コーヒーフレッシュの成分の危険性!レシピは牛乳ではなく油と添加物

2996162_LL1

コーヒーショップやファーストフードで
渡されるミルクのことを

コーヒーフレッシュ」と言いますが
実はお店ではミルクと言われていながら

牛乳生クリームが全く(一滴も)入っていない
どころかでできているのをご存知でしょうか?

スポンサードリンク

コーヒーフレッシュの成分と作り方

コーヒーショップなどにあるコーヒーフレッシュ
容器には原材料表示がありません。

それは容器が小さい場合(30㎠以下)であれば
表示しなくて良いと食品衛生法で決められているからです。

では原材料を確かめようがないのかというと
スーパーなどで袋詰めで販売している

コーヒーフレッシュの袋の裏には
きちんと表示されています。

その成分は主に
植物油脂・乳化剤・増粘多糖類・
PH調整剤・着色料・カラメル色素・香料」と
なっていて

一切牛乳は生クリームは使用していません。

ではどうやって作られるのかというと

まず植物油を混ぜます。
ただ「水と油」というようにこれらは
混ざらないので

そこで乳化剤を使用します。

乳化剤とは界面活性剤のことで
これを入れることで

あっという間に水と油が混ざって
ミルクらしく白くなります。

ただこれだけだと「白い水」でとろみがないので
増粘多糖類でミルクのようにとろりとさせます。

仕上げにカラメル色素を混ぜて、
ごく薄茶色に着色することでいかにも
クリームのような色合いになります。

これでほぼ完成ですが日持ちさせるために
保存性を高める添加物「PH調整剤」を
使用します。

そして最後にクリームの香りのような香料
入れてできあがりです。

このように牛乳を使用しなくても
牛乳もどきのコーヒーフレッシュは
簡単にできるのです。

コーヒーフレッシュの危険性

コーヒーフレッシュの原材料表示を見ただけで
あまり健康に良くないと思う人も
多いかもしれません。

コーヒーフレッシュで一番く含まれている成分は
植物油脂ですがこれはサラダ油のことです。

つまり牛乳ではなく油を飲んでいるのと一緒です。

牛乳であれば冷蔵しなければなりませんが
油なので常温で保存できるのです。

昔ですとサラダ油は「カロリーが高い」、
コレステロール値が高くなる」など
言われていましたが

最近ではトランス脂肪酸の危険も指摘されています。

この体に良くない油に加えて乳化剤増粘多糖類
PH調整剤といった添加物が使用されています。

スポンサードリンク

この乳化剤・増粘多糖類・PH調整剤・香料は
添加物の名前ではなく、「一括表示」です。

一括表示とはいくつかの添加物を一括して
表示することです。

本来であれば乳化剤や増粘多糖類は一種類だけでなく
4,5種類は使用している場合が多いですが

「同じ目的であれば一括で表示して良い」
これも食品衛生法で定められています。

これはメーカーにとってもありがたいですね。

本来であれば植物油脂のあとに十数種類の
食品添加物を表示しなくてはならず

これだと購入するほうも「なんか健康に悪そう」と
思うかもしれませんが

一括表示のおかけでそれほど悪いイメージを持たれません。

ただ乳化剤増粘多糖類の中には発がん性が疑われる
添加物もありますし

PH調整剤にはカルシウムの吸収を悪くする
リン酸を含むものがあります。

カラメル色素は本当はⅠ~Ⅳと4種類あり
ⅠとⅡはそれほど危険ではありませんが

ⅢとⅣは発がん性が認められていて
危険性が高いです。

ただどの種類を使用してもカラメル色素という
表示だけで良いので実際どれが含まれているのか
わかりません。

もちろん危険な成分を使用しているのかを
原料表示ではわからないですし

コーヒーフレッシュの容器は小さく
万が一危険な添加物を使用していても少量なので
危険だから飲むなとは言いません。

ただ健康に悪いサラダ油に危険な成分が
含まれている可能性もある数十種類の
食品添加物でできた物を

あまり飲みたいとは思わないのでは
ないでしょうか?

なぜこんなものをお店で提供しているのかと
いうと

ミルクを使用するよりも安く手に入り
常温で保存が可能で長持するからです。

高級なコーヒーショップでは
本当のミルクを提供しているところも
ありますが、

それ以外のミルクもどきの使用は
あまりおすすめできません。

まとめ

コーヒーにミルクをいれるとまろやかに
なっておいしくなると思っていたのに

実は油と食品添加物の固まりだと知って
驚いた人もいるかもしれません。

また、今日からコーヒーフレッシュを
使用するのをやめようと思った人も
多いのではないでしょうか?

ただコーヒーフレッシュと同じように
白い食べ物で実はほとんどミルクを
使用していない食べ物があるを
ご存知でしょうか?

それは「ラクトアイス」です。
ラクトアイスはアイスクリームの一種と
思うかもしれませんが

これも油と乳化剤を使用して白くさせています。

ラクトアイスはとても安くおいしいので
子どもに食べさせてしまいがちですが

これも油と添加物の塊ですので
できればアイスクリームを食べさせるように
してください。

このように知らないうちに油や食品添加物を
たくさん摂っている可能性があります。

全く食べるなとは言いませんが
食べ過ぎには注意してください。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ