ルテインとは?その効果効能と多く含む食材や1日の摂取量は?

最近ルテインという成分が目の病気や
美容に良いということで注目されていますが、

その特徴や効果効能、またルテインが多く含む食材や
1日の摂取量の目安についてお伝えします。

スポンサードリンク

ルテインとはどんな栄養成分?

ルテインはカロテノイドの一種で強い抗酸化作用がある黄色の天然色素です。

マリーゴールドなどの花弁や緑黄色野菜、お茶、卵、動物脂肪など
自然界の多くの物に含まれています。

また、ルテインは人の体内では皮膚や乳房、子宮頚部、大腸、
そして目の中の網膜の一部である黄斑部や水晶体に最も多く存在しており、
特に目に対する効果が高く評価されています。

ルテインはもともと人間の体内に存在していますが、合成できない栄養素です。
そして体内のルテインは加齢とともに減少していきます。

目の病気が歳を重ねるとともに増加するのは
体内のルテインの量が年齢とともに減少していくことに関係がある可能性も
示唆されているため

目や健康の為にルテインを日頃の食事やサプリメントから摂取することが重要です。

スポンサードリンク

ルテインの効果効能

ルテインは抗酸化作用が強い栄養成分ですが、
どのような効果効能があるのでしょうか?

紫外線やブルーライトなど有害な光から目を守る

目は体の中で唯一体外に露出している臓器であると
言われており、

まぶたを開けている間は光にさらされ
続けています。

そして光には紫外線を含む日光や、蛍光灯、携帯電話、パソコン、テレビなどから
発生する青色の光(ブルーライト)などがありますが、

これらの有害な光は老化を早めたり、
病気の原因となる活性酸素を発生させる要因となります。

特にブルーライトは力の強い光であり、
目の細胞に与えるダメージもかなり強いため、

目は特に活性酸素が発生しやすい環境にあります。

特に最近はパソコンや携帯電話などを長時間
使用することによって

ブルーライトを浴び続けているので
かなり目に負担がかかってしまいますが

ルテインはそれらの有害な光によって発生する
活性酸素を除去する効果があります。

緑内障や黄斑変性症などの目の病気の予防や抑制の効果

ルテインには白内障や加齢などの原因で視力が低下(最悪は失明)してしまう
病気である黄斑変性症の予防や抑制に効果があると言われています。

ルテインは日本の眼科医も注目している成分で目の健康を守るために
ルテインのサプリメントをすすめる眼科もあります。

美容・美肌効果

ルテインの強い抗酸化作用により美容・美肌にも効果があります。
 肌の脂質量のバランスを整える
 肌の水分量の増加
 肌の弾力性を高める
などの他に

紫外線のダメージから目だけではなく、肌も守ってくれる為
皮膚がんの予防肌の老化を防いだり、

また肌の老化を防ぐということはシミシワ、くすみなどの
予防や改善だけでなく、潤いのあるみずみずしい肌になることも
期待ができます。

ルテインの摂取量と多く含む食材は?

ルテインは1日に6mg以上摂ることが望ましいと言われてしますが、
病気予防のためには10mg程度摂取した方が良いと言われています。

特に緑黄色野菜に多く含まれていると言われますが、
その中でも特に多いのがホウレンソウです。

他の野菜では何十個、何百個と食べなければ10mg摂取できません。

ホウレンソウは100㎎で10.2mgなのでこれだけで1日の必要摂取量と
ほぼ同量です。

またルテインは脂溶性成分(油に溶けやすい成分)であるので
油と一緒に摂ると体内への吸収効果が高まります。

つまり生のホウレンソウを食べるとルテインの吸収率が低下してしまうのです。

ただ毎日ホウレンソウを食べるのは難しいですよね。
そのホウレンソウの約2倍のルテインを含んでいるのがケールです。

ケール100gの中に21.9mgも含まれているのですが、
苦味が強くて食材に適さないので、青汁として飲むのが最適です。

それ以外にはサプリメントも色々販売されていますので、
ホウレンソウを食べない日や青汁が苦手という方は

サプリメントをおすすめします。

【朝のルテイン&プラセンタ】

まとめ

目の病気は年齢が高いほどかかりやすいですが
最近はパソコン、携帯電話などの長時間の使用で

若い人もかかりやすくなっていると言われていますので
仕事でパソコンを使用する方には特にルテインを意識して
飲んで欲しいですし、

抗酸化作用が強いということはアンチエイジングに最適ですので
肌の衰えを感じている方やいつまでもみずみずしい肌を保っていたい方も

是非ルテインをおすすめします。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ