大豆イソフラボンの美容・健康効果と過剰摂取の危険性は?納豆・豆腐何個まで?

c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s

大豆イソフラボンは女性だけでなく
男性にもうれしい効果や効能がたくさんあるので
積極的に摂取したい成分です。

ただし「大豆イソフラボンは過剰摂取には
気をつけたほうが良い」と言われています。

その理由や日本人が良く食べる納豆
豆腐などの大豆製品には

どのくらいの大豆イソフラボンが含まれているかを
お伝えします。

スポンサードリンク

大豆イソフラボンの特徴と効果効能

 

m003-107

大豆イソフラボンは大豆の胚芽に含まれている成分であり
ポリフェノールの一種で

女子ホルモンに似たエストロゲンの働きをする
栄養素です。

その効果効能
●女性らしさがアップ(バストアップなど)
●更年期障害の予防・改善
●PMSの症状を軽減
●骨粗しょう症の予防
●循環器系疾患の予防
●美肌(ニキビなどを防ぐ)

などが挙げられますがその他にもい

血流を良くするので冷え性にも効果が期待できます。
また、悪玉コレステロールを減らしたり
血圧を下げる効果もあります。

この女性ホルモンの一種であるエストロゲンが
十分に出ている人は

外見も内面も女性らしさにあふれていて
魅力的な女性が多いと言われています。

179977

健康や美容のためには体内のエストロゲンの量が
十分に出ていることが必要なのですが

分泌量は30歳前後でピークを迎えて
段々少しずつ減少していき

40歳を過ぎると大幅に減少します。
そして50歳になるとほぼ分泌はされなくなって

閉経が起き、更年期障害になる方が多いのです。

そのため足りない人にはエストロゲンと
似た働きをする大豆イソフラボンの摂取が
必要と言われています。

そして大豆イソフラボンは女性だけに
おすすめの成分ではありません。

男性にもうれしい効果があります。
それは「薄毛予防」です。

女性ホルモンと似た働きをする
大豆イソフラボンを摂取することで
薄毛の改善が期待できると言われています。

このように女性にも男性にもうれしい効果がある
大豆イソフラボンですが

摂取量にきをつけなくてはなりません。

スポンサードリンク

大豆イソフラボンの過剰摂取の危険性

女性ホルモンにはエストロゲン(細胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンが
あります。

女性ホルモンを増やそうと大豆イソフラボンを
摂り過ぎると

エストロゲンだけが増えていると体が勘違いをして
エストロゲンの分泌を少なく、

プロゲステロンの分泌を多くしていまい
2つのホルモンバランスが崩れてしまいます。

これにより逆にPMSの症状が重くなったり
月経不順を引き起こす可能性、

ニキビなどの肌荒れめまいなどの
症状が出る場合があります。

特に閉経前の女性は気をつけなくては
なりません。

では大豆イソフラボンの摂取量は
どれくらいが適正なのでしょうか?

大豆イソフラボンの摂取量と納豆や豆腐は何個分?

f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_s

食品安全委員会が発表した
「大豆イソフラボンを含む特定保険用食品の安全性評価の
基本的な考え方」では

大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値は1日に75mg、
そのうち、サプリメント等の健康食品からの上限値
30mgに設定しています。

※この上限値を設定した理由は
閉経後女性に1日150mgの錠剤を5年間摂取させた結果
子宮内膜増殖症の発症が有意に高かったという

イタリアの研究報告から150mgを健康影響発現量として
その1/2である75mgを安全な1日摂取目安量の上限値
としました。

妊婦、胎児、乳幼児、小児については
大豆イソフラボンを日常の食生活に上乗せして30mgを
摂取することは十分なデータがないので
安全を考慮して推奨していません。

では主な大豆製品を見てましょう。

大豆イソフラボンの含有量

食べ物(量g)大豆イソフラボン含有量
煮豆(30g)11~13mg(種類による)
納豆(1パック45g)36mg
木綿豆腐(1/2丁150g)42mg
木綿絹ごし(1/2丁150g)38mg
厚揚げ(1/2枚100g)37㎎
豆乳(調整豆乳)(1本200g)
41㎎
きな粉(大さじ2杯12g)6.7
みそ汁(1杯20g)6.0㎎

この表を見ると納豆は1日2パックで摂取量の上限
達してしまいます。

上限値を考慮しても3パックまでですね。

豆腐はみそ汁に関してはそれ程量は多くないですが
湯豆腐、冷ややっこなどは1丁までに
したほうが良いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大豆イソフラボンは健康や美容に欠かせない成分ですが
過剰摂取には気をつけなくてはいけません。
(どんな健康に良いものでも過剰摂取は体に悪い場合が多いですね)

あまり大豆製品を普段食べない人は
多少上限摂取量を超えても問題ないですが

ダイエットに効果があるからといって
納豆などの食べ過ぎは気をつけるようにしましょう。

ただ大豆を全く食べない人も結構いるようなので
その場合はサプリメントで補うようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ