おいしい米麹の甘酒の簡単な作り方・レシピを3つ紹介!失敗しない為のポイントは?

9a83a46facbabdfa369f1b944d17d7b0_s

甘酒が最近ブームになっているのをご存知ですか?

甘酒は腸内環境を整えて便秘を解消するなど健康や
美容に良いのはもちろん疲労回復や夏バテ防止にもなり

最近では多くの芸能人やモデルの方も飲んでいる
ようですね。

甘酒は「」という言葉からアルコール
入っていると思う方も多いかもしれませんが

実は甘酒は酒粕を原料に使用するのと米麹(こめこうじ)
使用する2種類があり

米麹で作る甘酒はアルコールは含まれていませんし
砂糖も使用しないので、お子さんにはもちろん
お酒が苦手な人も飲みやすいです。

今回は米麹を使用する甘酒のおいしい作り方を3つ、
そして失敗しないポイントについて紹介します。

スポンサードリンク

甘酒の簡単でおいしい3つの作り方を紹介します

米麹を使用して作る甘酒の基本の作り方から応用編まで
3つ紹介します。

甘酒は簡単に作れるのですが、失敗するとすれば
温度管理の部分なので、

そこは炊飯器を利用して調整するようにしましょう。

①米麹で作る基本の甘酒の作り方

材料4人分

●米麹 500g
●炊いたご飯(またはおかゆ)2~3合(約700~1kg)
●水 1,000~1,200ml

※ご飯は白米で良いですが、健康のために
玄米を使用したり、

もち米にすると甘みが増すので、
好みに合わせて選んでください。

作り方

1 米麹をもみほぐす

2 炊いたご飯を60℃くらいまで冷やす

3 米麹、ご飯、水を合わせる
(水は好みで加減する)

4 50~60℃で保温する。
炊飯器の保温機能を使う時は
必ずフタを開けるようにしましょう。

その際にふきんなどをほかりよけとして
かけるようにしてください。

5 5~6時間ほどで完成します。

冷めたら容器に入れて冷蔵庫で保存します。

おいしく飲める期間は冷蔵庫で1週間程度です。

②米麹と水だけで作る濃縮甘酒

米麹と水だけで濃厚で甘みが強い甘酒ができます。
デザートのようなおいしさです。

材料 4人分

●米麹500g
●水500ml(乾燥麹を使用する場合は多めに)

作り方

1 米麹をもみほぐす

2 米麹に水をひたひたになるように
合わせる

3 50~60℃で保温する。

炊飯器の保温機能を使う時は
必ずフタを開けるようにしましょう。

その際にふきんなどをほかりよけとして
かけるようにしてください。

4 1時間おきにかきまぜる。これを繰り返し
3回目くらいに麹と水がなじんでやわらかくなったら
(これを糖化といいます)、そのまま置いておく

5 6~8時間ほどで完成です。

冷めたら冷蔵庫で保存しましょう。
保存期間は冷蔵庫で1か月と基本の作り方よりも
長持します。

③低温発酵のすっきり甘酒

冷蔵庫で10日間ほど低温発酵させて作る甘酒は
さわやかな酸味が特徴のすっきり甘酒です。

長期保存が可能なので毎日少しずつ飲むのも
おすすめです。

材料 2人分

●米麹200g
●炊いたご飯(またはおかゆ)1合(約350g)
●水 500ml

作り方

1 米麹をもみほぐす

2 炊いたご飯を60℃まで冷ます

3 米麹、ご飯、水を合わせる

4 容器に入れて、フタをして冷蔵庫で発酵させる

5 4~5日に一度かきまぜる

6 10日ほど置いて完成です

さらに1か月ほど冷蔵庫に置くとさわやかな
酸味が出ておいしくなります。

スポンサードリンク

甘酒の失敗しないためのポイント

甘酒の作り方自体は簡単なのですが、
ポイントを間違えると失敗してしまいます。

きっちりとポイントを押えましょう。

①米麹の選び方と使用量

米麹には生麹と乾燥麹があります。

生麹そのまま使用できるのですが保存期間が短め
乾燥麹水に戻して使用しますが保存期間が長い

という特徴がありますが、どちらでもおいしく作ることができます。

また米麹は色々なメーカーが販売していますが
それぞれ特徴があり

同じように作ったつもりでも甘みが風味がかなり違う場合が
あります。

私も色々試してみましたがおすすめは
鶴味噌醸造 乾燥米こうじ」です

ここの米麹は甘みもしっかりあり、クセもないので
甘酒にピッタリです。

創業明治3年と伝統のある会社の米麹なので
安心ですね。

鶴味噌醸造 乾燥米こうじ 500g

米麹の使用量に関して、
今回紹介した甘酒の基本の作り方では

●米麹 500g
●炊いたご飯(またはおかゆ)2~3合(約700g~1kg)と
紹介しましたが
たとえば鶴味噌醸造の米麹の商品パッケージに載っている
甘酒の作り方では

●米麹 500g
●温かいご飯200g

と書いてあります。

ただこれですと米麹の量が多く、失敗することもあります。
実際はこれより少なくても、おいしい甘酒は作ることが
可能です。

実は基本の作り方で紹介した米麹の量も
一応一般的な量を載せましたが、

お米が2合の場合は半分以下の200~250gでも
おいしく作ることができます。

これは米麹の種類にもよると思いますが
お米2合で米麹100gでも、濃厚ではなく

さらっとした感じの甘酒でしたが十分に
おいしかったです。

米麹の量は基本の量を把握しておいて
あとは自分の好みで量を減らしてみることをおすすめします。

 

②温度管理

炊いたご飯を60℃くらいに冷ますのは見た目では
なかなか温度がわからないので難しいですね。

これを誤って70℃以上のご飯に米麹を混ぜてしまうと
麹に含まれる酵素は温度に弱いので
きちんと発酵することができません。

ちゃんと温度計で計ってから混ぜるようにしましょう。

見やすいデジタル表示のクッキング温度計がおすすめです。

1,000円以下で色々なメーカーが販売していますので
一つ持っていると便利ですよ。

タニタ スティック温度計 オレンジ TT-533-OR

炊いたご飯の温度と一緒に大切なのが
炊飯器の保温温度ですね。

メーカーによっては保温の温度管理ができる
炊飯器もあるので、

その場合は60℃前後に調整すれば良いのですが

象印のようにホームページを見ても説明書にも
書いていない商品もあるので、

この場合は何度で保温しているのか不安になると
思います。

そのためにもクッキング温度計で1~2時間おきに
温度が変化していないか確かめるようにしましょう。

何度も確かめるのが面倒という場合は
ヨーグルトメーカー(または甘酒メーカー)という
商品があります。

例えばこちらの「マルコメ 甘酒メーカー糀美人」は

保温・タイマー機能で発酵に最適な温度(20~55℃の一度単位)
を一定(1~48時間の1時間単位)に保つことができるので

甘酒だけでなく、ヨーグルトや塩麹などの発酵食品を
作ることができるのでおすすめです。

マルコメ 甘酒メーカー糀美人

まとめ

市販の甘酒は色々販売されていますが
安い甘酒は酒粕が使用されていて

アルコールが入っていたり、砂糖も入っている
商品が多いです。

一方で無添加の砂糖が入っていない少し高めの
甘酒もありますが

実は衛生上殺菌処理のために70℃以上で
加熱している商品がほとんどなので

一番おすすめなのは手作りの甘酒です。

市販の高級な甘酒よりも半分以下の価格で
作る事が可能ですので

ぜひ手作り甘酒を作って健康・美容のために
毎日飲むようにしましょう。

関連記事:甘酒の栄養成分と効果効能がスゴイ!美容、健康、ダイッエット、夏バテにもおすすめ!

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ