血液サラサラにする栄養成分と食べ物や飲み物は?ドロドロの原因はサラダ油!

あなたの血液はサラサラですか?それともドロドロですか?

ドロドロといっても本当に血液がドロっとして、
スムーズに流れない状況ではなく

血栓ができたり、赤血球白血球などが増えたり、
粘着性をもつことで血管の中を血液が通りにくくなる
状態をいいます。

また血液だけでなく血液を通す毛細血管が老化して
細くなっている状態でも血液は流れにくくなります。

血液ドロドロの状態が長く続くと
頭痛、頭重感、めまい、耳鳴り、
手足の冷え、体のだるさ、頭痛、めまい、
肩こり、肌荒れ、抜け毛、

重症だと動悸、呼吸困難、胸痛、むくみや夜間尿
なる場合もあります。

このような状態で病院に行ってみると

高血圧糖尿病動脈硬化と診断されたり

そこから心筋梗塞脳梗塞など命に関わる病気になる
リスクも出てきます。

血液がドロドロになる原因は様々ありますが
特に影響を受けるのが食生活です。

今回は血液をサラサラにする栄養成分を取り上げて
おすすめの食べ物や飲み物を紹介します。

スポンサードリンク

血液をサラサラにする栄養成分

血液をサラサラにする栄養成分はいくつかあります。

①EPA・DHA・αリノレン酸

これらはオメガ3系脂肪酸の一種で

EPAは血液を固まりにくくし、血管をしなやかに
DHAは赤血球や細胞膜や血管壁を柔らかくします。

その他EPA高脂血症を改善、DHA血中コレステロール
抑制します。

αリノレン酸はえごま油などの食用油に多く含まれていますが
一部(10%程度)がEPADHAに変化します。

②抗酸化成分

抗酸化成分は老化の原因となる活性酸素を除去することで
血液や血管を健康にしてくれる作用がありますが
たくさんの種類があります。

水溶性の抗酸化成分:ビタミンC,水素水
脂溶性の抗酸化成分:ビタミンE,リコピン、アスタキサンチン、コエンザイムQ10

水溶性と脂溶性の中間の構造があるのがポリフェノールです。
※ポリフェノールだけで何百種類があります。

ポリフェノールの代表的なものは
●大豆イソフラボン
●アントシアニン(ブルーベリーなどの果物)
●カテキン(緑茶)
●ルチン(ルチン)
●カカオポリフェノール(チョコレート)
●グリナン(ごま)
●ケルセチン(タマネギ)
などたくさんあります。

これらの抗酸化成分のうち抗酸化作用以外にも
血液をサラサラにする作用があると言われているのは
●ビタミンE
●大豆イソフラボン
●ケルセチン

などが挙げられます。

③ナットウキナーゼ
名前の通り、納豆だけに含まれる栄養素です。
血栓を予防し血液をサラサラにする効果があります。

その他にも高血圧の予防や改善、
脳梗塞心筋梗塞を防ぐ効果が期待されます。

④クエン酸・酢酸

クエン酸や酢酸は赤血球をやわらかくすることで
形を自在に変えられるようになり血液が流れやすくなります。

⑤食物繊維

腸をきれいに掃除してくれる成分。
コレステロールの吸収を抑制することで
血液がサラサラになる。

不溶性食物繊維も効果はありますが
水溶性食物繊維の方がより効果があります。

⑥オレイン酸

オリーブオイルなどのオメガ9系脂肪酸の
食用油には血液をサラサラにするオレイン酸が
豊富に含まれています。

オレイン酸はこの他にも

●悪玉(LDL)コレステロールを減少させる
● 動脈硬化・心筋梗塞を予防する
●便秘解消

などが期待されています。

⑦Tie2(タイツー)

Tie2は毛細血管の外側と内側の細胞を
くっつける成分で、

Tie2を活性化させることで
毛細血管を丈夫にしたり、老化を防ぎます。

このように血液をサラサラにするには
血液の状態を改善する成分と毛細血管を丈夫に
することが必要です。

スポンサードリンク

血液をドロドロにするサラダ油からサラサラにするオイルへ交換

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s

血液をサラサラにするには、上記で紹介した栄養成分を
取る以外に血液をドロドロとする食べ物を避けることが
必要です。

詳しくは血液ドロドロの主な原因はサラダ油!リノール酸やトランス脂肪酸の摂り過ぎに注意!
を参照していただきたいのですが

まず血液がドロドロになる最大の原因はサラダ油(植物油脂)の摂り過ぎです。
サラダ油に含まれるリノール酸の過剰摂取は血液を
ドロドロにしますし、トランス脂肪酸の悪影響も心配です。

最近は健康油のブームでサラダ油を控える人も多くなって
きましたが

加工食品や外食で知らないうちに過剰の
サラダ油(植物油脂)を摂取しているので
せめて自宅では体に良い食用油を使用しましょう。

血液をサラサラにする脂肪酸はオメガ3系脂肪酸
中でもDHA,EPAでしたね。そしてαリノレン酸の一部が
DHAEPAに変換します。

そしてもう一つはオメガ9系脂肪酸の一種である
オレイン酸です。

食用油を選ぶ際にはαリノレン酸が多く含まれているもの、
オレイン酸が多く含まれているものを選びましょう。

αリノレン酸が多い食用油は
●えごま油
●亜麻仁油
●グリーンナッツオイル(別名インカインチオイル
●チアシードオイル

などがありますが

一番おすすめはチアシードオイルです。

その理由はチアシードオイルαリノレン酸の含有量が
一番多い
のと、抗酸化成分で血液サラサラ効果のある
ビタミンEが多く含まれています。

またαリノレン酸は熱に弱いのでえごま油亜麻仁油
生で使用することがおすすめですが

チアシードオイルビタミンEが酸化を防いでくれるので
熱にも強く、サラダ油の代わりとして使用できるからです。

グリーンナッツオイルビタミンEが豊富ですが
αリノレン酸の含有量がこの中では一番少ないです。

そしてオレイン酸が多い食用油はオメガ9系脂肪酸と言われる

●オリーブオイル
●アボカドオイル
●アーモンドオイル
などがありますが

おすすめはアボカドオイルです。

 

原料のアボカドといえば「世界一栄養価の高い
果物」としてギネスに載るほどの食べ物です。

アボカドオイルのオレイン酸の含有量は
オリーブオイルと変わりありませんが

ビタミンEがオリーブオイルの倍以上
含まれています。

またこれも血液サラサラに効果がある
食物繊維も多く含まれているという点も
おすすめの理由です。

オメガ9系脂肪酸の食用油は熱に強いので
サラダ油の代わりになるのもうれしいですね。

チアシードオイルやアボカドオイルが手に入らない場合は
比較的手に入りやすいえごま油を生で使用して

炒め物や揚げ物はオリーブオイルを使用しても
良いでしょう。

血液サラサラにする食べ物

 

①アジ、サバ、イワシなどの青魚
DHAEPAが多く含まれている。

②納豆
ナットウキナーゼ
や抗酸化成分の
大豆イソフラボンにも血液サラサラ効果が。

③タマネギ
抗酸化成分のケルセチンに血液サラサラ効果が
あります。

また、流行りの酢タマネギには酢のクエン酸酢酸
タマネギのケルセチンのダブル効果が期待できます。

④もち麦
もち麦は大麦の一種で、もともと水溶性食物繊維
多く含まれている大麦の中でも一番豊富に含まれていますし

血液サラサラ効果のあるビタミンEも含まれています。

白米しか食べていない人は是非もち麦を3割程度
混ぜて食べてみてください。

もち麦はとても食べやすいのですぐに慣れますよ。

その他に水溶性食物繊維が多い食べ物は
ワカメ、もずく、のり、昆布といった海藻類です。

⑤クルミ

クルミはαリノレン酸ビタミンEが豊富で
ナッツ系では断トツでαリノレン酸ビタミンE
多く含まれています。

その他にもポリフェノールも多く含まれているので

ナッツ類では健康に良いと言われるアーモンドよりも
血液サラサラにはクルミがおすすめです。

⑥スーパーフード
今流行りのスーパーフードの中で血液サラサラに
おすすめなのが
タイガーナッツ:オレイン酸、ビタミンEが豊富
ゴールデンベリー:ビタミンEやCが豊富
ヘンプシード:αリノレン酸・食物繊維が豊富
チアシード:αリノレン酸・食物繊維が豊富

など挙げられます。

以前世界一受けたい授業でゴールデンベリー
ドライフルーツ(20粒)を食べて2日間で

血液がドロドロからサラサラに変わった実験が
紹介されていました。

⑦シナモン
Tie2(タイツー)
を活性化させる
代表的な食べ物はシナモンです。

血液をサラサラにする飲み物

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

①ルイボスティー

血液をサラサラにしてくれる飲み物の中で
代表的なものはお茶ですが

そのお茶の中で一番のおすすめはルイボスティーです。

シナモンと同様にTie2を活性化する働きがあり
毛細血管を丈夫にしてくれます。

ルイボスティーにシナモンをかけるのも良いですね。

その他にもタマネギに多く含まれるケルセチン
SOD様酵素といった抗酸化成分もたくさん
含まれているので、

血液をサラサラにするのに効果的な飲み物です。

またノンカフェインなので、妊婦さんやお子さんにも
おすすめできます。

ルイボスティーの味が苦手という方は緑茶
カテキンも強い抗酸化作用があるので
血液をサラサラにしてくれます。

②黒酢

お酢にはクエン酸酢酸が含まれていて血液を
サラサラにする作用がありますが

その中でも一番おすすめなのが黒酢です。

黒酢の酢酸が体に吸収されて細胞に入ると
アデノシン」という物質が体内に分泌されますが

このアデノシンには血管を膨張さぜる効果があり
全身の血液の流れを良くするので

血圧の上昇を抑えることがわかっています。

その他にもアミノ酸の一種であるアルギニン
血管を拡張させる働きがあります。

熱中症や運動などで大量に汗をかいたときは
血液がドロドロの状態になっていますので

日頃あまり水分を摂らない方はこまめに
水分補給をしましょう。

まとめ

近年動脈硬化や糖尿病、高血圧が増えていますが
多くの人が血液ドロドロの状態です。

これを解決するには今回紹介した血液をサラサラにする
食べ物や飲み物を摂ることも大切ですが

血液ドロドロの原因のひとつであるサラダ油の過剰摂取を
避けて、健康に良い油を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ