ぬか漬けの栄養と効果効能がスゴイ理由!植物乳酸菌や酵素で健康にキレイになれる!

ぬか漬け②

和食は世界遺産に登録されていますが、
その和食の定番とえば「ぬか漬け」ですね。

ではそのぬか漬けは健康に良いのは
もちろん、美容・美肌にも効果があるのを
ご存知でしょうか?

ぬか漬けにはどのような栄養成分が
含まれていて、なぜ健康や美容に良いのかを
お伝えします。

この機会に、私たち日本人もあらためて
ぬか漬けがもつパワーについて学んでおきましょう。

スポンサードリンク

ぬか漬けの乳酸菌の力

ぬか漬け③

乳酸菌とえいばヨーグルトやチーズを
思う浮かべる人が多いですが

実はぬか漬けも発酵食品ですので
実はたくさん乳酸菌がいます。

近年、乳酸菌がん予防、アンチエイジング
虫歯予防などいろいろな分野で注目されていますね。

ではなぜ、乳酸菌がよいと言われるのでしょう。
そのカギは、にありました!

腸と脳の関係

は「第二の脳」と呼ばれていて
腸内に入ってきた物質を良いか悪いか判断して
それをパターン化して記憶します。

またさまざまなホルモンペプチド性ホルモン=
脳内ペプチド)を生産し、

多くの血管や神経が集まっている腸の状態は
全身に影響します。

多くの人が経験があると思いますが、子供のころ試験前や
発表会などの前に

緊張のあまり、急な腹痛や下痢に襲われたりしたことが。
(大人になってもあるかもしれませんが)

このように頭で考えることと腸の活動は密接に
つながっているのです。

腸は最大の免疫器官

人の体の免疫システム全体の70%腸に集中してると
言われています。

腸内の免疫の主な働きは3つ

①腸内に入ってきたものを免疫細胞が認識
②免疫細胞が腸内に入ってきたものの無害、有害を判断
③無害なものは受け入れ、有害な場合は免疫細胞が攻撃

正常な人でも毎日3,000~4,000個発生すると言われている
がん細胞が生じる場所もほとんどが腸内の粘膜からと
いわれています。

そのような病原菌や有害菌などの外敵を素早く感知し、
攻撃し、排除するため

免疫細胞が24時間365日、常に腸を守り続けなければ
なりません。

つまり腸が人の体で最大の免疫器官である理由が
ここにあるわけです。

そしてこの腸内の免疫と腸内細菌は密接な関係を
もっています。

腸内細菌を健常な状態に維持することは、
健康を維持していく上でも、

病気の予防やアンチエイジングなどに役立つで上でも
大変重要な問題です。

その為には善玉菌である乳酸菌をできるだけ多くし、
日々腸内細菌のバランスを整えてあげる必要があるのです。

つまり、乳酸菌をたっぷり摂れるぬか漬けは、
もってこいの食材といえますね。

しかもぬか漬けの乳酸菌はヨーグルトなどの
動物性の乳酸菌と違い、植物性の乳酸菌です。

植物性乳酸菌の特徴は他の細菌と共存することにより
胆汁胃酸などの影響を受けにくいため
小腸だけでなく大腸まで届きやすくなります。

大腸まで届くことで腸内環境が改善されて
体に良い効果が得られるわけです。

一方の動物性乳酸菌の特徴は他の細菌とは共存せず、
単独で生きる乳酸菌なので

胆汁胃酸などに弱くほとんどが腸まで届かず
分解されてしまうのです。

分解されて死滅してしまった乳酸菌
以前は何の効果もないと言われていましたが

最近では効果があるというのが一般的です。

死滅した乳酸菌は、食物繊維と同じような働きをします。
生きた乳酸菌によって活性化した善玉菌が退治してくれた
悪玉菌を吸着し、外へ排出する役割があります。

なので動物性乳酸菌はとっても意味がないわけでは
ありません。

ただヨーグルトなどを食べても腸内環境が変わらない
(お腹の調子が変わらない)という場合は

植物性乳酸菌をとることで劇的に変わるという人もいます。
(私もその一人です)

またどちらの乳酸菌を摂るかではなく、
植物性と動物性乳酸菌両方摂ることで
さらに腸内環境が良くなる可能性が高くなります。

スポンサードリンク

ぬか漬けの栄養成分

ぬか漬けには乳酸菌以外にも
ぬか漬けの主な材料である「ぬか」に
その栄養バランスの秘密があります。

ぬか漬け④

ぬか」は玄米から白米に精米するときに取り除かれる
胚芽表皮の部分のことを指しそこには米のビタミン
ミネラルのおよそ95%が含まれているといわれています。

この「ぬか」を発酵させて作る「ぬか床」は、
たんぱく質、脂質、食物繊維、ビタミンA、B1、B2、B6、E、
ナイアシン、カルシウム、リン、鉄
などの栄養素の宝庫でもあります。

唯一含まれないビタミンCも、
ぬか漬けにする野菜から摂取することができます。

ここでポイントになるのが、熱に弱いビタミン類ですが
野菜をそのまま食べられるぬか漬けは、

一品でほとんどの栄養素が偏りなく摂れる
バランス栄養食なのです。

さらにうれしいことにぬか漬けの効果により
野菜に含まれる栄養も倍増するのです。

お野菜をぬか床にいれると、浸透圧で野菜の水分が抜け、
ぬか”に含まれる栄養分を吸収します。

そのため、生野菜よりビタミン含有量が増えるのです!

特に大根は栄養素の吸収が良く、ぬか漬けの大根は
生の大根と比べると

●ビタミンB1  16倍
●ビタミンB2   4倍
●ビタミンB6   6倍
●カルシウム   2倍
になるというデータもあります。

その他の野菜でも、水に溶けやすいという性質の
ビタミンB1の含有量は3~10倍に増えるそうです。

代謝を助け、皮膚と粘膜の保護に欠かせない
ビタミンB群が増えるのはとても魅力的ですね。

特にビタミンB2ビタミンB6と一緒に摂るとこで
肌の再生力がアップし美肌効果が高まります。

ぬか漬けの酵素パワー

ぬかには多くの酵素も含まれています。

実は、このような体内で起こる呼吸や脈拍、
筋肉を動かすなどあらゆる生命活動の全てを
酵素が担っています。

酵素には種類があり

●「消化酵素」
●「代謝酵素」
●「食物酵素」の3つが存在します。

そのうち、食べ物を分解する役割の「消化酵素」と
栄養素を利用して体の修復や再生をする役割の
代謝酵素」の2つが、元々体に存在している酵素です。

特に「代謝酵素」は、正常に臓器を働かせるなど、
主となる生命活動の全てに関わっています。

免疫力を向上させる作用があり、病気予防の効果のある酵素です。
どちらも生命活動には欠かせません。

そして体内にはなく、生の食べ物や発酵食品で
摂取できるのが「食物酵素」であり、

元々消化機能が備わっていて体内での消化や吸収を
助けてくれる働きがあるので体内(消化・代謝)酵素の
節約が可能になります。

しかし食物酵素は熱に弱く48度以上の熱で破壊されて
しまいますが、

ぬか漬けは生の状態で摂取することができるので
体内に酵素を取り込むことができるのです。

また、体内で酵素を作り出す能力は、40代の頃から
急速に低下すると言われています。

体内の酵素が減少するとともに老化が
促進
されてしまうため

普段から疲れやすい方は酵素のバランスが悪い
可能性があります。

野菜ではレタス・キャベツ・ニンジン・セロリなどに
多く酵素が含まれています。

ぬけ漬けではキャベツやニンジンで利用できそうですね。
「ぬか」と「野菜」の酵素のダブルパワーが期待できます。

ぬか床をまぜると手もつるつるの美容効果

これは米油と呼ばれる米糠に含まれる油のおかげです。
この油は油とは思えないくらいとてもサラサラした油です。

保湿効果も高く、手荒れや肌荒れ予防の強い
味方にもなります。

もちろんお米由来なので肌にやさしく安心です。

このため、ぬか床を混ぜているとハンドクリームが
要らなくなるという人もいます。

但し、ぬか床には塩分も含まれていますので、
塩分に弱い方はお気をつけください。

ぬか漬けを作ってみたいと思った方は
ぬか床・ぬか漬けのおいしくて簡単な作り方!カビや酸っぱい、水っぽい時の対処法は?
を参照してくださいね。

まとめ

ぬか漬けは、
○身体の重要な働きをする腸を活性化させる植物性乳酸菌
○バランスの取れた栄養素
○それを働かせる命の源となる酵素

これからを一度にとれるなんとも魅力的な食べ物です!

毎日、ぬか漬けを混ぜて、身体の内側からも外側からも
美しく健康になりましょう!

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ