グラスフェッドバターとは?栄養成分とダイエット効果、普通のバターとの違いについて

aec35a7e0e35f18715ad820444f7c479_s

最近注目されているグラスフェッドバター
ご存知でしょうか?

ダイエットに効果があると言われている
バターコーヒーにも使用されていますが、

どのような栄養成分が含まれていて
なぜダイエットに効果があるのか?

また普通のバターの違いや
購入先についても紹介します。

スポンサードリンク

グラスフェッドバターとは?普通のバターとの違いについて

グラスフェッドバターとはグラス(草)フェッド(与えられた)
という意味で、

つまりエサが牧草だけで育った牛(グラスフェッドビーフ)の
乳から作られたバターのことを言います。

さらにグラスフェッドビーフ成長ホルモン剤
過剰な抗生物質の投与を行わないで育てているので
安全で栄養たっぷりのおいしいバターができるのです。

えっ?牛のエサって牧草だけじゃないの?」と
思う人も多いかもしれませんが

日本の牛は一般的には遺伝子組み換えをした
危険性の高いトウモロコシなどの穀物を与えて育てています。

そのため一般的なバターはグレインフェッドバター
と呼ばれています。

グレイン=穀物、フェッド=与えらえた
つまり穀物を与えて育った牛の乳から作られたバターのことです。

では牧草だけで育った牛と穀物を与えて育った牛との
違いにそれほどの差があるのか疑問に思うかもしれませんね。

一般的な牛の乳から作られたバターには
動物性の油である飽和脂肪酸が多く含まれています。

飽和脂肪酸は体に吸収しやすく
エネルギー源として使われる反面、

体に蓄積しやすく、太りやすい油と言えます。

※飽和脂肪酸の中でもココナッツオイルなどに
含まれている中鎖脂肪酸はエネルギーとして
代謝されやすく、体内に蓄積されにくい種類もあります。
(バターは短鎖脂肪酸)

一方、牧草だけで育った牛の乳にも
飽和脂肪酸は多く含まれていますが

普通の牛の乳にはほどんど含まれていない
不飽和脂肪酸も多く含まれています。

不飽和脂肪酸は植物性の油や魚の油に
多く含まれていて、

過剰に採った場合でもすぐにエネルギーとして
使われやすいため、体に蓄積しにくく
太りにくい油といえます。

グラスフェッドバターに不飽和脂肪酸が多いのは
牛のエサである自然の牧草のみを食べていることと

広い牧草地でストレスがない環境で
育っているからと言われています。

ではグラスフェッドバターには
どのような栄養成分が含まれているのでしょうか?

スポンサードリンク

グラスフェッドバターの栄養成分と効果効能について

グラスフェッドバターの不飽和脂肪酸の種類は
体内で作ることができない必須脂肪酸の一種の
オメガ3脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸はαリノレン酸が主成分で
体内でDHAEPAに変換します。

現代の日本人はオメガ3脂肪酸の摂取量が
少ないので厚生労働省でも摂取基準を
定めているほどで

①血圧を下げる
②血中の中世脂肪を減らす
③血栓ができるのを防ぐ
④アレルギーや炎症疾患を抑える
⑤記憶力・学習能力を高める
⑥ガンの発生・増殖を抑える
⑦精神を安定させる
⑧認知症を予防する

などの効果や効能が期待されています。

そしてもう一つ注目されているのが共役リノール酸です。

共役リノール酸不飽和脂肪酸の一種でリノール酸から
作られますが

リノール酸とは構造が異なるために「異性化リノール酸」とも
呼ばれています。

共役リノール酸は脂肪をエネルギーに変えるために
働く酵素を活性化させる働きがあります。

そしてこの酵素は本来運動をすると活発になるもので

共役リノール酸は運動をすることと
同じような脂肪燃焼効果を持っているのです。

つまりダイエットに効果的というわけですね。

さらに体脂肪を燃焼させる働きだけでなく
同時に筋肉を増加・増強させる効果もあります。

これは運動選手にとってとてもありがたいことですが
ボディビルダーやアスリートたちがサプリメントで
共役リノール酸を摂取しているほど効果が期待されています。

これらの効果以外にも

●動脈硬化の予防

●冷えの改善

●アレルギーの抑制

●乳がん・皮膚がん・胃がん・肺がん
などの予防

などの効果が期待されています。

その他にもビタミンA、ビタミンEビタミンD
多く含まれていて

ビタミンAは目のビタミン
●眼精疲労や視力の回復
●皮膚や粘膜を正常に保つ
●強い抗酸化力(=アンチエイジングやガン予防)

ビタミンEは若返りのビタミン
●強い抗酸化力
ビタミンAと一緒に摂ることで抗酸化力がアップして
美肌・美髪効果が高まる

●血液サラサラ
毛細血管を広げて血行を促す作用がある

ビタミンD
●歯や骨を強くする
骨の材料となるカルシウムやリンの吸収をよくして
骨に沈着させる作用

などの効果が期待できます。

このようにグラスフェッドバターは
ダエイットや美肌・健康の効果が期待できることが
わかりますね。

ダイエット効果抜群!バターコーヒーの作り方

バターコーヒーダイエット

アメリカのセレブ達の間で人気なのが
バターコーヒーダイエットです。

多くの人がこのダイエット方で成功していて
エクササイズをせずに75日で約40kgの減量に
成功した人もいて話題になりました。

このバターコーヒーはダイエット効果以外にも

●1日のはじまりがエネルギッシュになる

●頭がさえる

●抗酸化作用(アンチエイジング)

などの効果も期待されています。

ただこのバターコーヒーは
コーヒーに普通のバターを入れただけではダメで

コーヒーはオーガニック、
バターは無塩のグラスフェッドバター

ではないと効果が期待できません。

オーガニックコーヒー1杯に
グラスフェッドバター15g(スプーン1杯)を

入れるだけで良いですがお好みで
ココナッツオイル(スプーン1杯)を
入れる人も多いです。

バターコーヒーを飲むタイミングは
朝食の代わりに2杯分のバターコーヒーを飲むと
より効果が出ると推奨されています。

グラスフェッドバターはどこで購入する?

私がバターコーヒーダイエットを知ったのが
2014年の夏ごろですが、

そのころはグラスフェッドバターが日本では
ほとんど手に入れることはできませんでした。

現在では一部高級スーパーでも販売しているようですし

アマゾンなどのネットでも販売するようになりましたね。

おすすめは「グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター 無塩

Amazon価格2,700円

グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター 無塩 250g

注文してから1週間から3週間程度かかるようです。

国産でも一部手に入るところがあるようですが
生産数が少ないのですぐに品切れになってしまうようです。

まとめ

良い環境で良いエサを食べているならば
バタ―の質に違いが出るのは当然ですね。

まだまだ価格が高いですが、
数年前は全く手に入れることができなかったことを

考えると現在はかなり良い状況になったと思います。

グラスフェッドバターはバターコーヒーの材料として
使用するのがおすすめですが

肉を焼いたり、炒めものをする際にサラダ油の代わりに
使うととてもおいしく食べられますので

ぜひ試して見てくださいね。

 

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ