プロセスチーズの添加物は危険?ナチュラルチーズとの違いについて紹介します。

25059b704f5e59af3033d51f2b8f938a_s

先日Yahoo!のトップページにも載っていましたが
チーズに含まれる添加物が危険ということで

「えーっ?チーズって健康に悪かったの?」と
思った人が多いのではないでしょうか?

特にこの記事ではプロセスチーズが危険と
訴えていましたが実際はどうなのか

またプロセスチーズとナチュラルチーズには
どのような違いがあるのかについて
紹介します。

スポンサードリンク

ナチュラルチーズとプロセスチーズとの違いは?

ナチュラルチーズとプロセスチーズの見分け方が
わからない方もいるかもしれませんが、

スーパーなどに行った時に商品の裏をみると名称の部分に
「ナチュラルチーズ」「プロセスチーズ」と
書いてあるので簡単にわかります。

ナチュラルチーズの特徴や種類について

304-featured-140x140

牛乳やヤギの乳を乳酸菌やレンネットと言う凝固剤を加えて発酵・熟成させて
作ります。

乳酸菌が生きたままで時間が経つにつれて発酵・熟成します。

また、ナチュラルチーズは熟成期間や製法によって種類がわかれます。
(熟成期間が長いほど水分が抜けるので固いチーズになります)

フレッシュタイプ:モッツアレラやマスカルポーネチーズなど
セミハードタイプ:ゴーダチーズなど
ハードタイプ:パルミジャーノ・レッジャーノなど

これらの名前を聞いたことがある人も多いと思います。

その他にもチーズを洗って菌の量を調整しながら
熟成されるウオッシュタイプもあります。

このようにナチュラルチーズは乳酸菌がずっと
生きたままで熟成をするため食べる時期によって
味が変わり

別名「生きているチーズ」と言われます。

乳酸菌はヨーグルトなどにも含まれていて
腸内環境を改善してくれるので健康に良く、

ナチュラルチーズの原材料は基本、
生乳食塩だけで食品添加物も使用していないため
安全です。

ただ生きているだけあってカビが生えやすいので
日本では捨てる人も多いようですが

ヨーロッパではカビの部分を削って食べるのが
一般的です。

プロセスチーズの特徴

プロセスチーズはナチュラルチーズを1種類または
数種類を高温で加熱殺菌して溶かし、再び型に入れて
固めて作ります。

加熱により乳酸菌は死滅して熟成しなくなりますがその分

味が変わらずいつ食べても美味しく食べられる
ナチュラルチーズよりも長期間保存ができる
といったメリットもあります。

日本で作られているプロセスチーズの原料は
ゴーダチーズやチェダーチーズですが

どちらも比較的クセがなく食べやすいチーズで
スライスチーズ6Pチーズなどに加工されることが
多いです。

給食などでよく出ますね。

ではプロセスチーズの何が問題なのかというと
加工する際に使用する添加物です。

スポンサードリンク

プロセスチーズの添加物「乳化剤」は危険?

プロセスチーズを製造する際に原材料の
ナチュラルチーズを単純に熱を加えて溶かしただけでは

それぞれのチーズの成分が分離してしまって
うまく混ぜ合わせることができません。

そこで混ざりやすくするために「乳化剤」を使用して
チーズを均一化しています。

ただ乳化剤は添加物の一括名(用途をあらわす総称)
なので実際にどの添加物を使用しているのか
わかりません。

ただ雪印メグミルクのホームページで掲載しているように
プロセスチーズの乳化剤には通常鉱物由来のリン酸塩
使われています。

このリン酸塩が体に悪影響を及ぼすと言われていて

動物実験では腎臓に障害が見られたり、
尿細管に炎症が見られたりしています。

またリン酸をたくさんをとると
カルシウムの吸収が悪くなり骨がもろくなる
心配もあると言われています。

リン酸塩は他ではハムやウインナーを製造する際に
肉のくっつきを高めるための結着剤とて
よく使われます。

ではこのような理由でリン酸塩を含んでいる
プロセスチーズは危険だから食べない方が良いと
言えるのでしょうか?

確かに添加物は一切取らないと言う人にとっては
危険な食べ物かもしれませんが

そもそもプロセスチーズに含まれているリン酸塩は
ごく少量ですし、それだとリン酸塩を使用している

ハムやウインナーも食べてはいけないとなります。

またカルシウムの吸収が悪くなるというのであれば
カルシウムを含んでいるプロセスチーズよりも

ほとんどカルシウムが入っていないハムなどのほうが
食べてはいけないことになります。

そもそもプロセスチーズに含まれる乳化剤が
危険なため食べてはいけないというのであれば

危険な食品添加物を多く使用している食べ物
トランス脂肪酸が多く含まれている食べ物
●1日の塩分の摂取許容量をはるかに超える食べ物

などプロセスチーズよりも多くの危険な加工食品が
出回っています。

また乳化剤が危険というのであれば多くの食品に
乳化剤が使用されているのでそれらも

危険なのでそれも食べてはいけないとなると
多くの食べ物が食べられなくなってしまいます。

まずそれらの危険性を訴えるのが先なのでは
ないでしょうか?

まとめ

プロセスチーズに含まる乳化剤の多くは
リン酸塩を使用しており、

リン酸塩の過剰摂取は体には良くありません。

またリン酸以外の体に良くないと
言われている添加物も使用しているチーズも
あります。

ただプロセスチーズのリン酸塩や添加物は少量ですし
原料のナチュラルチーズは健康に良いので

これで「危険だから食べない方が良い」と
主張してしまうと

プロセスチーズよりも危険だと思われる
加工食品が多いのでほとんど食べられなく
なってしまいます。

プロセスチーズは大量に食ベる人や
中毒性もないので

Yahoo!ニュースでなぜ急に取り上げられるの
だろうと不思議に思ってしまいました。

ただチーズを食べるのであれば
やはりナチュラルチーズがおすすめです。

腸内環境を改善してくれる乳酸菌が
生きていますし、添加物も使用しません。

そして何よりプロセスチーズよりも
おいしいです。

価格はプロセスチーズよりも高いですが
ぜひナチュラルチーズを食べる機会を
増やしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ