統合失調症の薬の効果と副作用!薬以外の治療法は?

b91f66da11c8fed1b953598a68bd3b22_s

 

現在統合失調症の治療で使用する薬は
どのようなものがあるのか?

またその薬はどれくらい効果があるのか
そして副作用についてもお伝えします。

※この記事は実際に統合失調症を経験している方に
書いていただきました。

スポンサードリンク

統合失調症にはどんな薬を使用する?

現在統合失調症に用いられているお薬は
ほとんどが脳内のドーパミンを適切に保つものです。

 

これはドーパミンが過剰に分泌することによって
妄想幻覚が生じるという説によるものです。

私の経験では軽減はしますが完全に消える訳ではない
ということです。

そういった意味では薬にあまり過剰な期待はしないほうが
良いかもしれません。

また、薬は妄想のような症状には効くのですが、
コミュニケーション能力意欲の低下
などの症状にはあまり効かないというのが実感です。

それではなぜ私が薬物療法を続けているかというと
多少でも症状が減ればかなり生活しやすくなるのと
症状が長期間続くと脳がダメージを受けるからです。

ある調査では統合失調症が発症したのち、
処置を行わないと脳が10%委縮したそうです。

私が現在服用している薬はドーパミンの調整のみですが、
セロトニンやアドレナリンの調整を同時に行う薬もあります。

ドーパミンは妄想や幻覚を引き起こすのでそれをコントロールし、
アドレナリンは興奮や攻撃的な感情のコントロール、
セロトニンは抑うつ作用があります。

スポンサードリンク

統合失調症の薬の副作用は?

統合失調症に用いられているお薬の有名な副作用として
太りやすくなるというのがあります。

これはプロラクチンという女性ホルモンが過剰に
分泌されることが原因です。

また生理不順が起きたり、性欲の低下、重いものになると
骨粗鬆症の原因になることもあります。

他の薬

近年では研究が進み統合失調症の原因は
グルタミン酸の不足ではないかという仮説が提唱
されています。

現在はあくまでも仮説の域を出ないのですが、
将来グルタミン酸を補うような薬が開発されるかもしれません。

薬以外の治療法は?

薬物療法以外だとカウンセリングデイケア
作業療法などがあげられます。

薬は副作用があるため嫌がる患者さんも多く、
専門家のなかにも否定的な方が多くいらっしゃいます。

私の経験では薬だけも不充分であり、カウンセリングや
デイケアだけも不充分だと思っています。

それぞれにメリット、デメリットがあるため両立させながら
有効活用したいですね。

避けたほうが良いお医者さん

先ほどカウンセリングなどの治療法もあるといいましたが
お医者さんのなかにはそういったセカンドオピニオン的な
治療に否定的だったり、

悩みを相談しても黙って薬の量を増やすだけの
お医者さんがいますが、

そのようなお医者さんは個人的にはお薦めできないです。
セカンドオピニオンは私達の権利であり、
たとえお医者さんであってもそれを拒否することは
できないのです。

結局薬で統合失調症は治るの?

いきなり変な事を言うようですが、病気が治るって
なんだと思いますか?

例えば社会のなかで適応できない適応障害という
病気があります。

しかし逆に考えれば適応障害のかたが健常者で
その他大勢が病気とすることも可能です。

屁理屈と言われればそれまでですが
多数が健常者でそこから外れたら精神疾患という考えは
多数派の論理にすぎません。

もちろんドーパミンなどの脳内分泌物に
異常が見られるのは事実ですが

ただそれだけでは説明ができないことも明らかです。

これは個人的な意見ですが統合失調症が全ての悩みや辛さ、
症状が消え去るという意味での完治はおそらく薬物療法を含めて
どんな治療法でも不可能でしょう。
生きていくのであれば人間関係は避けて通れません。
そして社会の中から少しでも外れたら精神疾患とされる
可能性がある社会で精神疾患が完治することはないでしょう。

症状が消え去る事はないでしょうが、薬物療法によって
軽減させることは可能です。

私も薬を服用することで大部楽になったのは事実です。
私は現在在宅で働いていますが、

患者さんのなかには治療を受けながら通勤されているかたも
多数いらっしゃいます。

まとめ

●薬は幻覚や妄想などの症状には有効だが
適応障害などには効きにくく
太りやすいなどの副作用がある

●薬だけでなくカウンセリングやデイケアなども
とり入れるのがおすすめ

●患者さんの意見を尊重しないお医者さんは
お薦めできない

●症状が完全に消え去るという意味での完治はない

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ