小麦粉は脳や体に悪く危険と言われる理由!グルテンフリーの食生活で健康になる?

c19601cb83ebe98386ea07498d5ce21e_s

ここ最近「グルテンフリー」という言葉をテレビや雑誌などでも聞くようになりましたね。

小麦粉などの穀物に含まれるグルテンを摂るとどのような悪影響や危険性があるのか。

そして本当にグルテンフリーの食べ物のほうが体に良いのかをお伝えします。

スポンサードリンク

グルテンフリーとは?

グルテンフリーと言えば「グルテンフリーダイエット」を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。

ハリウッドセレブがグルテンフリーダイエットを実践して美しくやせたとして話題の健康法として注目を集めています。

その他いもテニスの元世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手もグルテンフリーの食事法を実践して飛躍的に成績が上がったとして書籍を出版して話題になりました。

その「グルテンフリー」ですが簡単にいうと食生活でグルテンを摂らないことを指します。

では「グルテン」とは何でしょうか?

グルテンとは小麦などの穀物に多く含まれるタンパク質の一種で

パンやケーキ、パスタなどをふわふわふくらませたり、もちもちとした感触を出すのに関係している成分です。

小麦粉にはグリアジングルテニンという2種類のタンパク質が含まれていて、水を加えてこねると2つのタンパク質が絡み合い粘りや弾力性のあるグルテンになります。

つまりグルテンはもともと小麦に含まれている成分ではなく人工的に作られたタンパク質なのです。



グルテンを含んでいる食べ物

グルテンを含む食材にはパンやパスタ、うどんラーメン、そば(十割そばを除く)などの麺類、ケーキやクッキー、ドーナツ、などの菓子類、お好み焼きやたこ焼き、中華まん、餃子など小麦粉を使用していると思い浮かべやすい食べ物から、

フライや天ぷらの衣やシチュー及びカレーのルー、しょう油やソース、ドレッシング、ビール、一部の食品添加物など一見グルテンは入っていないと思える物にも入っている可能性があります。

※必ず入っているというわけではありません

このように毎日の食生活において常にグルテンが存在していると言ってよいでしょう。

そしてこの人工的に作られたグルテンというタンパク質はもともと地球上には無かったものでそれを現在多くの人が大量に摂取している状況にあります。

そして最近の研究でこのグルテンが脳や体にさまざまな悪影響を及ぼすという結果が出ています。

スポンサードリンク

小麦粉が脳と体に悪いと言われる理由

小麦粉が脳や体に悪いと言われるのはまずはグルテンが挙げられるのですがグルテンの何が問題なのでしょうか?

①セリアック病を引き起こす

昔からグルテンが引き金になっている病気にセリアック病があります。

セリアック病はグルテンにより小腸がダメージを受けて栄養が吸収できなくなる病気です。

症状は腹痛や下痢、便秘、体重の減少などがあるものの、50%の人は明らかな症状がなく、また、過敏性腸症候群などの他の疾患と診断されることも多いのでセリアック病と気づかない場合も多いです。

ただし一度セリアック病を診断されると一生涯にわたりグルテンフリーを続けないと必要な栄養が吸収できなくなってしまう怖い病気で、セリアック病罹患率はアメリカ・イギリスでは約1%、日本でも0.7%と言われています。

これは20世紀中頃と比べると4倍~5倍の人がセリアック病だと診断されているようです。

②グルテン過敏症(不耐症)を引き起こす

セアリック病に見られる特殊抗体がないもののグルテンに反応をしてしまう人が近年急増しています。

それがグルテン過敏症です。

これはグルテンにより何らかの不調が出るアレルギー体質であり

グルテンをとることで腸の免疫システムがグルテンを異物と判断して過剰に反応することで炎症を起こしてしまいます。

ただグルテン過敏症に関しては自覚症状がないケースも多く

慢性的な疲労感下痢、便秘
集中力の低下、肌荒れ、
PMS(月経前症候群)、生理不順、
不妊、アトピー、ぜんそく、鼻炎など

さまざまな症状があるため原因がグルテンにあるとは思いもしないのです。

③リーキーガット症候群をひきを起こす

リーキーガット症候群とはグルテンなどが原因で小腸の粘膜に穴が空いて菌・ウィルス・たんぱく質などの異物が血液中にあふれ出て次のような症状が出やすくなります。

●食物アレルギー
●統合失調症
●IBS(過敏性腸症候群)
●体臭がきつくなる
●アトピー性皮膚炎
●花粉症
●喘息・偏頭痛
●下痢・便秘・関節炎
●更年期障害・子宮筋腫
●カンジダ膣炎など

※リーキーガット症候群の原因はグルテン以外に糖質やアルコールの摂り過ぎなどが挙げられます。

アトピーや花粉症などのアレルギーは近年パンやパスタ、ラーメンなどをたくさん食べる習慣になってから増えてきています。

それを考えると私の花粉症の原因もやはりグルテンの摂り過ぎかもしれません。

④脳への悪影響

グルテンは麻薬のような中毒性があります。

「ダイエットをしたくてもパンやパスタがどうしてもやめられない」というのは意志が弱いからではありません。

人間の体はアミノ酸の配列で物質を認識していますが、小麦のアミノ酸の配列はモルヒネに似ているため中毒症状を引き起こしやすいと言われています。

つまりハイになったり、イライラしたり幻覚や妄想まで起こします。

さらに心の安定に欠かせないセロトニンGABAが出づらくなったり、

神経を興奮させるノンアドレナリンを過剰に分泌させてしまいます。

すると
「記憶があいまいなる」
「情緒が不安定になる」
「うつになる」
「興奮しやすくなる」

といった症状を引き起こしてしまいます。



⑤老化や病気の原因の活性酸素を増やす

老化や病気の原因のひとつに活性酸素が挙げられます。

活性酸素自体は悪いものではありませんがある一定以上に増えてしまうとしみ、シワが増えるなどの老化が加速したり、病気にかかりやすくなったりするので注意が必要です。

活性酸素が発生するのはストレス喫煙アルコールの飲み過ぎ、激しい運動紫外線などの他に、グルテンの摂取も関係があると言われています。

グルテンは持続的に腸の粘膜で炎症を起こし活性酸素を体内に送り続けるので、そのため老化がすすみやすくなったり疲れやすくなったりします。

⑥肥満の原因となる

グルテンフリーダイエットが注目されていますが、これはパンやパスタなどを食べないでカロリーを減らすのが目的のダイエットではありません。

グルテンをとらないだけでカロリーを気にせず食べてもやせるダイエット法です。

ではなぜグルテンフリーにするとダイエットにつながるのでしょうか?

先程グルテンをとるとリーキーガット症候群になりやすくなると説明しましたが、これは腸の炎症だけでなく肝臓の炎症ももたらします。

肝臓の炎症は血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効き具合(インスリン抵抗性)が下がって血糖値が上がりやすくなってしまいます。

するとインスリンが大量に分泌されるようになって中性脂肪をどんどんため込んで細胞が肥大化していきます。

それだけでなく先程説明したようにグルテンには麻薬の作用があるので食べれば食べるほどもっと欲しくなってしまう恐れがあります。

このようにグルテンフリーをすることで血糖値が上がりにくくなり、食欲もコントロールできるので自然にやせやすい体質になります。

以上のような危険性がグルテンを過剰摂取することによって引き起こされる可能性がありますが問題はグルテンだけではありません。

近年小麦はアメリカから最も多く輸入していますが昔の小麦と違い現在の小麦は収穫量を増やすため、病気や日照り、高温などに耐えるように品種改良により作られた小麦が多く、人工的な硝酸塩肥料有害生物防除なしでは育だちません。

※品種改良によりグルテンの量が昔の小麦よりも増えています

そして日本向けの小麦にはカビが生えないように防腐剤が大量にかけられている場合が多くもはやグルテンだけが問題とは言えないのです。


まとめ

小麦粉を含む食べ物は過剰摂取してしまう傾向にあるので肥満はもちろん、セリアック病やグルテン過敏症、
リーキーガット症候群の方はグルテンフリーの食生活にする必要があります。

また、自覚症状がない場合も多いので体調が悪かったり疲労が抜けないなどが続いた場合はグルテンの過剰摂取が原因かもしれません。

ただこれらの病気にかかっていない健康な人がグルテンフリーの食生活を送ることによりさらに健康になるのかというと検証を証明する研究発表は全くないのです。

グルテンフリーを心掛けて健康になる人もいれば、もともと小麦粉製品をあまり食べない人はそれほど変わらない場合もあります。

そのため「小麦粉(グルテン)=危険」というのは必ずしも全ての人に当てはまるわけではありませんし

小麦アレルギーの人もグルテン以外の原因でかかってしまう場合もあります。

ただ現在の輸入されている小麦粉の安全性の問題中毒性という理由で食べ過ぎには注意してください。

またグルテンフリーの食品はなんでも健康に良いのではなく糖質が多い食べ物もあれば、食品添加物が大量に
使用されていたり、栄養が偏る場合もあるので、

「グルテンフリー」=「安全」というのは必ずしも当てはまりません。

バランスよい食事を心掛けてくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ