乳酸キャベツの栄養成分と効果や効能について!調理で加熱しても平気?

8adb448893125b89af204fa7955ca05f_s

乳酸キャベツ」をご存知ですか?

欧州では「ザワークラウト」や「シュークルート」と
呼ばれて愛されてきたキャベツの漬物のことです。

この乳酸キャベツ健康美容に多くの
効果や効能をもたらすということで
話題になっていますね。

乳酸キャベツがなぜ体に良いのか?そして
簡単な作り方についてお伝えします。

スポンサードリンク

乳酸キャベツの効果効能

a3935ed7b05b9869fe5365e56aebec4f_s

乳酸キャベツの魅力は乳酸菌キャベツ効果
ダブルパワーを得られることです!

植物由来の乳酸菌の効果

発酵が進むほど増える乳酸菌は悪玉菌の増殖を
抑えて腸内細菌のバランスを整えて腸内環境が改善
してくれます。

腸内環境が改善すると単に便通が
良くなるだけではなく

溜まっていた毒素が老廃物が体の外に
出ることで

美肌効果
●免疫力アップ
●アレルギー抑制(花粉症・アトピーなど)

など美容や健康の効果が期待できます。

乳酸キャベツには乳酸菌が億から十億の単位で
生息していて、これはキムチの乳酸菌数と同等と
考えられています。

乳酸キャベツのように植物由来乳酸菌
ヨーグルトなどの動物由来乳酸菌と比べて

強い酸性の下でも生きられ、胃酸や胆汁酸に
さらされても生きて腸まで届きやすいのです。

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌は胃や小腸で消化・
吸収され大腸まで届きにくいのですが

植物由来の乳酸菌は大腸まで届きやすい
言われています。

善玉菌の最大勢力はビフィズス菌ですが、
多くは大腸に存在するので

ビフィズス菌のエサになる乳酸菌が
大腸まで届くことによって善玉菌が増殖し
腸内環境が改善します。

スポンサードリンク

キャベツの効果や効能

一方のキャベツにも栄養がたっぷりと
含まれています。

なんといっても胃腸薬にも配合されて、
胃腸の粘膜の修復を促す成分のキャベジン
ビタミンU)が有名ですね。

ビタミンUは胃酸の分泌抑制と胃腸粘膜の
新陳代謝促進といった

胃腸を健康に保つ働きがあり胃潰瘍
十二指腸潰瘍の予防の効果もあります。

キャベツを冷蔵保存するとビタミンUが増えるようです。

またビタミンUだけでなく、生のキャベツを細かく
切ったときにキャベツのキャベツの酵素が働いて
できるリゾホスファチジン酸LPA)という成分にも

胃腸の粘膜修復作用があります。

もちろんビタミンUやLPAは乳酸による発酵で効果を
損なうこともありません。

そしてもう一つキャベツの注目の有効成分が
がん予防に有効な成分と言われる
イソチオシアネートです。

イソチオシアネートは辛味成分の一種ですが
キャベツなど辛みをほとんど感じない野菜の場合は、

グルコシノレートという配糖体の形で含まれています。
それが、体内での消化の過程でイソチオシアネートに変わります。

キャベツはがん予防に有効な成分を含む食品の
トップクラスにランクインしているのもこの成分のおかげです。

そしてこれらの注目されている成分以外にも
キャベツビタミン類ミネラルも豊富です。

キャベツに多く含まれるビタミン類の効果

ビタミンA:目の健康維持や、皮膚を正常に保つなど

ビタミンB1:疲労回復効果など

ビタミンB2:代謝を促進し、健康な皮膚や髪、爪をつくるなど、
発育や美容に関わるビタミン

ビタミンB6:皮膚や粘膜の健康維持など

ビタミンB2とB6を一緒に摂ると美肌効果アップ!

葉酸:貧血予防・胎児の先天性奇形の予防など

ビタミンC:美肌効果・抗酸化作用

ビタミンE:血液サラサラ効果・抗酸化作用

ビタミンCとビタミンEを一緒に摂ると
抗酸化力がアップ

ビタミンK:血液を凝固させ止血させる、
骨の健康を保つ

などが期待されています。

キャベツに豊富に含まれるミネラルの効果

カルシウム:骨や歯の構成成分、骨粗しょう症の予防
イライラの解消、高血圧の予防

マグネシウム:心臓病,高血圧,高脂血症の予防、
糖尿病・血糖値の改善など

カルシウムとマグネシウムの拮抗作用
①骨や歯の形成
②血圧の維持機能
③筋肉の収縮・伸張
④神経の伝達

2つのミネラルはお互いに協力しあったり、
反対に拮抗して働くことで重要な身体機能の
維持・調整をしています。

カリウム:むくみの防止・高血圧の予防

:貧血の予防

※鉄は体内で吸収されにくいですが、ビタミンCが
鉄の吸収をアップさせる働らきがあります。

亜鉛:味覚の正常化、免疫力の向上、生殖機能の向上
美肌・美髪効果、子供の成長

このように乳酸キャベツを食べることで
乳酸菌の効果とキャベツのダブルのパワーで

健康と美容の効果が期待できるのがうれしいですね。

乳酸菌キャベツの効果的な食べ方

 

キャベツに豊富に含まれるキャベジンビタミンU)や
リゾホスファチジン酸LPA)、乳酸菌ビタミンC
熱に弱いので食べるならがおすすめです。

ただ乳酸菌は熱により死滅したとしても、死んだ乳酸菌は
食物繊維のような働きをしてビフィズス菌などの善玉菌の
エサになり、増殖を助ける働きがあります。

また加熱するとうま味が増すので食欲が落ちやすい
夏におすすめです。

胃腸の効果を期待するならば生で、
それ以外の効果を期待するならば加熱をしても構いません。

またビタミンUビタミンCは体内に長時間留まることが
できないのと、乳酸菌も継続的に摂取することで
効果が期待できます。

毎日少しずつで良いので継続的に食べるようにしましょう。

そして乳酸キャベツと相性が良いのは
チーズヨーグルト納豆などの発酵食品です。

発酵食品同士は味の相性も良いのでぜひ試してくださいね。

まとめ

乳酸キャベツを食べることで

乳酸菌の働きで腸内環境を改善して
便通の改善や美容、健康の効果が期待でき

キャベツには胃を健康に保つ働きやガンの予防、
そして豊富にビタミンやミネラルの効果が期待できます。

胃の健康のためには生で食べることが一番です。

是非乳酸キャベツを作ってくださいね。

乳酸キャベツの作り方は下記
乳酸キャベツの作り方・レシピや食べ方、アレンジ!失敗しないコツや注意点は?

を参考にしてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ