オリーブオイルダイエットの種類と効果がでる飲む時間や量は?

オリーブオイルを飲むだけの簡単なオリーブオイルダイエット。
食事制限することなく、オリーブオイルに含まれた“オレイン酸”の力を

利用して無理なく食欲が抑えられますが、注意しなければならない点を
紹介します。

スポンサードリンク

オリーブオイルの種類は?

オリーブオイルダイエットをする場合は
最高品質のエキストラ・バージンオリーブオイルでやることをおすすめします。

オレイン酸が脳の満腹中枢に効果があるとは言っても、
他のオリーブオイルは余計な物質が入っている場合もあるのでおすすめできません。

ただ日本で販売されているエキストラ・バージンオリーブオイルは
世界基準のものではないので本物とは言えない商品が多いです。

詳しくは「オリーブオイルは偽物が多い?本物の選び方とおすすめは?」

オリーブオイルの飲む量は?

大さじ2杯分を1日に2回、もしくは3回に分けて飲みます。
(3回に分ける場合でも1日に飲む合計の分量は大さじ2杯分です)

2杯で十分効果を得られるので、飲み過ぎには注意しましょう。

整腸作用があるためお腹が緩くなる場合もありますし、
そもそもオリーブオイルは他の植物油とカロリーが変わりませんので
飲み過ぎると全くやせない、または太る可能性もあります。

オリーブオイルを飲む時間は?

オレイン酸が体内入って脳に達するまでの時間は1時間程です。

そのため食事の1時間前に飲むことで食事の量を自然と減らしてくれます。

よく寝る前に飲むと効果があると言っているサイトもありますが
効果はあまりないようです。

スポンサードリンク

オリーブオイルダイエット注意点

オレイン酸をスムーズに脳に行き渡らせるためにはオリーブオイルを飲んだ後は
他のものは食べないようにしましょう。

オレイン酸と同様に脳に働きかけてしまう成分もあり
オレイン酸の効果が減ってしまう可能性があります。

オイルを飲んだら食事までは基本的に水以外は
口に含まないようにしましょう。

その他の注意点として持病のある方は
かかりつけの医者に相談してからにしてください。

また妊娠中の方はオリーブオイルダイエットは
やめましょう。

他のオリーブオイルダイエット方法

トマトのリコピンは抗酸化作用が強く美容や
ダイエットにおすすめと言われている成分ですが

トマトジュースオリーブオイルを大さじ1杯程度
入れて電子レンジで600ワット90秒温めます。

トマトを温めることによってトマトの細胞壁が
壊れてリコピンが外に出やすくなり

また、リコピンを油と一緒に摂ることで
吸収が高まるのでより効果が高まります。

ご飯を食べている時に一緒に飲むと
効果があります。

まとめ

オリーブオイルダイエットは食欲を抑えることでダイエットができますが

その他にオリーブオイルの効能として便秘解消が期待できます。
便秘解消はダイエットにつながりますし、たまっている老廃物が出ることに
よりお肌にも良い影響を与えます。

その他にも血液をサラサラにすることにより、動脈硬化などの病気や
悪玉(LDL)コレステロールを減少させる効果もあるので

健康的にダイエットできるのが良いですね。

もしダイエットしようとしている方や失敗続きの方は
とっても簡単ですので一度オリーブオイルダイエットに挑戦してみてください。

関連:オリーブオイルは健康に良い?効果・効能とカロリーや本物の選び方を紹介します

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ