もち麦などの大麦の炊き方やゆで方、食べ方、購入先は?水溶性食物繊維を摂るならコレ!

tanesho-topics01

テレビ番組のダイエット特集で「もち麦」を
食べてやせる企画がありましたが

もち麦などの大麦には他の食べ物にはあまりない
水溶性食物繊維がたくさん含まれていて
腸内環境を整えてくれます。

また難消化性でんぷんもたくさん含まれていて
こちらも食物繊維のような働きをして

小腸だけなく大腸にまで届き、同じように
腸内環境を改善してくれます。

栄養価が低い白米ばかり食べている方には
もち麦を混ぜて食べるのがおすすめですが

おいしく食べるための炊き方やゆで方、
食べ方、購入先を紹介します。

スポンサードリンク

大麦を食べるなら「もち麦」と「押し麦」どっち?

2ee54d721b81853ed64dbc4eef58043c_s

大麦も米と同様にもち性うるち性があり、

もち性の大麦は「もち麦」で
うるち性の大麦は
「押麦
●「丸麦
●「米粒麦」などが挙げられます。

牛タン定食のご飯がは麦飯ですがあれは押麦
食べ方ある方も多いのではないでしょうか?

今までは大麦といえば押麦でしたが
現在おすすめの大麦といえば「もち麦」です。

うるち性の押麦などは冷めるとややパサつきますが
もち麦は冷めても硬くならずにモチモチの食感が
続いてとてもおいしく食べやすいのが特徴です。

おにぎりにも相性抜群です!

そしてもう一つもち麦の特徴は押麦よりも
食物繊維の量が2割多いことです。

押麦には100g中に10~11gもの食物繊維を
含んでいてそのうち7~9g水溶性食物繊維です。

大麦は不溶性よりも水溶性食物繊維が多い
数少ない食べ物の一つです。

腸内環境を改善して便通の改善だけでなく
さまざまな病気の予防や改善に効果が期待されています。

押麦でも十分に食物繊維は摂れますが、もち麦は
さらに多く含まれているのがうれしいですね。

このような理由で初めて食べる方には食べやすく
食物繊維が多い「もち麦」がおすすめなのです。

そしてごはんとして食べる時にはもち麦を
全部にするのではなく3割から5割程度をお米に混ぜるようにしましょう。

関連記事:もち麦の効果と押麦との特徴や栄養価の違いは?腸内環境改善におすすめの理由!

スポンサードリンク

もち麦などの大麦の炊き方やゆで方

ではお米にもち麦を入れた時の炊き方やゆで方を
紹介します。

麦ごはんの炊き方

3割麦ごはんの場合は白米2合(約320g)に対し
もち麦は120g程度にします。

洗った白米を炊飯器の内釜に入れて2合の目盛りまで
水を入れます。

最後にもち麦と大麦の2倍量の水をいれて軽く混ぜ
いつものように炊飯すればできあがりです。

5割麦ごはん2合炊く場合は
白米ともち麦を1合ずつにして

水の量は炊飯器のお釜の目盛りの2と3の間にします。

もち麦のゆで方

ゆでる場合はもち麦100%を使用します。

まずはもち麦の約6倍の量の水を沸騰させてたら
もち麦を入れて沸騰したら中弱火でフタをしないで
15分ゆでます。

次にザルに上げ、水で軽く洗って水気を切れば
できあがりです。

ストックする場合は

保存容器に入れて冷蔵庫で2,3日持ちますが
すぐに使わない場合は小分けにしてラップに
包んで冷凍しましょう。

解凍は冷凍ご飯と同じ要領です。
スープの具にする場合は凍ったまま入れて
調理してもOKです。

ゆで大麦の食べ方

ゆで大麦はサラダのトッピングや汁物の具にピッタリです。

このほかにもスープカレーやおじやのご飯の代わりにも使えます。
チャーハンにすれば失敗なくパラパラに仕上がります。

また、ハンバーグやギョウザのひき肉を半分にして
その分ゆで大麦を加えれば、

かさま増し効果でヘルシーにボリュームアップします。

もち麦の購入先は?

もち麦はもともとスーパーなどでは
置いていないところもありますし

扱っているところでもテレビなどで紹介されて
若干品薄の状態の場合もあるので

今はマゾンなどの通販がおすすめです。

国産(愛媛県) もち麦 1kg チャック付

もち麦は海外産もありますがこの商品は
国産なので安心ですね。

国産(愛媛県) もち麦 1kg チャック付

まとめ

大麦は日本人が不足気味の食物繊維が多く
特に腸内環境を改善してくれる

水溶性食物繊維が他の穀物だけでなく
野菜や果物、イモ類、豆類などと比べても

断トツに多く含まれています。

また難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)も
多く含まれていて、こちらも水溶性食物繊維と同様に
腸内環境を改善してくれます。

腸内環境が改善されることでさまざまな病気の予防や
改善、そして美肌にも効果があります。

食生活が乱れがちな方、健康診断の結果が良くない方は
ぜひもち麦などの大麦を摂り入れるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ