白湯のデトックス効果や効能をアップするアレンジ白湯の作り方と飲み方

f3a9f84c27a89a02cecb321a5f80fb3b_s

最近注目されている「白湯」には

●内臓が温まり代謝がアップ
●血液循環を良くする
●老廃物が排出されやすくなる(デトックス効果)
●冷え性改善
●便秘解消
●むくみ解消
●ダイエット

などの効果や効能が期待されていますが

さらにこれらの効能をアップさせるために
おすすめなのが

コリアンダークミンをなどのスパイス
入れてアレンジした白湯です。

今回はスパイス入りの白湯がなぜ効果がアップするのか?
そして飲み方作り方効能別のスパイスを紹介します。

スポンサードリンク

白湯のアレンジ:コリアンダーとクミンがおすすめ

39413499c13a096bd047f7360a50157b_s

インドの伝統医学アーユルヴェーダ漢方の専門家が
おすすめする「白湯」を飲む人が増えてきていますね。

関連記事:白湯の効果効能!作り方や飲み方、飲むタイミングはいつがおすすめ?

その白湯クミンコリアンダーのスパイスを加えると
さらに効果が増します。

どちらもカレーを作る時に欠かせないスパイスですが
白湯との相性もよく、なじみが良いので飲みやすいです。

クミンには消化促進胃腸の調子を整える働きがあり、
海外のセレブの間ではダイエットスパイスとしても人気です。

クミンのダイエットの実験では
1日3gのクミンパウダー入りヨーグルトを
1日2回、3か月摂取したところ

●体重が平均約2kg減
●体脂肪は8%減
●腹囲、BMI,血中の中世脂肪も低下

というデータが出ています。

コリアンダー解毒作用のほか、胃腸の保護
口臭予防血管拡張利尿作用などの効果が
期待されています。

白湯とこれらのスパイスの相乗効果で
さらに胃腸をあたためて消化を促進したり、代謝を高めます。

コリアンダー+クミンを混ぜた基本のスパイス白湯

①作り方

コリアンダー3振り、クミン3振りを耐熱カップに入れて
白湯100~150mlを注ぎます。
(3振りは約小さじ1/4)

②飲み方
●かき混ぜながら、すするように少しずつ飲む
●1回に飲む量は100~150ml。

1日5杯くらいまで飲んで構いませんが、
胃腸が弱い人は様子を見ながら
飲みましょう。

③飲むタイミング

まずは「朝起きてすぐ飲む」ことをおすすめします。
空腹時に飲むとスパイスの成分が吸収されやすく
効果が早く出やすいです。

またスパイスの香りは空腹感を抑えてくれるので
食事の1時間前に飲むと食べ過ぎ予防にもなります。

その他にも空調で体が冷えやすく、運動しても
ほとんど汗をかかない人がこのスパイス白湯を飲むことで

体の芯から温まり、夏バテしにくくなったという報告もあります。

スポンサードリンク

効能別のスパイス白湯

クミンコリアンダー入りの「基本スパイス白湯」でも
十分に効果がありますが、

さらに効果を感じてもらうためにプラスα
効能別のスパイスを紹介します。

冷え対策にはジンジャー

ジンジャーには血行を良くして、
体を温めて代謝を良くする働きがあります。

朝や夜飲むと体温が上がって腸も良く働き、
便秘が解消しやすくなります。

ジンジャーの効能
西洋医学でも手足の抹消の血流を良くし、
皮膚や深部体温の上昇が確かめらています。

エネルギー代謝を高めて脂肪を燃やします。
辛味成分の6-ジンゲロールには肥満抑制効果も。

作り方
基本スパイス(コリアンダー3振り、クミン3振り)の
白湯にジンジャー3~4振り入れます。

カゼ対策にブラックペッパーとジンジャー

ブラックペッパーは漢方でも温め効果が高く
冷えをとる働きがあるとされます。

カゼのひき始めにはジンジャーとの組み合わせで
悪寒対策に。

ブラックペッパーの効能
成熟したコショウの実を果皮ごと乾燥して粉砕したもの。
辛味成分のピペリンは体温を調整する受容体を
刺激し、エネルギー代謝を高めることが確認されています。

作り方
基本スパイスの白湯にブラックペッパー2振り
ジンジャーを2振り入れます。

ストレス腸対策にブラックペッパー

ストレスがあるときの腹痛や、冷えでお腹が
ゆるいときなど腸のトラブルの緩和には
ブラックペッパーがおすすめ

辛味成分が血流を良くして、胃腸を温めます。

作り方
基本スパイスの白湯にブラックペッパー2振り、
塩1つまみ入れます。

月経トラブルにフェンネル入りガラムマサラ

腹痛などの月経トラブルは血流が滞るのが一因です。
ガラムマサラは複数のスパイスを合わせたもので
血の巡りを良くします。
フェンネルは女性ホルモンの調整役として働きます。

ガラムマサラの効能
クミンやコリアンダーに消化促進作用のあるカルダモン
抗酸化作用や血流改善作用のなるシナモンなどを
ミックスしたものです。
ガラムはヒンズー語で「温かい」という意味。

作り方

基本スパイスの白湯にフェンネル入りガラムマサラ
3振り入れる

二日酔い対策に七味トウガラシ

七味トウガラシはいわば「和のガラムマサラ」です。
山椒には胸のつかえをとる作用、陣皮には
巡りを良くする作用があります。

七味トウガラシは山椒麻の実ミカンの皮
乾燥させた陣皮やゴマ、シソ、ショウガを加えたものが
多いです。

赤トウガラシ山椒は体温調節する受容体を刺激する
ことがわかっており、エネルギー代謝を高めます。

作り方
基本スパイスの白湯に七味トウガラシを
2振り入れる(できれば山椒が多めのものが良い)

 

効能別のスパイス白湯を紹介しましたが最強スパイスの
組み合わせは

基本スパイス(クミン+コリアンダー)白湯にジンジャーと
ガラムマサラのスパイスです。

基本スパイス白湯にジンジャー2振り、
ガラムマサラ1振りを入れます。

汗をかきやすくなり、お肌の調子も良くなりますよ。

ただ胃腸が弱い方はスパイスの量を半分にするなど
少量から試してくださいね。

まとめ

白湯は健康や美容に良いのはもちろんですが
味気ないのでなかなか長続きがしない人も
いるのではないでしょうか?

そのような方にはスパイス入りの白湯をおすすめします。
スパイスを変えれば味に飽きることもありませんし
白湯を飲むのが楽しくなります。

紹介したスパイスはスーパ―や百貨店はもちろん
100均でも販売しているところもあり
手に入りやすいです。

是非一度試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ