血液ドロドロの主な原因はサラダ油!リノール酸やトランス脂肪酸の摂り過ぎに注意!

18dd632569f52a706696d829b4b08df1_s

血液がサラサラドロドロという言葉を
良く聞くことがあると思いますが

血液ドロドロ状態が長く続くと高血圧糖尿病
また、動脈硬化から心筋梗塞脳梗塞といった
命にかかわる病気にかかることもあります。

ドロドロになる原因はいくつか考えらえますが
一番の問題は油の摂り過ぎです。

特に体に悪いサラダ油を知らないうちに
過剰に摂っている可能性があるので注意が必要です。

スポンサードリンク

血液ドロドロの原因

血液がドロドロになる原因は
ご存知の方も多いと思いますが

●運動不足
●アルコールの摂り過ぎ
●タバコの吸い過ぎ
●油分の摂り過ぎ
●野菜・魚の不足
●ストレス

などが挙げられます。

特に忙しいサラリーマンは
運動ができなくて、バランスの良い食事ができずに

仕事が忙しくてストレスが溜まるため、
タバコやアルコールを摂り過ぎるという

全てが当てはまる人が多いので注意が必要です。

ただ最近では血液ドロドロの子どもが多いのを
ご存知でしょうか?

40年前に比べると肥満児の数女子2倍
男子3倍に増えていると言われて

血液ドロドロの人がかかりやすい糖尿病
動脈硬化などの病気を患っている子どもも
近年急激に増えています。

となると小さな子どもは飲酒や喫煙をしないですし、
大人も以前と比べると飲酒の習慣や喫煙を
している人は減っています。

※喫煙者数は約40年前と比べると男性は1/3以下に減っています。

このようなことを考慮すると油の摂り過ぎや野菜や
魚不足といった偏った食生活に問題があるといえます。

そしてこのような食生活をしていて運動を全くせず
ストレスが溜まるような生活を送っているとさらに
血液がドロドロになりやすくなってしまいます。

スポンサードリンク

血液ドロドロはサラダ油の摂り過ぎの理由

amani-abura

では食生活とはいってもどのような食習慣が
体に悪いのかというと

一番の問題はサラダ油などの体に悪い食用油の摂り過ぎです。

サラダ油がなぜ体に悪いのかは
サラダ油の危険性!ガンや認知症、アレルギーなどの原因に!おすすめの食用油は?

をご覧いただきたいのですが、簡単説明すると

サラダ油は菜種、大豆などの植物から抽出されるで
健康的なイメージがあるのですが、

実際は全く逆で体に悪い理由がいくつか挙げらえます。

まずサラダ油にはリノール酸が多く含まれていて
大量に摂らなければ健康に良い面もあるのですが

過剰に摂取してしまうと血液を凝集する
働きがあるため、

血液がドロドロになり血栓ができやすくなって
脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めることになります。

※サラダ油以外の食用油にもリノール酸が含まれいる
油は多いですが、サラダ油はリノール酸の割合が
他の油よりも高いです。

サラダ油が危険なのはそれだけではありません。

油の抽出する際に高温で処理するのがサラダ油の
特徴ですが、そのことにより

●原料の栄養成分が失われてしまう
●トランス脂肪酸が発生する
●トランス脂肪酸以外の身体に悪影響を及ぼす物質が発生
などの問題が挙げられます。

 

最近はえごま油ココナッツ油オリーブオイルなど
健康に良いと言われる食用油が注目されて人気があるので

自分はそんなにサラダ油を摂っていない」と
思うかもしれませんが、

実は知らないうちに加工食品や外食などでサラダ油を
過剰に摂っている可能性があります。

加工食品の原料にサラダ油なんて見たことないけど?
と思うかもしれませんが

マーガリンショートニング植物(性)油脂食用精製加工油脂
食用植物油、加工油脂、などと表示されているものは
ほとんどがサラダ油を原料にしています。

植物油脂」と書いてあると植物性だから健康に良さそうと
思うかもしれませんが、健康に悪いサラダ油の別名にすぎません。

では植物油脂が含まれている食べ物はお肉を加工した
冷凍食品などに含まれていると勘違いしやすいですが

菓子パンやお菓子(クッキー、チョコレート、ポテトチップスなど
ほとんどのお菓子)、レトルトカレー、インスタントラーメン、
パスタソースなどのレトルト食品など多くの加工食品に
含まれています。

また勘違いしやすいのが喫茶店などでミルクと
言われる「コーヒーフレッシュ」や

アイスクリーム類で一番手軽に買える
ラクトアイス」は牛乳がたっぷり入っていると
思っているかもしれませんが

あれは技術で白く見せているだけでミルクの代わりに
サラダ油を使用しているのです。

そしてコンビニやスーパー、ファーストフード、
ファミリーレストランなどで出る揚げ物も問題あります。

唐揚げ、コロッケ、メンチカツ、フライドポテトなどの
揚げ物にはサラダ油がたっぷりしみ込んでいます。

またコンビニなどでは「サラダも一緒に食べているから
大丈夫」と思っている人も多いかもしれませんが

サラダにかけるドレッシングやマヨネーズもほとんど
サラダ油でできています。

ただこのような食べ物も食べる時間が無い人に
とっては、手軽に食べることができることで

腹を満たしてパワーが出たり、集中力が出るので
絶対に食べてはいけないとは言いません。

ですが日中に加工食品やサラダ油で揚げた
総菜やお弁当を食べて、夜になって家に帰ってからも

サラダ油で調理したものやマヨネーズをかけた
食べ物を食べているとなるとかなりの油の量を
摂取していることになってしまいます。

そのためにも家ではりえごま油など体によいと言われる
食用油を使用して欲しいのですが価格が高いので

手頃な価格で買えるサラダ油が一番売れているという
現状です。

まあテレビであんなにCMに出ているサラダ油が
健康に悪いなんて想像できないというのもありますね。

でも大手スポンサーの商品をテレビ番組で批判することは
絶対にありません。

日本はトランス脂肪酸の摂取量が少ないから
問題ないと食品安全委員会では言っているようですが

それは昔のような和食中心の食生活を送っている人に
当てはまることです。

トランス脂肪酸の摂取量を国際機関では
総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告をしています。

日本人が一日に消費するエネルギーは
平均で約1,900 kcalなので

平均的な活動量の場合には
一人一日当たり約2グラム未満が目標量に相当します。

食品安全委員会
「日本のトランス脂肪酸の摂取量は平均1.56g」=だから安全

現実
「ファーストフードのフライドポテトMサイズ(135g)で
トランス脂肪酸4.55g

当然ポテト以外の食べ物にもトランス脂肪酸が含まれている
食べ物はたくさんあるので、1.56gという数字はどこから
来ているのかわかりませんが

おそらく40~50年前のことを言っているのではないでしょうか?

フライドポテトはマクドナルドやロッテリアなどの
ファーストフードだけでなく、

コンビニやスーパー、ファミレスやお弁当などでも
食べるので、1日に何百万人が食べています。

もちろんそれだけでなく、他にも色々な加工食品も食べますし
コーヒー飲むときにコーヒーフレッシュを使用して

デザートにラクトアイスなんて食べたら本当に油だらけです。

下記の記事では血液をサラサラにする栄養成分や
食べ物、飲み物を紹介しているので参考にしてくださいね。

血液サラサラにする栄養成分と食べ物や飲み物は?ドロドロの原因サラダ油から健康油へ!

まとめ

このようにサラダ油を知らないうちに過剰にとってしまうことにより
リノール酸も過剰にとってしまい、血液がドロドロになるのと

トランス脂肪酸の摂り過ぎで多くの病気を招いてしまうという
2つの問題があります。

最近では健康に良いと言われる食用油も注目されていますが
まだまだ売れているのは安いサラダ油です。

食費を抑えて生活している人にサラダ油をやめなさいとは
いえないですが(それでも健康のためにはやめてほしいですが)

せめてファーストフードやファミレスなどの外食が多い人や
コンビニやスーパーのお弁当や惣菜、加工食品を
食べる機会が多い人で全く運動をしないような人は

せめて家庭で使用する油を健康に良い食用油に変えるようにしましょう。

詳しくは食用油の種類とおすすめ、えごま油、ココナッツオイル、オリーブオイルの違いは?

をご覧ください。

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ