話題のカメリナオイルの効能とえごま油や亜麻仁油、オリーブオイルよりおすすめの理由

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s

健康に良い食用油といえば、テレビで紹介されて
注目されたオメガ3系えごま油亜麻仁油

そして以前から人気のあるオメガ9系
オリーブオイルなどが有名ですよね。

ですが今徐々に注目されているのが
「カメリナオイル」です。

カメリナオイルにはどのような特徴があり
なぜ他の食用油よりもおすすめなのか、

またその効果や効能についても紹介します。

スポンサードリンク

カメリナオイルとは?その特徴について

カメリナオイルはアブラナ科の植物カメリナサティバの
種から抽出したオイルです。

Camelina_sativa_eF

カメリナはシベリアの極寒地でも育つ生命力があり
過酷な環境でも育つように多くの栄養が蓄えられています。

カメリナオイルの特徴は脂質の構成にあります。

オメガ3系のαリノレン酸38%
オメガ9系のオレイン酸20%
オメガ9系のイコセン酸20%
オメガ6系のリノール酸16%
その他6%となっています。

オメガ3系の人気食用油であるえごま油や
亜麻仁油などに多く含まれるαリノレン酸
割合が一番多いですが

オメガ9系オレイン酸イコセン酸を合わせると
オメガ9系の占める割合が一番なので

厳密にはオメガ9系のオイルですが
オメガ3系のオイルとして紹介しているところもあります。

このカメリナオイルの優れているところは
オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系のバランスが

2:1:2と理想のバランスになっていることです。

オメガ6系のリノール酸は無理に摂ろうとしなくても
多くの加工食品などにも含まれているので
無意識に摂取していますが

αリノレン酸やオレイン酸は意識し摂らないと
いけません。

オイルに詳しい人ならば熱に弱いαリノレン酸が
豊富なえごま油や亜麻仁油をサラダのドレッシングなど
そのままかけて

熱に強いオレイン酸を多く含むオリーブオイルを
炒めものや揚げ物などにと分けて使っているようですが

このカメリナオイルであればオメガ3系(αリノレン酸)
オメガ9系(オレイン酸とイコセン酸)がほぼ同じ量
含まれているので1本ですみます。

またカメリナオイルは熱に弱いαリノレン酸の割合が
多いので

えごま油などと一緒で炒め物や揚げ物に
不向きと思うかもしれませんが

実はカメリナオイル天然抗酸化成分となる
ビタミンEが豊富なだけでなく、

カロテノイド、ポリフェノールといった
強力な天然抗酸化成分も含まれているため
熱に強いオイルなのです。

油脂を加熱していくときに煙が発生する温度のことを
発煙点と言いますが

●えごま油や亜麻仁油は110℃
●グリーンナッツオイルは150℃
●オリーブオイルは190℃
に対して

●カメリナオイルはなんと240℃です。

グリーンナッツオイル(インカインチオイル)
オメガ3系オイルの中でもビタミンEが豊富なので

炒め物であれば問題ないと言われていますが
揚げ物には向いていません。

そして揚げ物にはオリーブオイルが向いていると
よく言われていますが、

それよりもカメリナオイルの発煙点が高いとは
驚きですね。

えごま油などのオメガ3系オイルは健康に良いものの、
熱に弱くて炒め物に使用できないし

酸化も早いから開封後できるだけ早く
消化しないといけません。

そしてオリーブオイルは熱に強いですし
生で使用してもおいしいですが

脂質の構成が75%がオレイン酸
αリノレン酸などのオメガ3系の脂肪酸が
ほとんど入っていないので脂質のバランスが
よくありません。

今までえごま油などのオメガ3系オイル
オリーブオイルなどのオメガ9系オイル
使い分けていた人も

カメリナオイルであれば脂質のバランス良く
熱に強くて酸化もしにくいため長期保存が可能なので
これだけですみます。

つまりカメリアオイルはえごま油やオリーブオイルなどの
良い部分を残しつつ、マイナス部分も補っている
スーパーオイルなのです。

既に海外では亜麻仁油やオリーブオイルに代わる
健康オイルとして認知されていて

カナダでは権威ある健康誌「alive」でカメリナオイルは
2015年にベストスーパーフードに選ばれるほど
注目を集めているオイルです。

日本でも今後ますます注目されそうですね。

スポンサードリンク

カメリナオイルの購入先はお店、それとも通販?

カメリナオイルは今のところ都内の百貨店やスーパーの
一部で販売していますが

それ以外ではほどんどお目にかかれません。

今はアマゾンなどの通販で手に入ります。

おすすめの商品は
こちらの「カナダ産カメリナオイル」です。

低温圧搾(コールドプレス)製法で丁寧に圧搾した
一番搾りの食用オイルです。

無添加・無精製なので安心して使用できます。

カメリナオイル(250ml)

ちなみにカメリではなくカメリオイル
椿油のことですので間違わないようにしてくださいね。

カメリナオイルの栄養成分と効果効能について

カメリナオイルといえばやはりαリノレン酸です。

その一部は青魚などに多く含まれるDHA
EPAに変換されます。

αリノレン酸やDHA,EPAもオメガ3系脂肪酸の一種ですが

このオメガ3系脂肪酸の効果や効能は

①血圧を下げる
②血中の中世脂肪を減らす
③血栓ができるのを防ぐ
④アレルギーや炎症疾患を抑える
⑤記憶力・学習能力を高める
⑥ガンの発生・増殖を抑える
⑦精神を安定させる
⑧認知症を予防する

といった8つの効果が期待されています。

えごま油と比べると6割程の含有量ですが
スープン小さじ約2杯程度で

厚生労働省が推奨する摂取量に達します。

そして次に多い脂質がオメガ9系
オレイン酸イコセン酸ですが

オレイン酸には

● 血液をサラサラにする
●悪玉(LDL)コレステロールを減少させる
●血中脂質を低下させる
●動脈硬化・心筋梗塞を予防する
●便秘解消 などが期待されています。

といった効果が

イコセン酸はタラやサンマ、サメなどの
魚に多く含まれる脂肪酸で植物油に
含まれているのはとても珍しいです。

イコセン酸はオレイン酸同様に
コレステロール血中脂質の低下作用があり

動脈硬化認知症を予防する成分として注目されています。

欧米では水銀などの海洋汚染により魚の汚染被害が
心配されることから

EPAやDHA、イコセン酸が摂れるカメリナオイルは
魚に変わる植物油として

「植物の魚油」「陸の魚油」として人気が急騰しています。

その他にもビタミンEカロテノイド、ポリフェノールといった
抗酸化成分も多く含まれています。

抗酸化成分をとることで老化や病気の原因となる
活性酸素の増加を抑制してくれるので

美容や健康に効果があると言われていますし
油も抗酸化成分により長持ちするので

カメリナオイルは常温でも長く保存ができます。

またオリーブオイルより5倍も多く含まれている
ビタミンEは抗酸化作用だけでなく

血液をサラサラにする効果があります。

サラサラになることで動脈硬化糖尿病などの
生活習慣病の予防・改善につながりますし

血流が悪いと肌の老化も進むので美容にも良い
影響を与えます。

そしてカメリナオイルには植物ステロール
多く含まれています。

植物ステロールファイトケミカルの一種で
コレステロールの吸収を抑制して

血中の悪玉コレステロールの割合を下げる
働きがあると言われていることから

こちらも生活習慣病ガンの予防を目的とした
食品に利用され「第7の栄養素」として
期待されています。

そして最後に紹介するのがレシチンです。

レシチンは細胞に必要な栄養や酸素を吸収して
細胞内に取りこんだり、

不溶な物質や老廃物を排せつする役目があり

●認知症予防(脳の活性化)
●動脈硬化予防(コレステロール値を下げる)
●肝機能を高める
●美肌(肌細胞を正常に保つ)

などの効果が期待されています。

このようにカメリナオイルには健康や美容に良い
栄養成分がバランス良く含まれている
スーパーオイルですね。

まとめ

油はコレステロール値を上げて
動脈硬化や生活習慣病にかかりやすい
イメージがありますが

それはサラダ油のような悪い油ばかり
摂った時です。

低温圧搾製法で栄養価を損なわずに
抽出した油は本来は体い良いのですが

その中でもカメリナオイルは特に栄養価に優れた油です。

まだそれほど認知度が高くありませんが
えごま油のようにテレビで取り上げられると

あっという間に品切れになる可能性があるので
ぜひ今のうちに試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ