レモンの効果効能がすごい!栄養成分が美容やダイエット、健康に良い理由

432b81cba2702b9d9199ed9b279f5806_s

レモンと言えばビタミンCがたくさん
含まれているイメージですが

それだけではなく多くの栄養素が含まれていて
美容やダイエット、健康にとても効果があると
言われています。

実際にどのような効果があるのか
そしておすすめの食べ方について紹介します。

スポンサードリンク

レモンの注目される栄養成分

レモンといえば「ビタミンC」や
食べた時に「酸っぱい!」と感じる
クエン酸」が有名ですが

それ以外にも注目すべき栄養成分が含まれています。

●「エリオシトリン」「ヘスペリジン

これらはポリフェノールの一種であり
ビタミンCと同じ抗酸化作用があります。

●「リモネン

皮の部分に多く含まれる香りの成分
香料や天然物由来の溶剤として
利用されています。

その他にも水溶性不溶性の2種類の食物繊維
バランスよく含まれています。

ただしレモンの食物繊維は果肉ではなく
皮にほとんど含まれているので

皮を使用していないレモン果汁にはほとんど
含まれていません。

皮にはビタミンCも多く含まれているので
おすすめの食べ方は今話題の「レモン酢」です。

作り方の詳細は下記を参考にしてくださいね。

レモン酢のおいしい作り方と飲み方、アレンジレシピも紹介します!

 

スポンサードリンク

レモンの効果効能

それではこれらの栄養成分がどのような効果や効能を
もたらすのかを紹介します。

ビタミンCの効果効能

レモンにはビタミンCが多いイメージですが
実際にレモン100gあたり50mg含まれています。

レモンよりビタミンCが多い果物にはアセロラ
ありますが、お店では販売していませんし
ジュースなどの加工品だけなので

手軽にビタミンCを摂るはレモンが一番です。

ビタミンCの効果といえば美肌効果が有名ですが、
これはたんぱく質からコラーゲンの合成を促進する
働きがあるためです。

コラーゲンは細胞間の結合組織として血管や皮膚、
骨、筋肉などを丈夫にします。

コラーゲンの合成が活性化されることで
細胞と細胞がしっかりとくっついて

肌のハリ・ツヤが保たれます。

その他にもシミのもとであるメラニン色素
合成も抑えてくれるのです。

そしてビタミンCが美肌に良い理由はこれだけではありません。

ビタミンCには抗酸化作用があります。

人の身体の中にある活性酸素が一定以上に増えると
シミしわなどの老化を促進したり、

生活習慣病など、さまざまな病気にかかりやすく
なるため

活性酸素が増えすぎないように気をつけなくては
いけません。

ただし不規則な生活ストレス、紫外線など
私たちの生活は活性酸素が体内に増えやすい
環境の中で常に生活しているので

なかなか生活習慣を変えて活性酸素を
増やさないようにするのは難しいです。

そこでおすすめなのが活性酸素の増加を
抑える抗酸化成分がたくさん含まれている
食べ物を摂るようにすることです。

そこでおすすめなのがビタミンCを多く含んでいる
レモンを食べることです。

ビタミンCの抗酸化作用がシミやしわを予防したり
改善したり、病気にかかりにくい体にしてくれます。

そしてビタミンCが健康にも良いのは抗酸化作用だけでなく
白血球を活性化させて免疫力を高める働きがあるからです。

要するにビタミンCは

●コラーゲンの合成を促進する➡美肌効果
●シミのもとであるメラニン色素を抑える➡美肌効果
●抗酸化作用➡美肌効果・健康効果
●免疫力を高める➡健康効果

これらの効果に加えて

●鉄分の吸収を高める(貧血予防)➡健康効果
●コレステロール値を下げる➡健康効果

なども期待されています。

クエン酸の効果効能

レモンを食べると酸っぱいと感じるのは
酸味成分のクエン酸によるものです。

クエン酸には乳酸などの疲労物質がたまるのを
防ぐ働きがあるので疲労回復の効果や
新陳代謝を活発にする働きもあります。

新陳代謝が活発になることで

●太りにくい体になる
●きれいな肌を維持できる
●冷え性や肩こりの改善
●便通が良くなる

などの効果が期待できます。

※ただクエン酸のサプリでダイエットは
期待しないほうが良いですよ。

エリオシトリンの効果効能

エリオシトリンポリフェノールの一種で
レモンやライムに多く含まれています。

オレンジなどの柑橘類には含まれていません。

ポリフェノールにはビタミンCと同様に抗酸化作用
働きがあるのですが、それ以外の特徴として

血管を広げ血液の流れを調節する機能や
腸での脂肪吸収を抑えて排出を促す働きがあるので

肥満予防ダイエット効果が期待されています。

ヘスペリジンの効果効能

こちらもエリオシトリンと同様に
ポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。

その他の特徴として末梢血管を強化する働きがあり
●血圧の上昇を抑制する作用
●血中のコレステロール値を改善する作用
●抗アレルギー作用
●骨密度の低下を抑制する作用

などが期待されています。

また、ヘスペリジンビタミンCの吸収を促進する
作用もあり

ビタミンCを効率的に摂取するため
ビタミンCが多いレモンに含まれているというのは
理想的な成分です。

ビタミンC以外にもエリオシトリンとヘスペリジンがあり
レモンの抗酸化作用の相乗効果が期待できます。

リモネンの効果効能

香り成分のリモネンは果肉よりも皮の表面に
多く含まれているので皮の香りをかぐだけでも
効果があると言われています。

リモネンの特徴といえばリラックス効果です。
レモンの香りの成分が体内に吸収されると

リラックス時に出るα波が出ることから
リラックス効果がありストレスの緩和にも
役立ちます。

またリモネンは交感神経を刺激させて新陳代謝を
活発にする覚せい効果があります。

眠気冷ましや頭をすっきりさせるのにおすすめです。

その他にも
免疫力を高める:ガン細胞の遺伝子の働きを抑制
ガン予防や転移、再発、ガン治療にも効果が期待されている

育毛促進・抜け毛予防:フケやかゆみを抑える抗菌作用、
髪にツヤを与える働きもある

血行促進効
食欲増進

など多くの効果が期待できます。

おすすめのレモンの食べ方

55f5457c701b88e9816e0cb40e7f6d9d_s

レモンの半分を占めるビタミンcは水溶性
熱に弱く、水には溶けやすい性質のため

体内には2~3時間程度で体から出てしまうので
朝昼晩と3食摂ってほしい成分です。

だからといってレモンを生で食べるというのは
苦手な人が多いと思います。

そこでおすすめなのが
今流行りの白湯にレモンを入れて飲むことです。

作り方は簡単で白湯にレモン一切れを絞るだけ。

これだけで便秘や冷えなど解消する白湯の効果と
レモンの効果が期待できるのがうれしいですね。

味が苦手な場合はハチミツを入れても良いです。
(はちみつレモンという飲み物もありますし)

これを水筒やペットボトルに入れていつでも
飲めるようにすると、

すぐに体外に出てもすぐにビタミンCを補給できます。

その他にはアボカドと一緒に食べるのがおすすめです。

アボカドは果実の中でトップクラスのビタミンE
含まれています。

ビタミンEはビタミンCと同じで抗酸化作用があり
一緒に摂るとさらに抗酸化作用が強力になるので
より美肌や健康の効果が期待できます。

ただ味があまりないアボカドとすっぱいレモンだけでは
食べにくいのでこちらもハチミツを入れて食べるように
しましょう。

またアボカド、レモンをプレーンヨーグルトに
入れてハチミツをかけて食べるのもおすすめです。

レモンの皮を食べた方が健康に良いので
輪切りにして食べるようにしましょう。

詳しくはアボカドの効果効能をアップさせる食べ物はトマトとレモンがおすすめ!
を参照してください

まとめ

レモンは美容や健康に良い成分がたくさん
含まれている食べ物なのでぜひ継続的に
摂ってほしい果物です。

年中手に入り本来は皮まで食べるのが
おすすめですが、

外国産の場合は皮に農薬や防腐剤をかなり
使用していると言われているので

できれば国産のものを食べるようにしてください。

ぜひレモンで健康的にキレイになりましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ