グレープシードオイルの効果効能とトランス脂肪酸に注意した選び方とは?

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s

最近流行りの健康油の中でも健康・美容に
効果があるとして人気のグレープシードオイルですが、

トランス脂肪酸の関係も指摘されています。
実際はどうなのでしょうか?

おすすめのグレープシードオイルと合わせて
お伝えします。

スポンサードリンク

グレープシードオイルの特徴は

0f45038a15bfd36295c4ea43cae1a3bd_s

グレープシードオイルは文字通り
ぶどうの種子から作られるオイルで

白ワインを製造する過程で取り除かれる種子を
乾燥して圧搾、精製したものです。

口当たりはサラリとしていてクセがなく、
香りはほとんどありません。

またビタミンEやポリフェノールなどの
抗酸化成分が豊富に含まれているので

炒め物や揚げ物にも使用できますし、
スキンケアやエステなどではボディケア用としても
利用されています。

乾燥肌だけでなく脂性の肌の方にも効果があるので
最近は多くの方が愛用しています。

スポンサードリンク

グレープシードオイルの効果効能

グレープシードオイルは
コレステロールが0%の油です。

脂肪酸の割合はリノール酸が約65%
オレイン酸が約18%です。

オレイン酸はオリーブオイルに豊富に入っている成分で
グレープシードオイルのオレイン酸の含有量は
オリーブオイルの約1/4程度ですが、

●血液をサラサラにする
●動脈硬化などの生活習慣病の予防
●便秘解消の効果が期待されています。

そしてグレープシードオイルの特徴といえば
ビタミンEが豊富に含まれており
オリーブオイルの2倍以上です。

ビタミンEは「若返りのビタミン」
言われており、

老化を防止したりや病気の原因となる
活性酵素を取り除いてくれます。

具体的なビタミンEの効果は
 肌のシミ。しわ、くすみ、たるみの予防・改善
 日焼けで傷んだ肌を回復させる効果
 動脈硬化などの生活習慣病やガンの予防
などが挙げられます。

またビタミンEは欠乏すると不妊症を招きやすい
ということえで発見された成分で

月経不順や生理痛の改善などにも役立っています。

そしてビタミンEの50倍も強い抗酸化作用がある
プロアントシアニジン(ポリフェノールの一種)も
含まれています。

抗酸化作用の効果はビタミンEと同じですが、
プロアントシアニジンはさらに強力な抗酸化作用なので
より効果が期待できます。

プロアントシアニジンは特に紫外線で生じた
皮膚メラニン細胞の酸化障害を軽減し

メラニン細胞の過剰な増殖を抑えることが
確認されており、美白効果が期待できます。

また人による実験でもシミの改善
確認されています。

そして生活習慣病やガンの予防にはもちろん、
目や筋肉の疲れなどにも効果があります。

さらに腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす
といった腸内環境を整え、

腸内フローラが改善することで腸内の腐敗物から
生じる悪臭物質を包み込みます。

また便のニオイも軽減することが確認されており、
これは体臭を軽減することにも
つながります。

このようにグレープシードオイルは抗酸化作用が
特に強いオイルと言えるでしょう。


リノール酸やトランス脂肪酸は大丈夫?

グレープシードオイルはオメガ6系のオイルで
先程も紹介したようにリノール酸(脂肪酸の65%)が
多く含まれています。

リノール酸は体内でつくることができない
必須脂肪酸
です。

効果効能は
 血圧を下げる
 皮膚の保湿
 子供の体の成長を促進させる
などが期待できますが、

現代の食生活の中で多くの食べ物や加工食品に
含まれているので無理して摂る必要がなく

逆に摂り過ぎると

 アレルギー症状を促進させる
 老化を促進させる
 免疫力を弱める
などの心配があります。

グレープシードオイルは抗酸化作用が強いので
他の油と比べれば酸化しにくい特徴があるのですが

それでも摂り過ぎは良くありません。

ただ健康に良いと言われているオメガ3系の
えごま油や亜麻仁油にもグレープシードオイルの
1/3程度ですがリノール酸は含まれています。

加工食品で多く摂取してしまうことが問題であって

グレープシードオイルはリノール酸が多いから
という理由で身体に悪いとは言えません。

グレープードオイルなどのオメガ6系脂肪酸
えごま油などのオメガ3系脂肪酸摂取比率
4:1
が望ましいと言われています。
(現代人は10:1~40:1と極端なようです)

それではもう一つの問題であるトランス脂肪酸は
どうでしょうか?

トランス脂肪酸の詳細に関しては
サラダ油の危険性、トランス脂肪酸がガン、認知症、不妊症、うつ、ADHDの原因に
を参照していただきたいのですが、

トランス脂肪酸が出る植物性の油は高温処理されたものです。
非加熱低温圧搾(コールドプレス)で作られた
オイルはトランス脂肪酸の心配はありません。

グレープシードオイルはオリーブオイルのように
エキストラ・バージンと言った種類のものは
ありませんが

低温圧搾(コールドプレス)製法の商品がいくつかあります。

中でもおすすめは
「チリ・アンデス産 グレープシードオイル」です。

こちらはグレープシードオイルの中でも
数少ない低温圧搾(コールドプレス)製法です。

そのままサラダなどにかけても良いですし
炒め物はもちろん、揚げ物にも最適で

しかもコレステロール0です。

サラダ油を止めて低温圧搾のグレープシードオイルに
変更してください。

まとめ

グレープシードオイルは他の油と比べて
非常に抗酸化作用が強く健康や美容に最適です。

オメガ6系の油なのでオメガ3系のえごま油や
オメガ9系のオリーブオイルと比べると

リノール酸が多く含まれていますが
過剰摂取が問題なだけで1日2杯程度であれば
全く問題ありません。
(むしろ加工食品の摂り過ぎに注意したいところです)

トランス脂肪酸に関しては
低温圧搾(コールドプレス)のタイプにすれば
問題ないですし、

価格も他の健康オイルと比べてもお手頃です。

味もえごま油や亜麻仁油のようにクセがなく
サラッとしていて口当たりも良いので

そのままサラダなどにかけて食べても良いですし、
熱にも強いので炒め物、揚げ物にも最適です。

そして食べるだけではなく
スキンケア、ボディケア、ヘアケアでも
使用する方が多いので余ってしまう心配も
ありません。

是非一度試してみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ