更年期障害の症状改善に効果がある食べ物や栄養成分を紹介します!

更年期①

更年期障害の症状は薬で治す方法もありますが、
食事で緩和させることも大事ですね!

実は辛い症状に効く食べ物は身近に沢山あるのです。
では早速紹介しましょう。

スポンサードリンク

大豆製品に注目!

大豆に含まれる大豆イソフラボンという成分は、
女性ホルモンエストロゲンに似た働きをします。

更年期にはこのホルモンが激減することで
不快な症状が生じます。

そこで納豆、豆腐、きな粉などを食べて
大豆イソフラボンを補うことが症状の緩和に
つながるのです!

私の場合は納豆汁、豆腐の中華スープなどをお汁物にして
食べています。

また、豆腐ハンバーグを作って子どもと食べたりしています。

ただ大豆イソフラボンは健康には良いものの
過剰摂取には注意した方が良いので

納豆は2パックまで、豆腐は1パックまでに
して、適量を毎日食べるようにしましょう。

詳しくは
大豆イソフラボンの美容・健康効果と過剰摂取の危険性は?納豆・豆腐何個まで?
をご覧ください。

野菜にもエストロゲンと似た働きをする成分が!

更年期②

さまざまな野菜には植物リグナンと呼ばれる成分が含まれています。
実は、この成分もエストロゲンに似た働きをするのです!

植物リグナンを含む代表的な野菜は…
ブロッコリーかぶキャベツ人参トマトさつまいもetc.…です。

中でも、かぶさつまいも人参などの根野菜は、体を温めてくれます。
私は特に冬場、これらを柔らかく煮て、温かいうちに食べます。

すると手足の冷えも緩和され楽になるので
積極的に摂るようにしましょう。

スポンサードリンク

時には発芽玄米を主食に

更年期③

発芽玄米に多く含まれるGABAギャバ)という成分は
脳の血流を良くして自律神経のバランスを回復させてくれます。
特に、不眠、イライラ、抑うつ感などの緩和に有効です。

もしこれらの症状に悩んでいたら、試してみてください。
私も気分が落ち込みやすいため、数日おきに食べてます!

もちもちした食感なのでお赤飯の感覚で、ごま塩をかけて
食べるのが好きです。

※GABAとはアミノ酸の一種で、
ラックス効果があるとして注目されている成分です。
正式名称はγ(ガンマ)-アミノ酪酸です。

GABAは野菜ではトマト、ジャガイモ、ナス
果物ではみかんやぶどうなどに多く含まれます

背の青い魚がおススメ

さば、あじ等の背の青い魚に含まれる
DHA、EPAの2つの成分は血液サラサラ効果だけでなく、
耳鳴り冷えホットフラッシュなどの予防効果もあるのです!

魚を食べるなら、背の青いものを…

ただ、これらの魚は生臭いので食べづらいですよね…
生臭みを消す調理法として、

さばの香草焼き:さばにオリーブオイル、バジル、パセリの
みじん切りをのせてオーブンで焼く

あじの南蛮漬け:あじに片栗粉をまぶして油で揚げ、 たまねぎの
スライスをのせて最後に南蛮酢をかける

などはいかがでしょうか?

お肉は豚肉がおすすめ!

更年期④

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。
ビタミンB1は、血管を拡張させ、新陳代謝を高めます。
不安、手足のしびれなどの緩和に有効です。

更年期は豚肉が強い味方なのです!

実はビタミンB1は、玉ねぎニンニク等に含まれる
アリシンという成分と組み合わせると吸収が良くなるのです。
これらと豚肉を一緒に食べるのがベターです。

忙しいときはフライパンで豚肉と玉ねぎをソテーするという
簡単メニューでもOKです!

おやつはきな粉ヨーグルトを

きな粉には大豆イソフラボンが含まれていましたよね!

そしてヨーグルトにはカルシウムが含まれています。
カルシウムイライラを鎮めてくれます。
しかも消化・吸収も良いのです。

是非きな粉ヨーグルトを試してみてください!

気負わずに…

有効な食べ物を見てきましたが…
きっちり食べるぞと構えると、却ってストレスになるかも…
クッキングや食事を楽しみながら、栄養を摂取するのがいいでしょう!

まとめ

更年期障害の症状を和らげる食べ物

食べ物有効な成分・栄養素どんな症状に効くか
大豆製品大豆イソフラボン症状全般
根野菜など植物リグナン症状全般
発芽玄米GABA(ギャバ)


不眠、イライラ、
抑うつ感
青魚DHA・EPA耳鳴り、冷え、
ホットフラッシュ
豚肉 ビタミンB1    不安、手足のしびれ
きな粉ヨーグルト大豆イソフラボン+カルシウムイライラなど症状全般

…とこんな風になります。

すぐに効果が感じられないかも知れませんが、
毎日美味しく食べることで、

確実に内側からゆっくり、じんわり作用していきます。
やがてきっと効果が現れ始めるので

是非試してくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ