もち麦の効果や栄養価と押麦との違いは?注目は水溶性食物繊維と難消化性でんぷん!

tanesho-topics01

大麦がダイエットや美容、健康に良いとテレビなどで
紹介されていてから注目されていますが

その中でも特に「もち麦」が注目されています。

もち麦にはどのような効果があるのか?

また、一般的には大麦といえば「押麦」ですが
「もち麦」と比べて特徴や栄養価どのような違いが
あるのかを紹介します。

 

スポンサードリンク

もち麦とは?押麦の違いについて

2ee54d721b81853ed64dbc4eef58043c_s

大麦も米と同様にもち性うるち性があります。

もち性の大麦は「もち麦」で
うるち性の大麦は「押麦」「丸麦」「米粒麦」などに
分けられます。

うるち性の大麦で一般的なのは「押麦」です。
mugimugi_osimugi

粒の真ん中にある黒条線が特徴で、蒸気に当てた後に
ローラーで押しつぶしたもので「麦とろごはん」などに利用されます。

私は牛タンが好きなので仙台の牛タンのお店に良く
行きますが、

そこで出される牛タン定食のごはんは押麦の麦ごはんです。

そしてもち性の「もち麦」とうるち性の「押麦」などとの
違いは食感です。

うるち性の押麦などは冷めるとややパサつきますが
もち麦は冷めてもモチモチとした食感が続きます。

これはもち米にも含まれるモチモチ成分である
アミロペクチン」が多いためで

冷めても硬くならずにモチモチの食感が続いて
とてもおいしく食べやいのが特徴です。

そしてもう一つもち麦の特徴は押麦よりも
食物繊維の量が2割多いことです。

もち麦には100gに10~11gもの食物繊維を
含んでいて、そのうちの7~9g水溶性食物繊維です。

ではもち麦などの大麦にはどのような効果があるのでしょうか?

スポンサードリンク

もち麦の効果効能に関して

最近腸内環境に関して注目されていますが
腸内にいる細菌が無いを食べているかで

腸の状態は変わり、私たちの健康状態に
大きな影響を及ぼしていることが、

近年の研究で明らかになっています。

腸内環境の良し悪しによって

●太りやすさ
●糖尿病などの生活習慣病のリスク
●感染症やアレルギーを防ぐ力
●心の健康
●生まれてくる赤ちゃんの健康状態
などに影響が出ると言われています。

腸内環境を良くするには腸内細菌が喜ぶ
栄養素を食べさせることですが

その筆頭は食物繊維です。

ただ今の日本人は慢性的は食物繊維不足で
その原因は穀物の摂取不足にあると言われています。

また食物繊維は摂取量だけではなく、
摂取源を考えることも重要で

糖尿病の発症のリスクも穀物からの食物繊維の
摂取量が多いほど低くなるという研究報告もあります。

そこで毎日の食事に摂り入れてほしいのが
大麦です。

食物繊維が豊富な穀物は雑穀や玄米、全粒の小麦なども
ありますが、

大麦はそれらの穀物と違い「水溶性食物繊維」が
たくさん含まれているからです。

腸内細菌は水溶性食物繊維を好んでたべますが
ワカメやのり、昆布などの海藻類以外

多くの食べ物は不溶性食物繊維の割合が多く、

そのような食べ物ばかり食べると食物繊維は
摂っているにもかかわらず

逆に腸内環境が悪くなって便秘になる場合もあります。

その中で「水溶性食物繊維を毎日無理なく
ある程度の量がとれる食材は大麦くらいしかない
という意見もあるほどです。

その上「もち麦」は押麦よりも2割食物繊維が多く
ほとんどが水溶性食物繊維なので特におすすめです。

また、大麦の水溶性食物繊維の大半を占めるのが
βグルカン」で日本や世界各国の公的機関が

機能性の表示を認めいてる注目の成分です。

       効果     認めている国
食後の血糖値を抑える日本、欧州(EFSA)
正常な腸機能の維持日本、韓国
排便促進効果欧州(EFSA)
心疾患のリスクが減る米国、カナダ、欧州(EFSA)
コレステロール値が低下日本、欧州(EFSA)
※EFSAとは欧州食品安全期間のこと

またこのような効果以外にもβグルカンには
内臓脂肪面積が減ったというデータも出ていますので

ダイエットにも最適なのです。

大麦でもう一つ注目されている成分でこちらも
食物繊維同様に腸内環境を良くするのが
難消化性でんぷんレジスタントスターチ)です。

レジスタントスターチとは「消化されにくい(レジスタント)
でんぷん(スターチ)という意味で、

冷やしたご飯などにも含まれています。

通常のでんぷんは小腸で消化・吸収され大腸まで
届きにくいのですが

難消化性でんぷんは大腸の奥まで送り届けられます。

すると大腸のビフィズス菌などの善玉菌がこれを食べて
全身の健康に影響する短鎖脂肪酸の産生を高めてくれます。

短鎖脂肪酸が増えると大腸内が弱酸性化して
善玉菌のすみやすい環境となりますが

反対に悪玉菌がすみにくくなり、
その結果大腸の発がん物質である有害な毒素の
産生も減るのです。

そして大腸の奥に行くほど大腸がん潰瘍性大腸炎などの
病気の発生頻度が増えてしまうのですが

 

大腸まで届く食物線維や難消化性でんぷんが豊富な
大麦をたべることでこれらの病気の予防になります。

その他にもち麦に多く含まれている栄養成分はミネラルです。
特にカリウムや鉄、亜鉛、マグネシウムが特に豊富に含まれています。

現代人はカルシウムの摂取不足が問題になっていますが
骨や歯の成分となるだけでなく高血圧や動脈硬化の予防の
効果があるミネラルです。

カリウムはナトリウム(塩分)の排出を促す成分で
むくみの予防や改善、またこちらも高血圧の予防にも
最適なミネラルです。

は赤血球を構成する成分で貧血予防効果があるのは
有名ですが、その他にも疲労回復効果も期待できます。

マグネシウムはタンパク質の合成やエネルギー代謝、
筋肉の収縮、血圧調整、体温調整、血糖値の調整といった
多く働きがあり

動脈硬化や心臓病、糖尿病など生活習慣病の予防や改善、
便秘の改善も期待されます。

亜鉛は胎児の健康な成長や精子の生成
免疫力をアップ、味覚細胞の形成から

精神の安定や血糖値を下げる効果が期待されていて
子供の健全な成長に必要なミネラルです。

ビタミンは特にビタミンB1とB2、B6、ビタミンEが多く含まれています。
ビタミンB1は疲労回復のに効果があり

ビタミンB2とB6は相性が良く、一緒に摂ることによって
美肌効果が期待できる成分です。

そしてビタミンE抗酸化成分で活性酸素の増加によって
影響がでる老化の予防や多くの病気の予防や改善の効果があります。

またビタミンEは毛細血管を広げて血液を流れやすくし、
さらに血液自体の老化を予防してサラサラな血液
作ってくれるのです。

こちらも動脈効果や生活習慣病の予防にも効果が期待できますね。

このように栄養価が低い白米を食べるのであれば
栄養価の高いもち麦などの大麦を積極的に食べるようにしましょう。

もち麦は大麦の中でも特に食べやすいですが最初は
白米7割、もち麦3割から始めて、慣れてきたら5割程に
しましょう。

関連記事:もち麦などの大麦の炊き方やゆで方、食べ方、購入先は?水溶性食物繊維を摂るならコレ!

もち麦はスーパーでは販売していないところも
あるので通販がおすすめです。

もち麦は海外産もありますがこの商品は
国産なので安心ですね。

国産(愛媛県) もち麦 1kg チャック付

まとめ

もち麦は押麦などと比べて、
●冷めてもモチモチ感がある
●食物繊維が2割多い
といった違いがあります。

またもち麦などの大麦は他の食べ物と違い
水溶性食物繊維が豊富で腸内環境を改善する
効果が期待できます。

そして難消化性でんぷんも多く、食物繊維同様に
腸内環境を良くしてくれる成分です。

穀物の中で大麦は特に栄養価が高いので
是非少しからでも毎日食べるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ