオメガ6系の油でした。

それが品種改良されてハイオレックタイプ(オレイン酸が高含有)のオイルとなりました。

栄養成分では抗酸化成分であるビタミンEが多く含まれていて、サラダなどに

そのままかけるのはもちろんのこと炒め物や揚げ物にも適しています。

最近では椿油オリーブオイルと同様にお肌や髪に塗って美容オイルやヘアケア商品としても使用されています。

ひまわり油は椿油やオリーブオイルのように独特の香りを持たないので最近色々な商品に使用されています。

スポンサードリンク

ひまわり油の効果効能

オリーブオイルに多く含まれているオレイン酸オリーブオイルなどオメガ9系のオイルに多く含まれている脂肪酸ですが

オメガ9系のオイルの中でもトップクラスの含有量でオリーブオイルよりも多く含まれています。

オレイン酸の効能
 体内の酸化や活性酵素を防ぎ脳や体の細胞を
  健康にする
 血液をサラサラにする
 悪玉(LDL)コレステロールを減少させる
 動脈硬化・心筋梗塞の予防
 便秘解消
 胃酸過多や胃潰瘍の予防
などが期待されています。

そしてひまわり油の脂肪酸の1割を占める
リノール酸は適量であれば健康に良いと言われており

 血中コレステロールを下げる
 血圧を下げる
 皮膚の保湿
 子供の発育を促進する
などの効能があるのですが

現代の食生活の中ではお菓子やパンなどの加工品や
ファーストフード、レストランなどの外食から
自然に摂っている脂肪酸なので

逆に摂り過ぎると
 アレルギー症状が出る
 老化を促進
 免疫力を弱めるなどの
影響が出る心配があります。

オメガ6系の油はリノール酸の割合が多いので
健康に良くないと言われていますが

ひまわり油を適量(おおさじ2杯程度)摂る分には
問題はありません。

加工食品に含まれる健康に良くない植物油脂から
摂るリノール酸を減らすように心掛けましょう。

ひまわり油にビタミンで一番多く含まれているのが
ビタミンE「若返りのビタミン」と言われています。

ビタミンEの効能

 老化防止
 ガンの予防
 コレステロールの減少
 動脈硬化の予防
 血行をよくする
(頭痛や肩こり、冷え性などの症状の緩和)
 溶血性貧血の予防
 肌のシミ、シワの予防
 (紫外線により発生した活性酵素を除去する働きもあり)
 生殖機能の維持
 (更年期障害の改善、精力減退の改善)

などが挙げられます。



ひまわり油の選び方

0977999e65264b9a00362639078a753c_s

ひまわり油を製造する際には圧搾法
抽出法があり

昔は圧搾法が主流ではありましたが
種子から搾(しぼ)れる油の量は

限られているだけでなく手間がかかるため、
現在流通している商品は溶剤を使用した
抽出法が一般的です。

抽出法で作られたひまわり油は圧搾法に比べて
大量に作ることができて値段も安く
長期保存が可能ですが

高温で処理されるため栄養成分がほとんど
なくなってしまいます。

ひまわりの種にはビタミンE以外にも
ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸といった
ビタミンB群や

鉄分、亜鉛、、マグネシウム、カルシウム、カリウム
などのミネラルが豊富に含まれています。

それが高温処理された抽出法だと
これらの栄養成分の効果を得ることができません。




また高温処理の懸念するところはトランス脂肪酸が発生してしまうことです。

日本ではトランス脂肪酸の規制や表示義務はありませんが、アメリカでは2018年からトランス脂肪酸を含む
食品は全面禁止ですし、諸外国も軒並み使用量制限や表示義務がある程人体に危険をもたらすと言われています。

サラダ油は高温処理されたものでトランス脂肪酸の危険性があり栄養成分がほとんど含まれていない油なのです。

食べるのがダメならば肌に塗るのもおすすめできません。

高温処理することで体に良くない成分が発生したり安い油は薬品や身体に悪い添加物をしている可能性もあります。

ひまわり油は健康に良い油ですが化学溶剤の抽出法で高温加熱で製造される油であれば体に危険の可能性が高いです。

ひまわり油も現在はほとんど抽出法の商品ばかりですがおすすめの商品があります。

国産ひまわり油の「北の耀き」です。

北海道名寄市で育てられたひまわりの種を使用し
完全無添加で一番搾りの圧搾法で搾油しています。

この商品であればひまわりの種に含まれる
栄養成分を摂取することができますし

コレステロール・トランス脂肪酸もゼロです。

しかも一般のひまわり油と比べると
ビタミンEが2倍オレイン酸も多く含まれており

逆に大量摂取すると体に悪いリノール酸が少ないという
本当に優れた油です。

市販に多く出回っているひまわり油と比べると
価格は高いですが、

このひまわり油は本物ですので
是非他のひまわり油と比較して食べてみてください。
名前は同じひまわり油でも全然違います。

16万個の種から1瓶★国産 ひまわり油 「北の耀き」 【北海道名寄市】 275g

まとめ

ひまわり油はサラダなどと一緒に生で食べても良いですし
熱にも強いので炒め物、揚げ物にも使用できます。

そして健康や美容にも良い成分がたくさん入っており
健肌や髪の毛に塗るといった美容効果も
期待できます。

ただこのような効果を期待できるのは圧搾法の
ひまわり油です。

もちろんいくら健康に良い油でも体に悪いサラダ油と
カロリーは変わりませんので

摂り過ぎには注意しましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ