塩麹にはどんな栄養成分や効果効能がある?食べ方や選び方について紹介します!

6da04853499a2277b652a89a72ca987c_s

塩麹は一時期ブームになって、最近は少し落ち着いた
感じもありますが

魚や肉などを柔らかくしたり美味しくしたりする
だけでなくとても栄養が豊富で健康や美容に
おすすめの食べ物です。

どのような効果や効能があるのか、またおすすめの
食べ方や選び方について紹介します。

スポンサードリンク

塩麹に豊富に含まれる栄養素と効果効能

塩麹とは名前の通り「」と「麹」からできています。
米の麹に塩と水を加えて発光させて作ります。

そして麹菌から発生する酵素がタンパク質やでんぷんを
分解することによって「アミノ酸」が生じて

「甘み」や「うまみ」が生まれて美味しくなり
食材も柔らかくなるだけではなく

健康や美容に良い栄養成分がたくさん含まれているので
昔から食べれていた塩麹が近年見直されているのですね。

塩麹に含まれる代表的な栄養成分を紹介します。

ビタミンB群:ビタミンB1、B2、B6、葉酸など

ビタミンB1は疲労回復の効果がある成分であり、
また、神経機能を正常に保つ効果もあります。

最近イライラしがちだなと思ったらビタミンB1不足かも
しれませんね。

ビタミンB2は細胞の再生を助けて成長を促し
健康な髪や肌をつくり、口や目のなどの
粘膜を保護してくれます。

またビタミンB6と一緒に摂ると肌の再生力が
アップして美肌効果が高まるので

ビタミンB2とB6が両方豊富に含んでいる
塩麹を食べると美容効果が期待できますね。

特にニキビや口内炎はビタミンB2不足のサインなので
症状のある人は意識して食べるようにしましょう。

GABA(ギャバ)

天然のアミノ酸のひとつであるγ-アミノ酪酸
(Gamma Amino Butyric Acid)のことです。

GABAの効果は

●リラックスや快眠
●ストレス抑制
●血圧を下げる
●認知症予防
●コレステロールや中性脂肪を抑える
などが挙げられます。

GABAには興奮作用を抑える効果があるので
リラックスできて快眠ができると言われています。




コウジ酸

麹(コウジ)菌を培養して作られる成分で
コウジ菌メラニンの生成を抑制することがわかり、
その美白効果から、現在では化粧品などにも配合されています。

メラニンは日焼けやシミ、そばかすなどの原因となるので
紫外線が特に強い時期には積極的に摂りたい成分です。

ペプチド

アミノ酸が数個つながった構造を持つ成分で
血圧を安定させる役割があります。

必須アミノ酸が脂肪を分解し、
ドロドロした血液になるのを防ぐ役割があります。

このペプチドは、身体に活力を与えるのが基本ですが、
それ以外にも
●疲労回復や
●血圧を下げる
●免疫力を向上させる
●美肌や代謝の活性化など

効果が期待されています。

α‐エチルグルコシド(α‐GC)

従来から長期使用による肌の保湿効果があることが
知られていましたが、

2015年に新たに次の2つの保湿機能があることが
発見されました。

①短時間で速効性のある水分保持機能
(水分蒸発を抑える機能)がある

②真皮内で保湿効果が高いコラーゲンの生産量を
増やす

両方ともに美肌に欠かせない機能ですが
この発見により、洗顔石鹸やシャンプー、入浴剤などの
スキンケア製品や

飲用では保湿効果の高いコラーゲンを真皮内で増やす
美容機能食品などの新しい商品開発がすすめられています。

スポンサードリンク

塩麹の食べ方と選び方

塩麹の最大の特徴であり魅力なのは、
タンパク質分解酵素の「プロテアーゼ」の存在です。

この「プロテアーゼ」が、お肉、お魚のタンパク質を分解し
柔らかくしたり、栄養の吸収を助けたりする働きがあります。

また外部からの細菌やウイルス、伝染病から体を守る生体防御など
多くの働きを担っています。

ただここで注意しなければならないのが、多くの市販の「塩麹」は
熱を加えて殺菌処理がされているという点です。

殺菌処理をすると「塩麹」の魅力である「プロテアーゼ」の
働きもなくなってしまっています。

そのため、なるべく生の「塩麹」を選ぶようにしましょう!

こちらは国産米100%の生塩麹です。

マルコメ プラス糀 生塩糀 500g(アマゾン)はこちらから

また、自分で「塩麹」をつくるのもおすすめです!

そして生の塩麹を食べるのであれば「栄養を吸収する」という観点から
熱を加えないサラダや冷奴にかけたりするのがおすすめです。

このように「塩麹」は塩やお醤油、味噌と同じように
ひとつの調味料として捉えてみてはいかがでしょう。

また「塩麹」は塩分が多く含まれているため、
なるべく海藻やキノコ、豆類などを一緒に摂ることがおすすめです。

海藻やキノコ、豆類に含まれるカリウムが塩分の排出をうながしてくれます。

もちろん肉や魚を柔らかくしたり、働きがあるので「美味しく食べる」
というのであれば焼いて食べても構いません。

私が好きなのは豚ばら肉の切身を2日間(最低でも1日)ほど
つけこんでこがさないように焼くと味噌漬け風になり
とても美味しいです。



まとめ

●塩麹は食べ物を柔らかく、美味しくする働きがある
●健康や美容に良い成分が多い
●熱に弱いので生の塩麹がおすすめ

最近は少しブームが去った感じもしますが
栄養の効果がなくなったわけではないので

ぜひ定期的に食べるようにしてくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ