白湯の効果効能!作り方や飲み方、飲むタイミングはいつがおすすめ?

白湯

私たち人間は地球から誕生して以来ずっと地球の恵みをうけて
暮らしてきました。

その中でも、もっとも重要なのはです。

人間の身体は、約6割(成人の場合)が水でできていると
いわれています。

体内の水を循環させて、私達の身体は健康を
保っています。

「白湯」には、

●体内の循環を促進
●老廃物を排出
●体内浄化

などの効果があると今話題になっていますね。

芸能人・モデルなど美意識が高く、
いつも情報の最先端にいる人たちが「白湯」にハマっているようですねl。

「私も試してみたい!」という方のために、
「白湯」の効果効能や飲み方、作り方などを
紹介します。

スポンサードリンク

白湯の効果や効能

39413499c13a096bd047f7360a50157b_s

インドの伝統予防医学アーユルヴェーダでは
胃腸は体内でもっとも熱を生む力のある臓器だと
言われています。

その胃腸に冷たい飲み物をはじめ、カフェインの多い飲み物や
アルコール類を入れ過ぎると、熱を生む力が弱まってしまいます。

逆に刺激を与えずやさしく温めれば胃腸からほかの臓器へ
熱が伝わり全身の血流が促され、

体内に滞った老廃物の排せつも促されて代謝が上がります。

「白湯」を飲むことで得られる効能

●内臓が温まり代謝がアップ
●血液循環を良くする
●老廃物が排出されやすくなる(デトックス効果)
●冷え性改善
●便秘解消
●むくみ解消
●ダイエット

どれも魅力的なものばかりですね。

では、どのような飲み方をすればより効能が得られるのでしょうか。

スポンサードリンク

白湯の飲み方や飲むタイミングは

1日3~4杯700~800ml)が適量とされています。
数回に分けてゆっくり時間をかけて飲んでください。

また、飲むタイミングによってもそれぞれ違った
効能があります。

起床時
睡眠中に失ってしまう水分は意外に多いです。
失った水分を「白湯」で補給してあげましょう。

眠っていた体を内側から温めることで、代謝を上げ
目覚めさせてくれます。

また、朝一に飲むことで腸を刺激しぜん動運動
促しますので、便通を良くする効果が期待できます。

私自身も朝起きて「白湯」を飲んでいますが、
空っぽの胃に温かいやさしいものが入っていく感覚は
とてもほっこりします。

気持ちに余裕が持てる朝を迎えられた日は
一日が充実したものになりますね。

食後(30分程度)
食べた物の消化吸収を助ける作用があります。

食事中に多量に水分をとりすぎると胃液が薄まり、
消化をさまたげてしまうことがあります。

そのため、食後30分程度時間をあけるほうがよいです。
食後のお茶を「白湯」に変えてみてはいかがでしょう。

入浴前
入浴前に身体の内側から温めることで入浴効果があがります。

お風呂にゆっくり浸かりながら、一日の溜まった老廃物と疲れを
身体から追い出しましょう。

就寝前
副交感神経が優位になることで身体がリラックスするので
質の良い眠りが得られます。

「白湯」を身体にゆっくりなじませることで身体に眠る準備を
整えさせることができます。

自分にあったタイミングを見つけて、実践してみてください。

「白湯」の作り方

やかんに水を入れ10分以上沸騰させます。
(沸騰したらフタはとります)
それを50~60℃になるまで冷まします。
これが、一般的に推奨されている作り方です。

塩素処理された水道水を短時間加熱すると、
塩素と水に含まれる有機物が反応してトリハロメタンという
毒性の物質を生成してしまいます。

しかし、10分以上沸騰し続けることで、
この物質が蒸発し取り除けます。

ただご存知の通り、日本の水道水は
世界でももっともきれいな水とされています。

もちろん、このトリハロメタンという物質の基準も
WHO(世界保健機構)0.2mg/L」に対して

日本の水質基準は「0.06mg/L」となっていますので、
実際はほとんど害がないという一般的見解です。

妊婦さんや小さいお子さんがいらっしゃる方で、
やはり気になるという方は、10分以上加熱してください。

その際は、蒸発したトリハロメタンを吸い込まないように
換気も行いましょう。

ちなみに私は、手軽にできるため電子レンジでチンしています。
電子レンジや電気ポットで温めるのとやかんで沸騰させるのとでは、
大きな違いはありません。

ただトリハロメタンが気になる場合はミネラルウォーターで
電子レンジや電気ポットで白湯を作りましょう。

手軽さが一番!という方や、貴重な朝の時間を
無駄にしたくないという方には、電子レンジで温めるのがおすすめです。

やかんで沸騰させたいけど、朝は時間が無い方は
前の日に沸騰させて作った白湯を保温機能のポットに入れておけば
次の日すぐに飲むことができますよ。

味気ない「白湯」では続かない。。。というあなたには

しょうがをスライスして入れる飲み方をおすすめします。

しょうがには、利水(りすい)作用という、
体内にたまった余分な水分を排せつし、
水分バランスを整える効果があります。l

そのためトイレに行く回数が増えてむくみが解消します。
白湯」との相乗効果も期待できます。

また、はちみつやゆずみつなど少しの甘味を入れてもよいですね。

無理なく続けられることが一番大切です。

かがみに映ったかがやくあなたに出会えますよ♡

また白湯にクミンやコリアンダーなどのスパイスを白湯に
入れるとさらに効果がアップします。

詳しくは:白湯のデトックス効果や効能をアップするアレンジ白湯の作り方と飲み方
をご覧ください。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ