プロポリスの栄養成分と効果効能について!副作用や注意点、正しい選び方を紹介

ハチ関連のものといえばハチミツプロポリス
ロイヤルゼリーを思い浮かべる人が多いのでは
ないでしょうか?

私は20年ぐらい前に、友人から勧められ、
プロポリスを飲んでいましたが、

詳しい効能も知らなかったため、
あまり効果を実感できず長続きしませんでした。

ただずっと気になっていたので、最近プロポリスについて
色々詳しく調べてみたところ、近年色々なことが判明して

プロポリスの豊富な栄養成分が健康や美容に
驚くほど多くの効果や効能をもらたらすようです。

ただプロポリスであればどれも同じではなく
正しい商品を選ばないと効果がないこと、

また、摂取する上での注意点もあるので
プロポリスをきちんと理解してから
摂るようにしましょう。

スポンサードリンク

✿プロポリスとは?

 

プロポリスは、ミツバチ自身の唾液や
パロチンと呼ばれるホルモンなどの分泌物と

さまざまな樹木から集めた樹脂に花粉などの
植物成分を混ぜ合わせて生成し、

ワックスのようなネバネバした茶褐色の物質です。
日本では「蜂ヤニ」とも呼ばれています。

プロポリスはもともとミツバチが自らの巣を
守るためのもので非常に強力な殺菌作用があり、

巣を腐敗させる原因となる微生物やウイルスなどの
侵入を防ぐためのものといわれています。

プロポリスがもたらす殺菌作用は、樹脂や樹液に関係があり、
そもそも樹脂などは、植物が傷ついたときに自ら分泌し、
その傷口を守るために働きかけるものです。

植物の新芽やつぼみなども、バクテリアなどの微生物から
自分を守るために、抗菌作用が備わっています。

そのため、それらを使用して生成したプロポリスは、
優れた殺菌作用や抗菌作用があると考えられています。

また、プロポリスはセイヨウミツバチしかつくらず、
もともと日本に生息していたニホンミツバチには
この習性はありません。

そのため、日本ではプロポリスの研究がまだ浅いのですが
世界各地では古くから皮膚病や切り傷などの治療に
用いられてきました。

プロポリスは日本では健康食品ですが、
ドイツデンマークロシアなどでは医薬品として
使用されています。

スポンサードリンク

プロポリスに含まれる栄養成分

プロポリスは栄養成分の種類が豊富で、
産地などで変わりますが300種類以上含まれていると
言われています。

ビタミン類はビタミンB1、B2、ビタミンE、葉酸、
ミネラルはカルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛などが
含まれていますが

含有量に関しては特に多いというわけではなく、
ビタミンCに関してはほとんど含まれていません。

プロポリスで注目されている成分は

アルテピリンC」:プロポリスだけに含まれる成分で
特にブラジル産に多く含まれている。抗ガン作用がある。

p-クマル酸」:酸化防止剤の効果がある成分。麦茶やピーナッツ、
トマト、ニンジンなどにも含まれる。
こちらも抗ガン作用がある。

フラボノイド」:ポリフェノールの一種で、フラボノイド類、
カテキン類、アントシアニン類などいくつか種類があります。

プロポリスはフラボノイド類のケルセチンなどが多く含まれていて
抗酸化作用やアレルギー抑制作用があります。

(プロポリスの産地により20~300種類以上のフラボノイドが
含まれています)

クロロゲン酸」:コーヒーなどにも含まる成分。
脂肪燃焼効果が注目されています。

4-カフェオイルキナ酸」:アルツハイマー予防が注目されています。

これらは全てポリフェノールですが。

精油成分のひとつである「テルペノイド」も
抗ガン作用
があります。

これらの成分の効果や効能を紹介します。

プロポリスの効果効能

✿抗ガン作用

日本では、1991年9月にブラジル産プロポリスに抗腫瘍活性
(腫瘍細胞が活発に増殖するのを抑えたり、腫瘍細胞を死滅させたりする働き)
をもった物質が含まれていることが発表され、それ以降、
ガンの治療薬としての期待が高まっています。

その理由としてプロポリスには多くの抗ガン成分が含まれています。

プロポリスだけに含まれるアルテピリンCには
ガン細胞の増殖を抑制した」という実験の結果があります。

また、一般的な抗がん剤と違って、
「正常な細胞は攻撃せずにガン細胞だけ抑制した」と
いうことで期待が高まっています。

特にブラジル産のプロポリスに多く含まれていると
言われています。

「p-クマル酸」は発ガン性のあるニトロソアミンの生成を
抑えることにより、胃癌のリスクを減らすと考えられています。

ニトロソアミンはあまり聞きなれないですが
実は身近なものです。

ハムやベーコンには亜硝酸Naという発色剤が
使われていますが

この成分は肉に含まれる2級アミンと結合して
ニトロアミンという発ガン物質を作ります。

「p-クマル酸」がこの発がん物質を生成を
抑えてくれます。

「フラボノイド」の一種である「ケルセチン」は
ガンの温熱治療の効果を高めるともいわれています

さらに「テルペノイド」にも抗ガン作用があり

このようにプロポリスにはガンに効果あると言われている
成分がいくつか含まれていますが、

まだ研究段階であり、ガン抑制効果を保証するものではありません。

ただプロポリスには300以上の栄養成分が含まれているので
紹介したがん抑制成分以外にも効果がある
成分が含まれている可能性もあります。

近い将来、ガン治療も、副作用になやまされない時代を
期待したいですね。

✿美容美肌効果と発毛効果

プロポリスには新陳代謝を活発にし、皮膚細胞の再生を
活性化させる働きがあるといわれています。

それはビタミンB1B2といった
美容効果が期待できる栄養成分や

フラボノイドなどのポリフェノールには
抗酸化作用(=老化防止作用)があるので
シミやしわの予防・改善効果が期待できます。

さらにプロポリスの強力な抗菌・抗炎症作用はニキビや
口内炎などを抑える効果もあります。

このようにプロポリスには肌の老化を防ぎ、
若々しさを取り戻す作用があるので

それらの美容効果を利用した、プロポリス入りの石鹸や
化粧品などが最近たくさん販売されています。

実際に医療薬として使用されている欧米諸国では
やけどやニキビ、イボ、シミ、帯状疱疹に塗布などで
使用していますが、かなりの回復力があるようです。

そして美肌効果だけでなく発毛・育毛効果
白髪を黒くする作用がある事も期待されていて
プロポリス配合の育毛剤も最近増えてきましたね。

このようにプロポリスは『若さと活力を与える薬』
としても評価されています。

花粉症の緩和効果

プロポリスが花粉症の抑制に効果があると
期待されるのは4つの理由があります。

①プロポリスの抗炎症作用が鼻の粘膜の炎症を抑える

②リラックス効果のあるフラボノイドが神経過敏になった
粘膜の神経を緩和させる効果がある

③多くの多糖体の粘質が鼻の粘膜に薄い膜を作り、
外の刺激から鼻の粘膜が守られる

※この場合は綿棒にプロポリスを薄くぬってから
鼻の粘膜にぬります。

④有効成分のジデルベンは細胞の働きを正常にすると
言われており、炎症を起こして傷ついた細胞を
正常に戻す効果があると期待されている

このように一つの理由ではなく、複数の理由で
花粉症が緩和するのであれば、
試してみる価値はあるのではないでしょうか?

虫歯、歯周病、口臭などの予防効果

プロポリスの持つ抗菌作用と抗炎症作用は
歯磨き粉にも使用されています。

歯垢を除去し、虫歯や歯肉炎、歯周病、口臭、
口内炎などの予防になります。

歯ブラシにプロポリス液を3~4滴つけて歯を磨くと
効果的です。

ストレス緩和

プロポリスには交感神経と副交感神経のバランスを
保つ働きがあり、自律神経失調症に効果があると
期待されています。

実際にプロポリスをこの病気の改善のために
使用しているところもあります。

プロポリスに含まれているビタミンB1やフィトンチッドと
パントテン酸などの成分が、
ストレスを緩和してくれる効果があるとされています。

フィトンチッドとは
樹木などが発散する化学物質のことで、
具体的には植物が傷つけられた際に放出する、
殺菌力を持つ揮発性物質のことを指します。

消臭効果や自立神経の安定に効果的と言われ、
肝機能を改善したり快適な睡眠をもたらす
リフレッシュ効果があります。

プロポリスのその他の効果や効能

プロポリスには紹介した以外にも

」:結膜炎、眼精疲労、ものもらい

外傷」:化膿、切り傷、あかぎれ、しもやけ、やけどなど

皮膚・肌」:湿疹、水虫、爪水虫、イボ、まめ、あせも、
うおのめ、じんましん、アトピー性皮膚炎など

関節」:腰痛、関節炎、関節リウマチなど

消化器系」:慢性胃炎、肝炎、便秘、胃潰瘍、肝硬変、
大腸炎、十二指腸潰瘍など

呼吸器系」:肺炎、肺結核、気管支炎、気管支ぜん息など

その他」:かぜ、インフルエンザ、咽頭炎、貧血、
低血圧、高血圧、脳梗塞、糖尿病、腎不全、慢性腎炎、
更年期障害、不眠症、生理痛、膀胱炎、パーキンソン病、
自律神経失調症など

このようにたくさんの病気や症状に効果が出た報告がありますが
その実態はまだ解明できていない部分も多くあります。

また日本では薬ではなく、栄養補助食品(サプリメント)
ですので

プロポリスで~が治ります。」とは言えません。

あくまでも効果が期待されるという表現に留めなければいけませんが

欧米の一部で医薬品として使用されている国があるので
通常のサプリメントよりはかなり期待できそうですね。


プロポリスに副作用はある?注意点は?

プロポリスには副作用がありません。

そもそも「副作用」とは薬本来の目的や効果以外の
作用が出ることですので

医薬品ではなくサプリメントのプロポリスには
副作用という言葉は当てはまりません。

ですがプロポリスは誰でも安心して摂取して良い
というわけではありません。

まず当たり前ですが、
商品パッケージに書いてある摂取量を守らなくては
健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。

そしてプロポリスでは好転反応が起る人がいます。

まれにではありますが、だるさや熱っぽさ、
頭痛、腹痛、疲労感、湿疹などの
症状が現れることもあります。

これは副作用ではなく、体内に溜まっていた毒素
老廃物などが排出されて、

健康体に戻るための一過程の症状のことです。

副作用でしたら症状が良くなることはありません。

ただその症状が本当に改善されないというのであれば
好転反応とは別の可能性もあるので

心配や気になることがあればお医者さんなど専門家に
相談しましょう。

プロポリスの正しい選び方とおすすめ品

プロポリスはキャンディ―の中に入っていたり、
カプセルタイプや原液のものまで色々な形状で
販売されていますね。

プロポリスはハチミツやローヤルゼリーと
比べてもほんの少ししか抽出されない
貴重で高価なものなので、

1袋数百円で購入できるキャンディ-には
少量しかプロポリスは含まれていないものではなく
原液タイプをおすすめします。

カプセルタイプのものはプロポリス以外にも
添加物などが含まれていておすすめできません。

ではプロポリス原液であればどれでも良いのかというと
そうではありません。

原産地はヨーロッパや中国、ブラジルなどが
ありますが、

おすすめはブラジル産のプロポリスです。

「ヨーロッパ種」のミツバチよりも「ブラジルの
アフリカ系ヨーロッパ新種」のミツバチの分泌物を
混ぜてつくりだされるプロポリスの方が、

より多くのプロポリス成分であるフラボノイドを
含有しているといわれています。

また、ブラジルのミツバチは高い防衛本能と攻撃性、
そして強い生命力を持っているため

蜂を保護する為によく使われる栄養剤や抗生物質などの
薬を殆ど必要としないという点でも

ブラジル産のプロポリスがおすすめです。

ではブラジル産であれば何でも良いのかというと
そうではありません。

ブラジルは日本の23倍も面積が広い国ですから
良質のプロポリスの原塊が採れる地域が良く

一般的には「ミナスジェライス州産」のプロポリスが
良いと言われています。

ですがミナスジェライス州のはずが全く違った
地域のものであったり、

別の地域からミナスジェライス州に送って、
「ミナスジェライス州産」として日本に輸出という
問題もあったようです。

このようなことは仲介に日本の大手商社を
通していることが多く、

商社の人が本当にブラジルの養蜂場に詳しいのであれば
問題ないのですが、

現地の人から見下されてまがいものを高価で
買い取らされるのかもしれません。
(これはあくまで予想ですが)

ではブラジル農務省検定のマーク「S.I.F.」が
付いている商品もありますが
それもあまり信用が高いものではありません。

既得している業者の名義を借りれば、
何の検査もなくマークを好きなだけ貼り付ける事ができるからです。

ではどうやって本物のプロポリスを見つければ
良いのかというと

プロポリス原料に精通していて、
長年信頼されている製造者のプロポリスを
購入することです。

そのおすすめなのがマヌカハニーの販売で知られている
「株式会社TCN」のプロポリスです。

 

TCN製品の原料は商社などを通していなくて
全てTCNのプロポリス原料の専門家集団による
ブラジル兄弟会社(A.F.S.M.社)によって産地で集荷され、
日本国内で製品化された一貫性のある製品です。

しかも1974年からという長年の実績や信頼がある会社です。
これまでのプロポリスの販売までの経緯なども
ホームページに詳しく書かれています

もちろんその他のメーカーでも信頼できる会社は
あると思いますが、

仕入れから製造まで一貫しているのと
長年の信頼から考慮しても
TCNのプロポリスはおすすめです。

TCNのホームページはプロポリスの詳細はこちらから

 

まとめ

プロポリスはまだまだ解明されていない事が多く
今回紹介したフラボノイド類の効果や効能は

プロポリスにある健康維持に有効な成分のほんの一部です。
今後色々なことが判明されるのが楽しみです。

ただプロポリスはとても貴重で高価なものですが
プロポリスとはとても言えないような
商品も出回っているようなので

きちんと調べてから購入するようにしましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ