ウイルス性肺炎の予防・治療・対策!最も多いインフルエンザに注意!

 

肺炎①

ウイルス性肺炎は、ウイルスの感染によって発症する肺炎です。
中でも最も多く肺炎を引き起こすウイルスは
インフルエンザウイルスです。

その他にも

●パラインフルエンザウイルス
●RSウイルス
●アデノウイルス
●麻疹ウイルス
●水痘ウイルス
●SARS

などによっても引き起こされます。

今回はこの代表格インフルエンザウイルスによる肺炎
インフルエンザ肺炎」を取り上げ、
予防・治療・対策をお伝えします。

ウイルス性肺炎の中で最も罹るリスクが高い肺炎であるだけに、
知っておくと安心ですよ!

スポンサードリンク

インフルエンザ肺炎の予防・治療法は?

肺炎2

インフルエンザウイルスに感染するとインフルエンザにかかり
それをきっかけにインフルエンザ肺炎を発症するので

インフルエンザ肺炎の対策はインフルエンザの予防です!

となれば予防に一番良いのはインフルエンザの予防接種です。
言いたいところですが

私の経験上予防接種を受けても免疫力が弱っていると
かかってしまいますし、副作用を考えると
あまりおすすめできません。
(全く効かないとは思いませんが)

詳しくはインフルエンザワクチンは効果がない?予防接種が無意味と言われる理由
をご覧ください。

やはり一番の対策は予防接種ではなく
「マスクの着用」や「うがい・手洗い」は
もちろんですが「免疫力を高める」ことが一番重要です。

そのためには、
規則正しい生活とバランスの良い食事が必要で

特に腸内環境を改善する

●ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌や乳酸菌
●水溶性食物繊維
●オリゴ糖

などが特に有効と言われています。

また特にインフルエンザに有効と言われているのが

「R-1ヨーグルト」「ラクトフェリンヨーグルト」です。

※ラクトフェリンヨーグルトはRSウイルス、アデノウイルス、
ノロウイルスにも効果的です。

ぜひこれらの食べ物を普段からよく摂ることで
免疫力がアップしますので
●過労・睡眠不足を避ける…
●無理のないペースで運動し体力をつける
などを心掛けてさらにウイルスに強い体になりましょう。
ただ万一インフルエンザにかかりそれをきっかけに
インフルエンザ肺炎を発症してしまったら…
そのときに備え、治療法をお伝えします。

インフルエンザ肺炎の治療と対策

実はインフルエンザ肺炎は2通りに分かれます…

①インフルエンザウイルスそのものが肺に炎症を
引き起こした場合

スポンサードリンク

②インフルエンザにかかり、(器官が弱ったために)
やがて細菌にも感染して、細菌性肺炎を併発した場合

それぞれの治療法に、さほど違いはなくて…
どちらも、もともとの原因であるインフルエンザウイルスを退治する

抗インフルエンザウイルス剤(タミフル・リレンザなど)が
使用されます(原因療法)。

②ではそれに加え、細菌性肺炎の原因である細菌を退治する
抗菌剤が投与されます(これも原因療法)。

①②とも高熱、激しい咳などの辛い症状が現れます。
これら一つひとつを緩和させる薬も投与されます。

高熱には解熱剤が、咳には咳止めが…と言う風に(対症療法)

ただしインフルエンザ以外のウイルスから発生した肺炎には、
効果的な薬はありません。

対症療法や、うがいや手洗い、マスクをつけるなど
二次感染を防ぐための方法で対応するしかありません。

下痢嘔吐が続いたり、高熱がある時は、
脱水症状を引き起こす可能性があるので

こまめな水分補給消化によく栄養価の高い食事を摂り、
安静にしましょう。

それと空気が乾燥すると、のどに負担がかかります…
加湿器を置いたり、濡れタオルを側にかけたりして、
保湿にも気を配りましょう。

インフルエンザ肺炎の早期発見のために

肺炎1

…とにかくインフルエンザ肺炎は、インフルエンザと肺炎…
これら2つの重い病気を合併しています。
重症化を少しでも避けるためには早期発見が大事です!

上でお伝えしたようにインフルエンザ肺炎は2通りあるのですが、
実は、熱の症状に関してそれぞれ特徴があります…

①インフルエンザウイルスそのものが肺に炎症
引き起こした場合では

インフルエンザにかかってから、4~5日経過後も、
熱が一向に下がりません!

②インフルエンザに罹り、(器官が弱ったために)
やがて細菌にも感染して、細菌性肺炎
併発した場合では

インフルエンザが軽快し、いったん熱が下がったかと思うと
再び上がります!

と言うことは、インフルエンザにかかったとき、
熱の症状がこれらのどちらかに当てはまるなら、
インフルエンザ肺炎が疑われるのです。

つまり早期発見のポイントは、インフルエンザに罹ったら、
熱の経過をチェックすることです!

①か②どちらかの経過をたどるときは早めに受診しましょう!

まとめ

インフルエンザ肺炎~ウイルス性肺炎の代表格として~

1.予防策
・インフルエンザの予防
・免疫力を高める
が挙げられます

2.罹ってしまったときの治療法
原因療法対症療法の2通りの治療を受けます

3.早く回復するための対策
・安静、水分補給、保湿が挙げられます

4.早期発見のために
・インフルエンザに罹ったとき、熱の経過をチェックします

最後に…
もしもインフルエンザに罹ったら、何より大切なのは治療に専念することです。
それが、ウイルス性肺炎の発症の阻止につながります。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ