市販のキシリトールガムは虫歯予防の効果がない?正しい選び方と成分は安全それとも危険?

8b3f3d9008981cee3529142089e09030_s

キシリトールガムといえば虫歯予防に効果があるとして
知られていますが、

市販のキシリトールであればどの商品も効果が
あるというわけではありません。

今回は正しいキシリトールガムの選び方と
成分のキシリトールは安全なのか?

それとも危険なのかについて紹介します。

スポンサードリンク

市販のキシリトールガムに虫歯予防の効果が無い商品が多い理由

キシリトールガムは虫歯予防効果がある甘味料ですが
全てのキシリトール配合商品に虫歯予防があるわけではなく

実はキシリトール含有量が90~100%でないとあまり効果がありません。

スーパーやコンビニなどで売っているキシリトールガムは
含有量が30~70%の商品がほとんどなので

このようなガムはだ液がたくさん出るという点では
虫歯予防効果があると言えるのですが

キシリトールの効果はほとんどありません。

本来キシリトールは1日5g継続的にとらないと効果がないと
言われています。

100%キシリトールガムでも1粒(枚)に含まれている
キシリトールは約1.3gと言われています。

となると100%キシリトールガムでも4枚以上はかまないと
いけなく、

50%の場合は8粒以上なので非効率ですね。

また市販のガムに関しては甘味料である
キシリトールの含有量が少ないので

ほとんどの商品に
●アスパルテーム
●スクラロース
●アセスルファムK

といった人工甘味料が含まれています。

これらの人工甘味料は発がん性脳腫瘍うつなどの
危険があると言われています。

もちろんメーカー側は容量を守って製造しているので
これらのガムを数枚食べた程度では
ほとんど危険性がないと言われています。

ただキシリトール100%でないからいっぱい食べると
これらの人工甘味料もたくさん摂取するので

継続的に摂取した場合に絶対に安全です。
とは言い難いです。

先程も説明したようにキシリトールは継続的に
摂取しないと効果がないので、

かむ個数を減らせば必要摂取量の5gに届きませんし
毎日かまないとすると継続的に摂取していないので
効果が期待できません。

このような理由から市販のキシリトールガムは

●だ液が多く出る(虫歯予防に効果)
●口臭改善
●かむことで歯やアゴを鍛える
という点では良いのですが

●キシリトールの効果がほとんどない
●人工甘味料の安全性に疑問が残る

という理由でおすすめできません。

スポンサードリンク

キシリトールガムの正しい選び方とどこで購入する?

キシリトールガムは100%がおすすめというのがわかったと
思います。

実際には90%程度でも効果はありますが、砂糖などの
糖類が入っていると全くキシリトールの効果がなく
虫歯になる可能性もあります。

きちんと商品パッケージにかいていある
成分分析表で糖質の表記がゼロ%になっていることを
確認してください。

キシリトール100%であれば砂糖などの糖類は入っていないので
寝る前に食べても問題ありません。

ただスーパーやコンビニはもちろん、ドラッグストアでも
キシリトール100%のガムはほとんど販売していません。

このようなガムは歯医者さんで取り扱っているところが
多いです。

いつもお世話になっている歯医者さんがあれば
そちらで購入しましょう。

もし歯医者さんに行く暇がないという方は
アマゾンなどのネットの通販で取り扱っていますので

キシリトール100%ガムなどで検索してみてください。

色々な味があるのでお好きな味を選んでいただければ
良いのですが

市販のガムと比べると味が無くなるのが早いですし
粒も硬いので最初はかむと疲れるかもしれません。

ただ毎日継続的にかむことでキシリトールの効果が出て
虫歯になりにくくなりますし

また強くかむことで歯やアゴが丈夫になりますので
健康の歯を維持するためにその点だけは我慢してくださいね。

キシリトール100%ガム(アマゾン)

キシリトールは安全それとも危険?

先程人工甘味料のアスパムテームやスクラロースなどが
健康に悪影響を及ぼす可能性があると言いましたが

そもそもキシリトールは安全なのかと疑問に思う方も
いるのではないでしょうか?

キシリトールはトウモロコシや白樺などに含まれている
キシロ―ス」という糖質から作られていて

いちごやほうれん草、キノコ類など天然の
植物にも含まれています。

ガムなどに使用されるキシリトールは
生産効率やコストを下げるたにトウモロコシのでんぷんから
作られています。

「トウモロコシから作られるのならば安心だ!」と
思われるかもしれませんが

使用されるトウモロコシは遺伝子組み換え
もの(あるいは混ざっているもの)が使用されています。

ガムのメーカーで働いたことはありませんが
私も以前食品会社に勤めていたので
食品の原料の事情には詳しいです。

表示に関してはトウモロコシをそのまま
使用するのではなく、

トウモロコシのでんぷんを加工してキシリトールを
作るので、

原料のトウモロコシが遺伝子組み換えかどうかの
表示義務がありません。

遺伝子組み換え食品に関しては身体への影響が
懸念されていますが、

現在のところはっきりしていません。

ただはっきりしないということは危険な可能性もあるので
遺伝子組み換え食品は食べたくないと言う人も
多いと思います。

ただほとんどの人は知らないうちに遺伝子組み換えの
原料が入っている加工食品を食べています。

遺伝子組み換えと表示義務のないサラダ油やお菓子など
多くの加工食品に含まれていますし、

中には「遺伝子組み換えではない」と表記されている商品でも
遺伝子組み換えの原料が5%未満であれば

「遺伝子組み換えではない」と表記して良いので
結局ほとんどの人が食べていることになります。

「これ以上遺伝子組み換え食品は食べたくない」
と思うのか

「知らないうちに食べているのであれば
ガムくらいは問題ない」
と思うのかは人それぞれです。

 

私は虫歯になりやすいタイプで歯周病などの
病気も怖いですし、

スクラロースなどの人工甘味料の方が
危険性が高いと思っていますので

キシリトールガム100%のガムを
歯の健康のためにかんでいます。

キシリトール100%ガム(アマゾン)

 

まとめ

私は以前市販のキシリトールガムを子どもたちに
虫歯予防のためにかませていました。

ただ、虫歯予防の効果のあるだ液を多く出したり、
かむ習慣をつけさせるためには良いですが

キシリトール90~100%のガムでないと
キシリトールの虫歯予防の効果がありません。

100%のガムでしたら毎日4粒程度継続的に
食べる必要があります。

成分のキシリトールは植物性由来のものですが
ほど遺伝子組み換えのトウモロコシを加工して
作っています。

現在私たちは知らないうちに遺伝子組み換え食品を
摂取しているので、

キシリトールガムの場合も気になる人は食べず、
気にしても仕方がないという人は歯の健康のために
食べるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ