セルライトの原因と対策、潰しても効果がない?おすすめの解消法は?

皮膚がボコボコになったり、凹凸の状態になる
セルライトで悩む女性が約8割と言われていますが

どのような原因でなってしまうのか、
そしてセルライトを消すための対策や解消法を
お伝えします。

スポンサードリンク

セルライトとは?原因は何?

セルライトとは「大きくなりすぎた皮下脂肪」のことで
皮下脂肪は毛細血管のまわりについていて、

空腹に備えて蓄えられたものですが、空腹時は溶け出して
全身に送られ、肝臓やその他の内臓、筋肉などに消費されます。

ところが脂肪を溜め込み過ぎると、
脂肪細胞が毛細血管やリンパ管を押しつぶし
変形してしまうので、
ボコボコとしたセルライトができてしまうのです。

ではセルライトができる原因はなんでしょうか?

セルライトができる原因

① 運動不足
ほとんど運動をせずに毎日デスクワークで長時間
イスに座っていると筋肉が使われず細胞に栄養素が行き渡らず
だんだんと代謝機能やリンパの流れがダウンしてしまいます。

これが続くと脂肪細胞の状態が変化し、周辺を繊維が取り囲んで
セルライトが発生します。

② 寝不足など不規則な生活
寝不足や不規則な生活を続けているとストレスがたまって
自律神経の働きが乱れてしまい、代謝機能が低下して
セルライトができやすい体質になってしまいます。

③ タバコや偏った食生活
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血流が悪くなります。

また野菜、果物をほとんど摂らずに、カロリーが高くて栄養がない
加工食品やファーストフード、コンビニなどの脂っこい食品ばかり
食べていると

血中コレステロールを増加させて血行を悪くし
セルライトの原因になります。

④ むくみや冷えによる血行不良
むくみや冷えで悩んでいる人は、手足など末端の血液循環が悪い場合が
多いのですが、これは脂肪の燃焼にも悪影響なので
セルライトを増大させる可能性があります。

また立ったままの姿勢で長時間働いていても、下半身の血行が
悪くなり、セルライトになりやすくなります。

⑤ ホルモンバランスの崩れ
妊娠や更年期などで女性のホルモンのバランスが
大きく変化するとき、また月経による周期的な
ホルモンバランスの変化もセルライトに影響があります。

⑥ 加齢による老化現象
歳をとるとともに、代謝の低下が筋力を衰えさせ、
皮膚にたるみをつくり、さらに血管やリンパを圧迫して
セルライトができる場合もあります。

これら一つの原因だけでなくいくつか重なることで
セルライトができやすい体質になってしまう可能性があります。

そしてセルライトの怖いところはどんどん大きくなって
いくことです。

よく海外のテレビ番組を紹介する番組でものすごく太った
女性のおしりや太ももを見るとハッキリとわかる程の
ボコボコとしたセルライトを見たことがありますか?

実はセルライトをケアせずに放置したままにすると
体内にあるコラーゲンが脂肪と合体して
セルライトがどんどん大きくなっていきます。

そして大きくなるだけでなく、固くなってしまうために
セルライトを取り除くことが難しくなってしまうのです。

スポンサードリンク

セルライトの対策は?潰しても意味がない?

エステなどの美容業界ではセルライトは脂肪が変形して
固まった状態のため、

通常の運動やマッサージでは除去できないと
説明しているところもあるようですが、

大きくて固いセルライトでなければ、わざわざエステに
行かなくても大丈夫です。

実はセルライトは医学的に正確に定義されている
ものではないのです。

セルライトは普通の脂肪と異なるものではなく、
女性だけでなく、男性も普通にもっているものです。

よくセルライトの対策でしてとして、ギュッとしぼって
潰すのが効果的と言われていましたが。かえって逆効果です。

潰そうと思って強くマッサージすると毛細血管が破れてしまい
脂肪細胞が流れますが、コラーゲンの再生機能のせいで
脂肪を大きくしてしまいます。

また脂肪を潰して脂肪細胞を分裂させると
分裂した脂肪を保護しようとするため、
新しいセルライトを生み出してしまう可能性があります。

また強くマッサージすると内出血を起こしてあざができる場合も
あるので、お風呂に入って血行を良くするために

軽いマッサージは良いですが、セルライトを潰すために
強いマッサージはおすすめできません。

ではセルライトに効果がある対策はどのようなものが
あるのでしょうか?

やはりウォーキングやジョギングなどの有酸素運動
取り入れながらダイエットすることが一番です。

セルライトは先程も説明したように脂肪の塊ですので
細胞脂肪から脂肪を少しでも追い出すのと共に

運動は血液やリンパ液の流れを促進しますので、
これだけでかなり改善します。

そして脂肪が増えた主な原因は偏った食事なので
野菜・果物・魚などバランスの良い食事を摂ることと
規則正しい生活がセルライトを目立たなくさせる方法なのです。

また喫煙は血流を悪くさせるので、セルライトを無くしたいと
思っている方は禁煙してください。

エステは効果がなる?おすすめの商品は?

「本当にこれだけでセルライトが無くなるの?」と
思う方もいるかもしれません。

エステなどではセルライトは通常の運動や
マッサージでは除去することはできませんと
言っているところもあるので、

エステに行かないと無理だと思っている方もいるかも
しれませんが、エステはどのような治療法なのかと言うと

キャビテーションラジオ波というような高周波機器を使用して
脂肪を分解し破壊するというものです。

また美容外科では細胞脂肪から脂肪を追い出す成分の局所的な
注射(脂肪融解注射、メソセラピーなど色々な呼び方がある)を
したり、脂肪吸引等を行って、脂肪細胞ごとセルライトを
とってしまう方法もあります。

ただこれらの治療法でも脂肪量が多かったり皮膚がもともと
たるんでしまっている方の場合は効果が無い場合もありますし、
痛みを伴うものもあります。

また1回の治療で終わるわけでなく、何回か通わなくては
いけないですし、なによりお金がかなりかかってしまいます。

お金余裕があって、脂肪量もそれほど多くなく
どうしても運動する時間がないという場合ならば
通ってみても良いとは思いますが

それ以外はあまりおすすめできません。
(エステ通う時間があれば運動すれば良いのですが)

それにエステに通っても生活が以前と変わらないのであれば
効果が出ない可能性が高いです。

運動とバランスの良い食事をしながらダイエットをして
規則正しい生活をすればセルライトはなくなりますし、

セルライトが小さくなってきてから、エステや美容外科に
行って治療するのであればある程度の効果があると思いますので

まずは自分で治療することを優先してみてください。

そして補助的なものとしておすすめなのが「ノコア」という
アフターボディトリートメントクリームです。

私は妊娠した時に妊娠線ができてしまったのですが、
このクリームを塗ってかなり効果がありました。

出産後ダイエットがうまくいかずに太ももなどに
セルライトができたので、同じように効果があるかもと
思って継続して塗ったところ、

すぐに効果が出たわけではありませんが、
3か月位したらほとんど目立たなくなりました。

もちろん運動したり、食事にも気を付けたので
このクリームだけで治りましたとは言いません。

ただ身体の中と外からケアをした方が早く治ると
思いますし、エステに行くよりはるかに安いので
一度試していただいてみてはいかがでしょうか。

まとめ

セルライトは自分で治すことができます。
そのためにはまずエステや道具に頼るのではなく

運動や食事改善でダイエットをして脂肪量を減らすことが
大切です。

まずは生活習慣を見直すところから始めてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ