バナナ酢のおいしい作り方と飲み方!黒バナナ酢がおすすめの理由は?

7e0e3afa34e85b680880eeb5b66db3fe_s

最近は「レモン酢」などのフルーツ酢が人気あるようですが
昔から定番といえば「バナナ酢」ですね。

とても飲みやすくて、美容や健康、ダイエット効果があると
言われていている「バナナ酢」のおいしい作り方や
飲み方、アレンジレシピを紹介します。

スポンサードリンク

おいしいバナナ酢の作り方と保存期間について

準備するもの

バナナ100g(1個半から2個くらい)
 :200ml 純米酢、玄米酢、黒酢、
リンゴ酢などお好きなお酢で
氷砂糖180g

※氷砂糖の代わりに黒砂糖、上白糖、キビ砂糖などでも
良いですが、その場合は沈殿しやすく溶けにくいので
こまめにかき混ぜるようにしましょう。

広口の保存瓶1本電子レンジ対応の耐熱ガラス瓶を
用意しましょう。

バナナ酢の作り方

①バナナの皮をむいて幅2cm程度の輪切りにする

②広口瓶に切ったバナナ①と氷砂糖もしくは黒砂糖などを
 入れてお酢を注ぐ

③瓶のフタをしないで、電子レンジで加熱します。
●500Wなら40秒程度
●600Wなら30秒程度
●750Wなら25秒程度にします。

この程度の加熱であればまだ氷砂糖は溶けません。

⑤電子レンジから瓶を取り出してフタをします。
常温に置いておけば翌日から飲むことができます。

バナナ酢は常温で1年間保存が可能です。

※ただし気温が高い時期は冷蔵庫で保存するのが
おすすめです。

電子レンジを使用するのは完成までの時間を
短縮するからですが、

●電子レンジがない(という家庭もあるかもしれません)

●たくさん作りたいから大きい瓶が電子レンジに
入らない(これは私です)

という場合は3日ほど常温で置いておけば
飲めるようになります。

※私の場合作ったのが冬だったので
暑い時期は2日でも良いかもしれません。

スポンサードリンク

黒バナナ酢がおすすめの理由

83a36b3ae19556f518e36e91b11c3d03_s

黒バナナが体に良い理由

黒バナナをご存知ですか?
これは熟成すると皮が黒くなったバナナのことを
いいます。

通常の黄色いバナナとの違いは酵素の力で
酵素は代謝を高めるために必要な成分です。

代謝の働きは
●食べ物から得た栄養素をエネルギーなどに変える
●傷ついた細胞を修復する
●不要な物を体外に排出したりする

などですが、代謝が正常に働くには酵素の力が必要です。

酵素は体内でも日々生成されますが、
加齢や最近よく言われる食生活の乱れなどにより

酵素の量は20歳をピークに年々と減少していきます。

最近「疲れやすい」「お酒が昔より体に残る」という場合は
酵素不足かもしれません。

普通のバナナにも酵素は含まれていますが
発酵が進むことで、酵素の含有量はどんどん
増加していきます。

バナナの皮が黒ければ黒いほど酵素が多くなります。

一説には熟成を通じて酵素の量が10~100倍にも
なると言われています。

さらに黒バナナは熟成しきって細胞膜が
壊れやすくなっているので

そのまま食べるだけで細胞内の酵素が体内に
吸収されやすくなります。

黒バナナをそのまま食べても良いのですが
おすすめなのが「黒バナナ酢」です。

作り方は先程のバナナ酢と一緒ですが

材料は黒バナナ黒砂糖黒酢をおすすめします。

黒砂糖が上白糖(白砂糖)よりおすすめの理由

黒砂糖にはカルシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、マグネシウムなど
ミネラルが多く含まれています。
(通常の白砂糖は栄養がありません)

その他にも黒砂糖には

オクタコサノール疲労回復や持久力を高める効果
フェニルグルコシド糖の吸収を抑制する働き

などの成分が含まれています。

黒砂糖が「糖の吸収を抑制する」ということは
ダイエットにも効果があるといえますね。

それだけでなく上白糖(白砂糖)に比べて
血糖値の上昇を緩やかにする効果

コレステロールの上昇を抑える働きもあると
言われているので生活習慣病の対策としても
向いています。

黒酢がおすすめの理由

お酢には色々な種類もありますが、黒酢
おすすめなのは、黒バナナや黒砂糖と
黒つながりだからという理由ではありません(笑)

黒酢は他の酢と比べるとタンパク質のもととなる
アミノ酸がとても豊富

特に体内で生成できない必須アミノ酸9種類のうち
8種類が含まれています。

アミノ酸の種類には
①基礎代謝を上げる効果があり体内に溜まった脂肪を
エネルギーとして燃焼してくれる(ダイエット効果)

②コラーゲンの主成分になる(美肌効果)

③血流の改善(=血液サラサラ)の効果(健康効果)

といったダイエット美容健康に良い成分があります。

それ以外にも他の酢と比べるとビタミンミネラル
多く含まれていますし、

最近注目されているのが黒酢に含まれるアポトーシス
ガン細胞を抑えると期待されるなど

多くの効果や効能が期待されています。

ただ黒酢もピンキリですので本物の良い黒酢を
選ぶようにしましょう。

詳しくは:黒酢の効果効能がスゴイ!ダイエットや美容、健康に良い理由と飲み方や本物の選び方

このように黒バナナ、黒砂糖、黒酢には
それぞれ通常の物よりも多くの効果効能があるので

3つが一緒になることで通常の「バナナ酢」よりも
黒バナナ酢」の方が健康や美容、ダイエットに
関して相乗効果が期待できます。

バナナ酢のおすすめの飲み方やアレンジ法

一般的なバナナ酢の飲み方は水に薄めて飲む
方法ですが、

それ以外のおすすめの飲み方やアレンジを
紹介します。

①バナナ酢炭酸水割り

炭酸水を飲むと炭酸の刺激で胃が動き、
腸のぜん動運動を促して便通が改善されます。

そして腸内の排せつ物がスムーズに出るので
デトックス効果も期待できるのですね。

さらに炭酸水を飲むと胃が膨らみ食べ過ぎを
防ぐことができるのでダイエット効果もあるのです。

バナナ酢には甘さがあるので炭酸水は糖分なしでも
十分においしいですよ。

②バナナ酢牛乳割り

牛乳(コップ1杯)にバナナ酢大さじ1杯を入れると
飲むヨーグルトのようにまったりとした状態になります。

牛乳にお酢を加わることでカルシウムの吸収率が
アップすると言われているので、

「カルシウム不足かな?」という方におすすめです。

③バナナ酢ヨーグルト

ヨーグルト(適量)にバナナ酢(大さじ1杯)をかけるだけです。
バナナ酢の甘みとヨーグルトの酸っぱさがとてもマッチしています。

こちらも砂糖入りのヨーグルトではなく
プレーンヨーグルトで食べるようにしましょう。

④バナナのジャムとして

こちらはバナナ酢の液体の部分ではなく
漬けているバナナを使用します。

2週間くらい漬けたバナナを取り出し
電子レンジ600Wで2分程度加熱すると

簡単にバナナジャムができあがります。

トーストに塗ったり、ヨーグルトなどに入れても
おいしく召し上がれます。

その他にもドレッシングの代わりにサラダにかけたり
マリネにかける三杯酢の代わりにバナナ酢を使ってみるのも
おすすめです。

まとめ

バナナ酢は健康や美容、ダイエットに良く、
簡単に作ることができ、色々な飲み物や食べ物にも
アレンジしやすいので、

最近疲れている方や肌の調子が悪い方などに
ピッタリの飲み物です。

特におすすめなのが黒バナナや黒砂糖、黒酢を
材料にした「黒バナナ酢」です。

通常のバナナ酢よりもさらにパワーアップした効果を
期待できますので

ぜひ作って飲んでみてくださいね。

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ