ケフィアとは?その栄養成分と効果効能やヨーグルトとの違い、正しい選び方について

 

腸内環境を改善する方法として
乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを
食べる人も多いのではないでしょうか?

ですが一方で「なかなか効果が実感できない!」
という人もよく聞きますね。

そのような方におすすめなのが
ケフィア」です。

詳しく知らない方も多いかもしれませんが
ケフィアは見た目はヨーグルトとほとんど
変わらないものの、

含まれている栄養成分から健康や美容、
ダイエットなど多くの効果や効能が期待されています。

これを読んでケフィアに詳しくなってくださね。

スポンサードリンク

ケフィアとは?牛乳との違いについて

ケフィアはヨーロッパの東部に位置する
コーカサス地方において2000年以上も
昔から食べられてきた伝統的な食べ物です。

ケフィアとヨーグルトは見た目も似ていますし
味もプレーンヨーグルトとあまり変わりが
ありません。

※よく炭酸のようなピリッとした刺激と
さわやかな酸味が特徴と言われますが
私が食べた感じではヨーグルトと
あまり変わらないという印象です。

ですがヨーグルトが1~3種類の乳酸菌による
単独発酵によってつくられる
乳酸発酵食品であるのに対し、

ケフィアは複数の乳酸菌酵母
共生発酵によってできるアルコール発酵乳である
という点です。

※アルコールと言っても1%未満ですので
小さな子どもでも安心して食べることができます。

その他には、含まれる微生物の種類も大きく異なります。

ヨーグルトに含まれる微生物は2~3種類ですが、
ケフィアは乳酸菌、酵母菌などたくさんの微生物が
含まれています。

これらの微生物が共生しながら、
奇跡的なバランスを保っているのもケフィアの特徴です。

ではケフィアにはどのような栄養成分が
多く含まれているのでしょうか?

スポンサードリンク

ケフィアに含まれる栄養成分と効果効能

ケフィアにはビタミンB群である
ビタミンB2、6、12、葉酸と

ミネラルの一種であるカルシウム
多く含まれています。

ビタミンB2は「美容ビタミン」とも言われ
ニキビや口内炎はビタミンB2 不足のサインです。

またビタミンB2は細胞の再生を助けて成長を
促し、健康な髪や肌をつくり、口や目などの
粘膜を保護します。

ビタミンB6はたんぱく質を分解する際、
主役として働く補酵素です。

皮膚病やフケを防いだり、体の成長を促します。

また、免疫機能を正常に保つため
アレルギー症状を防いだり、

症状を軽くする効果が期待されています。

またビタミンB2 とB6 を一緒に摂ることで
美肌効果が一段とアップするだけでなく

脂質の代謝を高め、体内に余計な脂肪が
たまるのを防ぎます。(脂肪肝の予防)

ビタミンB12葉酸は協力して赤血球を
作ります。(貧血予防)

またビタミンB12は神経系の働きを正常に保ち
葉酸はたんぱく質や遺伝情報をもつ核酸(DNA)を
合成し、体の発育を促します。

一方でミネラルは特にカルシウムが
多く含まれています。

「牛乳にはカルシウムが多く含まれている
から当たり前では?」と
思うかもしれませんね。

ですがケフィアでは、そのカルシウムを
乳酸発酵させて

乳酸とカルシウムを結びつけて
乳酸カルシウム」という形にしますが

牛乳に含まれるカルシウムよりもさらに
水分によく溶けて、体内への吸収が
優れているのです。

牛乳に含まれるカルシウムはほとんど
体内に吸収されないという意見もありますが、

ケフィアではその心配もなく現代人の多くが
不足しているカルシウムを摂れるのですね。

そしてヨーグルトには含まれていない酵母
単細胞の微生物で、糖質をアルコールと
炭酸ガスとに分解します。

これを「発酵」と言いますが、
他に発酵食品と言えば酒やみそ、
しょうゆ、パンなどを作るのに
利用されています。

最近は糖質制限ダイエットが流行っていますから

酵母が糖質を分解する働きがあるということは
肥満の予防ダイエット効果も期待できるのは
うれしいですね。

そしてヨーグルトと同様にケフィアには
乳酸菌が含まれているわけです。

ただヨーグルトが1~3種類の乳酸菌が
含まれているのに対して、

複数の乳酸菌が含まれています。

最近ではヨーグルトの種類によって
「インフルエンザ」や

「アレルギー症状(花粉症など)」などの
効果があると言われているヨーグルトが
販売されていますね。

実際それらのヨーグルトを食べることによって
効果が実感できる人もいるのですが

一方で全く効果がないという人も多いです。

最近は腸内フローラ(腸内細菌叢)が
注目されていますが、

腸内フローラは一人ひとり異なっているので、
実は自分に合う乳酸菌もそれぞれ異なります。

つまり他人のお腹に効いた乳酸菌が
自分のお腹にも効くとは限らないのです。

とはいえこれだけ多くの乳酸菌の種類があり
どれが自分に合うのかをひとつずつ調べるには

最初の乳酸菌で効果が出れば良いのですが
かなり時間がかかる可能性が高いです。

そこでおすすめなのが多種の乳酸菌酵母
含まれているケフィアです。

このケフィアは30年にもわたって
研究されていますが

それにより実証されたのは

●整腸作用
●免疫強化
●抗糖尿
●抗ガン
●抗ストレス
●放射線障害抑制
●血栓予防
●胃酸・胆汁酸耐性効果
●肝臓障害予防
●美肌効果(保湿、美白、シワの改善)
●アトピー性皮膚炎改善
●紫外線障害修復
●花粉症改善

など多くの効果が期待されています。

これらはまだ研究中のものもありますが
薬ではないため、
ケフィアで治療するのではなく、
栄養補助食品として食べるようにしてください。

ケフィアはどこで購入する?おすすめ品は?

実はケフィアはスーパーやコンビニといった
お店では販売していません。

これは酵母が入っているためで、
生きた酵母を容器に入れると容器が膨らみ
破裂してしまう恐れがあるためです。

そこで一般的にはケフィアの種菌を購入します。

ケフィアの種菌はいくつかのメーカーで
販売していますが

その中でおすすめはケフラン(日本ケフィア株式会社)
ケフィアです。

ケフランは1983年にロシア公団との独占ライセンス契約を
締結して30年以上経過しています。

そして契約しているだけでなく本場ロシアのケフィアを
日本国内にて製造可能にし、

そして現在「NKGケフィア」のケフィアブランドを
確立しています。

NKGケフィアは現在九州大学を始め4つの大学で
研究をされており、

様々な効能が学会で発表されています。

また、その効能・製造方法のいくつかはすでに
特許化されているなど

ケフランは正統なケフィアの種菌を
販売している会社なので
安心して購入することができるのです。

ケフランのケフィアの種菌はスティックタイプの
袋に入っていて

通常版は16袋で1,600円(税抜、送料無料)
お試し版は5袋で665円(税抜、送料無料)
です。

通常版は1袋100円なので、500mlの牛乳に
種菌を混ぜても200円ちょっとで

500mlのケフィアを食べることができるので
普通のヨーグルトと価格はあまり変わらないです。

さらにケフランのホームページから
ケフィアを定期コースで注文すれば
初回は980円(税抜、送料無料)で、

2回目以降も1,440円(税抜、送料無料)と
通常版よりも10%OFF で購入できます。
(定期コースの場合は3回以上の継続が
必要です)

定期コースであれば通常のヨーグルトを
購入するよりも、お金がかからないのが
うれしいですね。

ビタミンB群や酵母、乳酸菌がたっぷり
入っているケフィアに興味があるけど

本当に効果があるのか試したいという方は
お試し版、または通常版を

ヨーグルトを食べても全く効果がない方は
定期コースを注文してみてください。

本物のケフィアを炊食べられるケフランのホームページはこちら

ケフィアの作り方、失敗しないコツは?

実際に私もケフィアを注文して作っています。

私は今のところ失敗はしていないのですが

まず牛乳はキンキンに冷えたものではなく
常温で置いてぬるい状態にしてから

ケフィアの種菌を入れましょう。

そして25℃前後の温度で24時間程度
発酵させたらできあがりなのですが
問題は寒い冬ですよね。

その場合の対策としては
①人のいる場合が多い場所
リビングや台所におく

②日当たりの良い部屋に置く

③24時間ではなくもう少し時間を伸ばす
(なかなか固まらないようであれば
48時間置いてみる)

実際に振ってみると液体のままかと
思う時もありますが、

ケフィアはヨーグルトよりもやわらかいので
開けてみるとできている場合もあります。

ただ1日中家を空けている、どの場所も
日当たりが悪いなど

冬はどうしても室内温度が低い場合は
ケフィアウォーマーもケフランの
ホームページから購入できます。

本物のケフィアを炊食べられるケフランのホームページはこちら

ケフィア発酵用保温器定期コースが
初回1,980円で購入できます。

初回に保温器も一緒に送られてきます。
2回目以降は1,440円です。

長く食べたいと決めたならば安定して
作ることができる保温器付きのコース
を選びましょう。

ケフィアはそのままでも食べることが
できますが、

私はもう少し甘くして食べたいので
オリゴ糖を混ぜて食べています。

その他にもケフィアはまろやな味なので
ベリーやトマトなど酸味の強い
食べ物と合いますし、

お肉やサラダ、スープ、ジュース、デザートなど
多くの料理にも相性が良いので
ぜひいろいろと試してみてください。

ケフランが紹介しているケフィアのレシピはこちらから

スポンサードリンク

まとめ

ケフランとヨーグルトの違い

●ケフィアは多くの乳酸菌と酵母菌からできている
(ヨーグルトは乳酸菌が1~3種類、酵母菌はなし)

●ケフィアの栄養成分は乳酸菌以外に
美容に欠かせないビタミンB群や

牛乳のカルシウムよりも吸収が良い
乳酸カルシウムが含まれている。

●酵母は糖質を分解する働きがあり
ダイエット効果もある

ケフィアにはその他健康や美容に
多くの効果や効能の研究結果が
発表されています。

ケフィアはカスピ海ヨーグルトのように
完成したものの一部を種菌として
使うことはできませんが

作り方は簡単ですし、カスピ海のように
種菌に雑菌が入り込む心配もないおのも
うれしいですね。

ぜひヨーグルトで効果が実感できなかった方は
ケフィアを試してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です