黒米の栄養成分と効果効能がスゴイ!炊き方や白米と玄米との違いも紹介します。

近年、日本では、白米よりも玄米や
雑穀米などが、

ヘルシーで栄養面でも優れていると
美意識の高い女性達に好まれていますね。

雑穀米の中にも入っている「黒米」。
ここでは、「黒米」に焦点をあて、

この「黒米」の持つ美へと導くパワーについて、
ご紹介していきます。

スポンサードリンク

✿黒米とは?

稲の原種で古代米の一種です。
白米に比べ、多くの栄養成分やミネラルが
豊富に含まれています。

また、独特の色から紫黒米、
紫米とも呼ばれ、古くからお祝いの米
として珍重されてきたといわれています。

「黒米」は、表面は黒いですが、
中は白い色をしていて

皮が固いため消化に悪いと紹介している
一部のサイトもありますが

実は胃腸が弱っているに優しい食べ物なのです。

そしてこの黒色の果皮・種皮の部分には、
青紫色の天然色素、ポリフェノールの
一種であるアントシアニンを含んでいます。

ちなみに同じ雑穀米の一種である
赤米にもポリフェノールが含まれていますが
こちらはアントシアニンではなく
タンニンです。

関連記事:赤米の栄養成分と効果効能!炊き方と黒米との違いについて

スポンサードリンク

✿黒米の栄養成分!玄米や白米と比較

黒米、白米、玄米の比較(100g当たり)

 黒米玄米白米
カロリー(kcal)346350356
タンパク質(g)9.16.86.1
カルシウム(mg)11.49.05.0
マグネシウム(mg)13511023
リン(mg)33629094
0.922.10.8
カリウム(mg)29023088
ビタミンB1(mg)0.440.410.08
ビタミンB2(mg)0.090.040.02
ナイアシン(mg)10.26.31.2
食物繊維3.23.00.5
アントシアニン(mg )0.23

黒米は白米と比較すると
圧倒的に栄養が豊富なことがわかりますが

玄米と比べても優秀な食品であることが
わかりますね~。

黒米と玄米では鉄以外は全て
黒米の方が栄養が豊富ですし

黒米にはポリフェノールの一種で
抗酸化作用が強力なアントシアニンが
含まれているのもうれしいですね。


✿黒米の効果と効能

●視機能を改善する効果

「黒米」には、視機能を改善する働きや
非常に強い抗酸化力を持つ
アントシアニンが含まれています。

アントシアニンが豊富な果物は
ブルーベリーやマキベリーが有名ですが

目の疲れや眼病予防のサプリなどにも
多く使用されています。

パソコンや携帯電話を毎日使用している
現代人の目には、

絶えず目に活性酸素を発生させる光が
入ってきています。

また、紫外線が目に入ることによって
活性酸素が発生し目にダメージを与えます。

このダメージが積み重なっていくと、
●慢性的な眼精疲労
●白内障
●緑内障
●黄斑変性症

などの病気の原因になってしまうのです。

アントシアニンは活性酸素を除去する作用に
優れており、

眼病の予防にも効果を発揮すると
期待されています。

また、毛細血管を強くして血流を良くし、
目の疲れやなみだ眼、かすみ眼などの
回復にも効果があるといわれています。

●ダイエット効果

アントシアニンは一緒に食べた糖や
脂肪をエネルギーとして燃焼させ、

脂肪として蓄積させるのを防ぐ働きがあります。

●美肌効果

「黒米」にはチロシナーゼ、ヒアルロニダーゼ、
コラゲナーゼ、エラスターゼといった
酵素の活性を抑制する働きがあるといわれています。

これらの酵素は、シミやくすみの原因であるメラニンを
つくり出す働きや、美肌成分であるヒアルロン酸、
コラーゲン、エラスチンを壊す働きを持っています。

「黒米」はこれらの酵素活性を抑制する
働きがあるため、

ハリや弾力、潤いのある美しい肌を保つことが
期待できます。

またアントシアニンの強い抗酸化力のおかげて
老化を防止してくれるので

シミやしわなどの予防や改善も期待できます。

●髪を健康に保つ効果

「黒米」を食べ続けると
肌がなめらかになり、

髪の毛が黒くなって若返ると
いわれています。

これは、髪に必要なビタミン類や
鉄分、カルシウム、マグネシウム、
亜鉛といった栄養分が多く含まれているためです。

「黒米」を食べることで、
髪を健康に保つことができます。

●胃の健康を保つ効果

黒米は胃腸を丈夫にする効果があると
いわれています。

胃腸の健康を保つ効果のほか、
慢性病虚弱体質の改善など
滋養強壮に効果があり、
造血作用もあるとされています。

また、黒米は特徴である消化の良さから
食欲不振の時でも食べることができ、
胃腸の機能を高める効果もあります。

栄養素が多く、消化が良いので
胃弱な人や子ども、お年寄りなどにも良いですね。

●糖尿病を予防する効果

デンプンなどの糖質は、体内に吸収される際に
アミラーゼやグルコシダーゼといった
糖質分解酵素によって分解されてから吸収されます。

「黒米」は、これらの糖質分解酵素の活性を
抑えることで、

糖尿病を予防すると考えられています。

このように多くの効果や効能が期待できる
黒米ですが、

「じゃあ白米から黒米に変えよう!」と
思っても全部を変えるのはおすすめできません。




✿黒米の炊き方

黒米を炊く際は、白米と黒米を混ぜて
炊くのがおすすめです。

特別な手間はかからないのですが、
もちもちの食感と鮮やかな発色を
楽しむための、

ちょっとしたコツも併せてご紹介します。

基本の黒米ごはんの炊き方

①白米1合に大さじ1杯、約15gの黒米を用意
慣れてきたら黒米の割合を徐々に
増やしていきましょう。

②黒米は水で軽くすすいで、少量の水に浸す

③洗った白米に黒米を混ぜ、白米を炊く時と
同じように水加減をする

④塩をひとつまみ加え、いつも通り炊く

④炊き上がったら15分ほど蒸らし、
全体をほぐすようにかき混ぜる

炊き方の注意点・ポイント

◎黒米のアントシアニンが流れてしまうので、
すすぎは軽く汚れを落とす程度にしましょう。

◎黒米の吸水時間の目安は6時間以上。
(最低でも1時間)
歯ごたえを残したいなど、慣れてきたら
お好みで時間を調整してください。

◎吸水に使った水にはアントシアニンが
溶け出しているので、一緒に炊きましょう。

◎黒米の量を変えて、炊きあがりの色を
楽しむのも良いでしょう。

黒米はどこで購入する?スーパーそれともネット?

黒米はスーパーでは販売されていないことが
多いので、ネット販売がおすすめです。

国産であれば良いというのであれば

こちらの山形県産の黒米がおすすめです。

こちらは1kg1,180円と国産の黒米の中では
比較的買いやすい値段になっています。

山形県の黒米1KG

さらにもっと品質重視という方は
「水口さんの黒米」をおすすめします。

こちらは300gで566円と高く感じるかも
しれませんが

栃木県大田原の水口博さんが、農薬や化学肥料を
使わずに自家製の有機肥料を使って育てた黒米です。

量も少ないので試しにという方にも
おすすめです。

黒米 栃木産「水口さんの黒米」農薬・化学肥料不使用 不耕起栽培 300g【メール便発送】

まとめ

いかがでしたか?
黒米(古代米)は、白米に比べて収穫率が
下がるため、

時代とともに作られなくなってしまいました。

しかし、最近ではその栄養価が見直されはじめ、
また食すようになってきています。

みなさんも、この機会に古代のパワーを取り入れて、
輝いた毎日を手に入れてください。

お祝いやイベントなどでは普段より
黒米を多めに入れ、

華やかな食卓を演出するのも素敵ですよ。

関連記事:赤米の栄養成分と効果効能!炊き方と黒米との違いについて

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ