ビフィズス菌と乳酸菌の違い!腸内環境を整え免疫力を高める善玉菌はどちらがおすすめ?

img_cremoris

最近は「腸活」という言葉が流行っているように
腸内環境によって健康や美容、体型などにも

大きな影響を与えると言われています。

その腸内環境を改善して免疫力を高めるには
善玉菌を増やすのが効果的と言われていますが

その善玉菌の代表的なものは
ビフィズス菌乳酸菌です。

ビフィズス菌=乳酸菌と考えている人も
多いようですが

生物学的な分類では
ビフィズス菌と乳酸菌は違うものなのです。

まずビフィズス菌と乳酸菌のどのような
違いがあるのか、

また、腸内フローラを改善する方法に
ついて紹介します。

スポンサードリンク

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

乳酸菌は糖を分解し乳酸を作り出して
体に良い働きをする細菌の総称です。

腸内では主にビフィズス菌のサポート役となり、
ビフィズス菌が生息しやすい環境をつくる役割を
担っています。

一方ビフィズス菌は糖を分解して乳酸を作り出す
だけではなく酢酸も作り出す細菌です。

そしてこの酢酸には強い殺菌力があり、
悪玉菌の増殖を押さえ込む優れた作用があります。

またビタミンB群、葉酸を作り出す点も
乳酸菌とは違います。

乳酸菌の定義のひとつに
糖を分解して作る代謝物の50%以上が乳酸であること
が挙げられます。

ビフィズス菌も糖から乳酸を作り出しますが、
それ以上に酢酸を作り出すため厳密には
乳酸菌の一種とは言えないのです。

そしてビフィズス菌は主に人や動物の腸内に
生息していますが酸素があると生きていけなく

乳酸菌は酸素がある環境でも生きることが可能で
人や動物の腸内に以外にも

自然界に広く生息しています。

 

そしてビフィズス菌と乳酸菌の違いで驚くべき点は
人の腸内に存在する数です。

ビフィズス菌の数は1兆~10兆個
腸内で生息する善玉菌99.9%を占めるに対し

乳酸菌の数は1億~1,000億個
善玉菌の0.01%以下の割合です。

つまり腸内の善玉菌の最大勢力は
ビフィズス菌
なので腸内環境を改善するには

ビフィズス菌を積極的に摂ることが
必要になります。

スポンサードリンク

善玉菌が腸内フローラに与える影響

腸内細菌
① 善玉菌ビフィズス菌・乳酸菌など

② 悪玉菌ウェルシュ菌・大腸菌など

③ 日和見菌

3種類に分けられますが
そしてそれら腸内細菌の集まりを

腸内フローラ」と呼びます。

腸内フローラが善玉菌優勢になれば
腸の動きが活発になり、

逆に悪玉菌の動きが活発になれば
腸の動きが低下してしまいます。

ちなみに「日和見菌」は普段は
善玉菌の味方をするのに、

悪玉菌が優勢になると善玉菌に
加担するという性質があります。

腸内フローラが悪玉菌優勢になると
体に様々な悪影響が出ます。

●動脈硬化が進んで高血圧、糖尿病、高脂血症などの
 原因となる

●肝臓に大きな負担がかかり腎臓や心臓などの内臓に
 悪影響を及ぼす

●新陳代謝が滞り、シミやしわ、くすみ、たるみ、
 カサつきなどの肌トラブルを引き起こす

●セトロニンやドーパミンなどのホルモン分泌が低下し
 意欲が減退、うつ、認知症なる危険があります。

実は最近では腸内の悪玉菌が優勢になり
腸内フローラが衰えている人が増えていているので

善玉菌の最大勢力のビフィズス菌を積極的に摂ることで
腸内環境を改善しないといけないのです。

ビフィズス菌は先程も紹介したように
善玉菌の99%を占めていますが
それは赤ちゃんの時だけで

年をとるごとに数が減少していき
60歳になると約1%にまで減少します。

そのため年をとればとるほど
積極的にビフィズス菌を摂らなければ
なりません。

腸内フローラが善玉菌優勢になれば
免疫力がアップ

 カゼやインフルエンザ、胃腸炎などの
感染症にかかりにくくなる

 大腸菌やO-157などの細菌に対する
抵抗力が高まる

 花粉症やアトピー性皮膚炎といった
アレルギー疾患の症状緩和や予防に役立つ

 便秘改善➡美容にも効果がでる
 ウツの改善

などが期待できます。

ビフィズス菌や乳酸菌を増やすには?

ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌を増やすには
2つの方法があります。

①プロバイオティクス

これは腸内細菌を整えて健康維持に役立つ
生きた微生物のことで

善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌のことを
指しています。

またこれらを含むヨーグルトやサプリメントの
ことを指すことがあります。

②プレバイオティクス

ビフィズス菌や乳酸菌を元気にするのが
プレバイオティクスです。

水溶性食物繊維やオリゴ糖などは
小腸で吸収されず、大腸まで届いて乳酸菌や
ビフィズス菌の増殖に役立ちます。

プロバイオティクスやプレバイオティクスは
どちらも重要で腸内細菌を豊かにするために
役立つものです。

生きた菌であるビフィズス菌や乳酸菌」と
水溶性食物繊維やオリゴ糖」を一緒に摂取すること

つまりプロバイオティクス
プレバイオティクスを同時に進めることを

シンバイオティクスといいます。

どちらか一方でも役に立ちますが
両方摂ることによってさらに効果が増します。

ヨーグルトなどの乳製品や発酵食品、サプリメントなどで
ビフィズス菌や乳酸菌を摂取するとともに

水溶性食物繊維やオリゴ糖も一緒に摂取することで
ビフィズス菌や乳酸菌が活性化し増えやすくなります。

※水溶性食物繊維はのりやワカメなどの海藻類や
イチゴなどの果物に多く含まれています

特にオリゴ糖はビフィズス菌を元気にして
増やす効果あるのでおすすめです。

関連:オリゴ糖の効能効能を種類別に紹介!おすすめのオリゴ糖製品と選び方は?

まとめ

ビフィズス菌と乳酸菌の違いがわかりましたか?

ビフィズス菌は善玉菌のほとんど占めており
歳をとるにつれて年々少なくなってしまうため

毎日意識して積極的に摂らないといけません。

ビフィズス菌入りのヨーグルトなどを食べる
だけでなく

水溶性食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌も
一緒に摂る

シンバイオティクスを目指しましょう。

より腸内フローラが改善して免疫力アップにつながり
健康に、そしてキレイになることができますよ。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ