レモン酢の驚く効果や効能!ダイエットにもおすすめの栄養成分とは?

55f5457c701b88e9816e0cb40e7f6d9d_s

レモン酢は最近テレビなどでも紹介されて注目されている
フルーツ酢です。

レモンと酢はともに健康や美容に良いので
レモン酢もなんとなく体に良いのはわかるのですが、

具体的にどのような効果があるのか、
またダイエットにも良いと言われていますが
その理由について紹介します。

レモンとお酢の主な栄養成分

レモンと酢にはそれぞれ豊富な栄養成分が含まれています。

レモンの注目すべき栄養成分は
●抗酸化成分のビタミンC
●酸っぱいと感じるクエン酸
ポリフェノールの一種であるフラボノイド類
エリオシトリンヘスペリジン
●香り成分のリモネン
食物繊維

などが挙げられます。

そして一方のお酢は黒酢、米酢、りんご酢など
たくさん種類がありますが

●タンパク質を構成しているアミノ酸
●主成分の酢酸
酢酸は体内に取り込まれるとクエン酸などに
変化します。

などが共通に含まれている栄養成分です。

レモン酢のお酢はどのお酢を使用しても
良いですが、

より美容や健康の効果を期待するならば
黒酢リンゴ酢をおすすめします。

そしてこのレモンをお酢に漬けることで
生み出される効果は本当にすごいのです!

お酢に含まれる有機酸には体のエネルギーを
作り出す働きがあります。

このエネルギー産生システムを「クエン酸サイクル」と
言います。

クエン酸サイクルが適切に働くと代謝が活発になり、
疲労回復肥満の予防に、また血流の改善
免疫力にも良い影響を与えます。

同様の機能性はレモンにもあります。

またレモンに豊富に含まれるビタミンC
熱に弱いだけでなく、体内に吸収したときに

酵素などの働きによって壊れやすい性質を
持っています。

しかしお酢にはそのビタミンCを壊す酵素の
働きを抑える作用があるのです。

つまりレモン酢にはビタミンCがそのままの形で
吸収されやすい状態で含まれているというわけです。

スポンサードリンク

レモン酢の健康や美容に関する効果や効能

①動脈硬化の予防

レモンの皮のすぐ下にはフラボノイド類の
エリオシトリンヘスペリジンが豊富に含まれていて

病気や老化の原因となる活性酸素に対する力
(=抗酸化作用)が非常に強い成分です。

これらの成分が動脈硬化の一因と言われている
活性酸素を除去して、血管をしなやかにする
働きがあります。

②高血圧の予防

レモンのフラボノイド類により動脈硬化が改善され
血管壁がしなやかになると

血液を流すためによけいな力をかける必要が
なくなります。

また酢に含まれるアデノシンには血管を拡張する
(血液をサラサラにする)作用があります。

レモン酢はレモンとお酢の相乗作用で
血圧を正常化する働きがあるので

高血圧の方におすすめです。

③コレステロール値を減らす

レモンのエリオシトリンヘスペリジンなどの
成分には悪玉コレステロールの酸化を抑える
働きや、

コレステロールの過剰な上昇を抑える作用があります。

またお酢にもコレステロールを減らす働きがあります。

④疲労回復

レモンと酢に共通する酸味成分であるクエン酸には
代謝を上げて疲れた体を回復させる作用があります。

⑤美肌効果

レモンに含まれるビタミンCは肌にハリを保つ
コラーゲンの合成を促進します。

またビタミンCはシミのもとであるメラニン色素
合成も抑える働きや

抗酸化成分でもあるので活性酸素の急増を
抑えることによってシミしわたるみなどの
予防効果もあります。

またお酢にはアミノ酸が豊富に含まれています。
※特にアミノ酸が多く含まれているのは黒酢です。

肌のうるおいを保つ天然の保湿成分の約40%は
実はアミノ酸です。

さらに肌のハリや弾力に重要なコラーゲン
アミノ酸で構成されています。

しかもお酢に含まれているプロリン、アラニン、
グリシン
といったアミノ酸には

コラーゲンの主成分でそれぞれ美肌効果があると
言われています。

これらのアミノ酸からコラーゲンを合成するのが
ビタミンCです。

また酢酸にはビタミンCの破壊酵素の働きを弱める作用
新陳代謝を盛んにして肌の老廃物を残さない為
シミ・しわが出にくいといった美肌効果もあります。

こちらもレモンとお酢のダブルの美肌効果が
期待できますね。

その他テレビや雑誌などで紹介された効果として

●耳鳴りがなくなった
●座骨神経痛の激痛が消えた
●肩こりが治った
●疲労からくる頭痛がなくなった

なども挙げられていました。

もちろんレモン酢だけで治ったり、
回復したわけではないと思いますが

今まで体に足りなかった必要な栄養成分を
ひんぱんに摂るようになったことで

体に良い影響をもたらしたと考えられます。

レモン酢のダイエット効果

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

レモンで注目されている成分が先程から
何回か紹介しているレモンに含まれる

ポリフェノールの一種であるエリオシトリンです。

この成分には脂肪吸収を抑制する働き
血液中の中性脂肪を減少させる
期待されています。

そしてお酢にもダイエット効果があるのを
ご存知でしょうか?

お酢に含まれる「酢酸」には
脂肪の合成を抑えてさらに脂肪の燃焼を促す作用が
あることがわかっています。

ミツカンの研究では12週間1日大さじ1杯(15ml)
をとることで内臓脂肪が減り

皮下脂肪も減る傾向が見られています。

ただレモン酢について詳しい人は
「レモン酢の材料には氷砂糖があるので

いくらレモンやお酢にダイエット効果のある
成分が含まれているからといって

氷砂糖を入れることで効果がなくなるのでは?」
と思うのではないでしょうか?

実はお酢と氷砂糖の組み合わせもとても良いです。

お酢に含まれるアミノ酸は糖によってピルビン酸という
物質に変わります。

ピルビン酸は代謝のカギになる有機酸なので
これによって代謝が活発になります。

糖分を気にしてレモン酢に氷砂糖を入れない
という人もいるようですが

やせるために氷砂糖を入れると思ってください。

どうしても糖分を入れることに抵抗がある人は
氷砂糖の分量を減らてみましょう。

またお酢だけを摂るよりも氷砂糖の溶けた
お酢を取った方が疲労の原因物質の乳酸の

分解速度が速くなってすぐに疲れが取れるという
効果もあります。

全く氷砂糖を入れないとなると今度は酸っぱすぎて
飲みにくくなってしまいますし

氷砂糖のおかげでおいしいレモン酢になるので
きちんと入れて作りましょう。

レモン酢の作り方は下記を参照してください。

レモン酢のおいしい作り方と飲み方、アレンジレシピも紹介します!

まとめ

レモン酢は単にレモンやお酢のそれぞれの
効果が期待できるというのではなく

一緒になることで健康や美容、ダイエットの
相乗効果が期待できるのと、

レモンを食べるだけでは吸収しにくい
栄養成分をお酢が吸収しやすくするなど
相性の良い組み合わせです。

作り方も簡単ですのでぜひ一度
飲んでみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ