市販のシャンプーには危険成分が!種類と選び方について紹介します!

シャンプー
シャンプー選びのポイントは自分の頭皮にあった
ものを選ぶことですね。

評判の良いシャンプーでも使ってみて頭皮に
不調を感じるなら自分にあっていない証拠です。

またCMなどで宣伝して人気があるシャンプーが
必ずしも安全で髪に優しいシャンプーであるとは
限りません。

まずはシャンプーの種類と特徴をお伝えして
なぜ市販のシャンプーが危険な商品が多いのか

ではどのような商品を選べば良いのか紹介します。

スポンサードリンク

シャンプー剤の種類

洗浄成分の種類によってシャンプー剤は
大きく3つに分けられます。

容器の裏に書いてある成分を見ると
どのタイプかすぐにわかります。

アミノ酸系シャンプー

特徴
洗浄成分にアミノ酸の成分を使用したもの
髪や頭皮にはとてもやさしいシャンプーです。

ただしその分洗浄力はマイルドなので
時間をかけて丁寧に洗う必要があります。

おすすめの人
●頭皮が乾燥気味の人
●頭皮のトラブルがある人
●アレルギー体質の人
●肌が弱い人

主な洗浄成分の名称

●ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa(ナトリウム)
●ココイルグリシンNa
●ココイルグルタミン酸Na
●ココアンホ酢酸Na
など

高級アルコール系シャンプー

特徴
ドラッグストアやスーパーなどで市販されている
多くの商品がこのタイプです。

鉱物脂や動植物脂などから作られた洗浄成分を
使用しています。

良く泡立つので使い心地は良いのですが
ただ洗浄力・脱脂力が強いので
頭皮への刺激も高めです。

頭皮のトラブルを起こしやすいので
成分が残らないようにしっかりとすすぐ
必要があります。

肌が弱い人には不向きのシャンプーです。

主な洗浄成分

●ラウレス硫酸Na
●ラウリル硫酸Na
●ラウレス硫酸アンモニウム
●ポリオキシエチレンラウリルエーテルなど

石けん系シャンプー

特徴
洗浄成分が石けんでできているシャンプーです。
天然の原料で無添加なので安全志向の人に
人気があります。

毛穴の汚れまでしっかりと落とす高い洗浄力を
持つため、皮脂をとりすぎてしまう傾向があり
髪がきしみやすいです。

石けんのカスが残らないようにしっかりとすすぐ必要も
あります。

ロングヘアの人には不向きです。

おすすめの人
●頭皮が脂っぽい人
●頭皮が健康な人

主な洗浄成分

●石けん素地
●脂肪酸ナトリウム
●脂肪酸カリウム など

頭皮が健康な人はどのシャンプーを
使用しても問題ないですが

肌が弱い人などはアミノ酸系のシャンプー
使用するようにしてください。

スポンサードリンク

機能性シャンプーの種類と特徴

以前は単に洗浄するためのものだった
シャンプー剤も

最近では機能性ををプラスしたものや成分に
こだわったものなどが増えています。

ノンシリコンシャンプー

名前の通りシリコンが入っていない
シャンプーです。

最近では多くの商品に「ノンシリコン」と
記載されていますが

実はシリコンは悪いものではありません。

シリコンとははっ水性に優れていて
髪の毛や肌をコーティングして
ツヤや手触りをよくします。

シャンプーやトリートメント剤のほか
ファンデーションや日焼け止めなどにも
使用されています。

ただ洗浄力が強すぎるため
皮脂をねこそぎ取り除く可能性があり

肌の弱い人などは頭皮の炎症を引き起こし
それが原因で脱毛になる可能性があります。

また毛穴を詰まらせると言われていますが
そのような科学的根拠はありません。

肌や髪に良い効果もあるのに
シリコンは悪い!」というイメージを印象づけて

ノンシリコンだから安全ですよ!」と
宣伝をしても、

シリコンの代わりに使用するツヤを出す成分の方が
頭皮に悪影響を与える場合もあるので

必ずしもノンシリコンだから良いシャンプーという
わけではありません。

オイルシャンプー

オイル成分を配合した保湿力のあるシャンプーです。
ほとんどの製品が天然由来の植物オイルを
使用しています。

「ノンシリコンとオイル」という製品も多いです。

エイジングケアシャンプー

加齢にともなう髪の悩みを軽減する
ためのシャンプーです。

髪にハリやコシを与えてボリュームアップを
はかるものや頭皮環境を整えるものなどが
あります。

次々に新商品が登場しているシャンプーです。

スカルプケアシャンプー

毛穴の詰まりを取り除くための成分を配合したり
フケやかゆみを軽減するなど、

頭皮環境を整える効果があるシャンプーです。

このように最近はシャンプーも多様化していて
自分肌に合ったものを選びやすくなっているのですが

実はスーパーやドラッグストアで販売されている
シャンプーにはあまりおすすめできない物が
多いのです。

市販のシャンプーの多くががおすすめできない理由

なぜCMなどで有名なシャンプーがおすすめできないのか
というとシャンプーに含まれている成分に関係があります。

容器の裏を見ると色々な成分が上から含有量が多い順番に
書かれていますがかなり多くの成分が書いてあるので
よくわからないという人が多いと思います。

シャンプーの成分の半分以上は水で

次にラウリル硫酸Na(ナトリウム)やラウレス硫酸Na、
パレス硫酸等といった「~硫酸」と

家にあるシャンプーに表示されていませんか?

これらは硫酸系の界面活性剤で泡立ちもよくて
髪を洗った後に「とても気持ちい!」と満足感を
与える一方で

強力な洗浄力・脱脂力があるので頭皮に必要な
水分や油分まで奪ってしまいます。

肌の弱い人は肌荒れを引き起こす可能性があり
フケやかゆみ、最悪髪の毛が薄くなる場合もあります。

これらの硫酸は台所洗剤などに入っている成分です。
それと同じ成分が髪を洗う物にも入っているのです。

先程高級アルコール系シャンプーを紹介しましたが
それらの主な洗浄成分は全て硫酸系なので

ハッキリ言っておすすめできません。

ラウリル硫酸Naは本当に危険な成分で
最近は使用しているメーカーも減っていますが

いまだに大手メーカーでこの成分を使用している
ところがあるのです。

ラウレス硫酸Naラウリル硫酸Naに比べれば
まだましという程度でこれもおすすめはできません。

この他にも

肌が強くて使ってもなんともないという人ならば
安い以外に良いことがない硫酸系のシャンプーを
使用しても良いです。

ただ最近の人は毎日はもちろん、朝シャンする人も
多いので1年で700回以上肌に良くない成分を

何年も長期間使用していても本当に大丈夫なのだろうか?と
心配してしまいます。

ここで疑問が湧いてきませんか?

①なぜこんなに肌に悪い成分を使用するのか?

ラウリル硫酸Naなどの成分はとても安く手に入ります。
そして大量生産するのでさらに原価を安くすることができて
販売価格で売るだけでかなりの利益が出ます。

そしてその利益からテレビCMで髪のキレイな
女優さんを出演させて良いイメージを持ってもらうことで
販売につながるのです。

消費者はCMでやっているし価格は安いのに
髪がキレイになると思って買ってしまいますよね。

それでまたメーカーが低価格で質の悪い物を
販売してしまうのです。

②テレビなぜ市販のシャンプーが危険と言わないのか?

テレビの情報番組や健康番組でなぜ市販のシャンプーの
成分が肌に良くないという特集を組まないのでしょうか?

それはやはりスポンサーの力です。
NHKはともかく民法のテレビ局はスポンサーがあって
成り立つものなので

会社を支援してくれるスポンサーの大手のメーカーの
シャンプーが実は髪や頭皮に良くないとは言えません。

せめてNHKなら商品名は出さずに硫酸系の
シャンプーは良くないという番組ができそうなのですが

それすらやらないとなるとやはり大手メーカーの力は
スゴイと思わざるを得ませんね。

まとめ

シャンプーの種類を紹介しましたが
その中で高級アルコール系シャンプーは

「安いのが欲しい!」という方以外は
あまりおすすめできません。

石けん系のシャンプーも洗浄力が強いものが
多いので、確かに硫酸系の成分が

入っていないのですがこちらも
おすすめできる商品が少ないです。

やはり市販のシャンプーを購入するならば
アミノ酸系の無添加シャンプーがおすすめです。

安全でおすすめの市販のアミノ酸シャンプーは
市販のシャンプーのおすすめ!低刺激の安全・安心な商品はこれ!
を読んでください。

高品質の通販のアミノ酸シャンプーは
アミノ酸シャンプー通販おすすめ!人気がある万人向けの商品は?
を参照してください。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ