サラダ油の原料は遺伝子組み換え作物がほぼ100%の理由!正しい食用油の選び方は?

食べ物を購入するときに原料に
遺伝子組み換えではない」という表示を
確認して買う人も多いようです。

ですが実は日本人が一番購入している食用油である
サラダ油」はたとえ主要原料が遺伝子組み換え作物
を使っていても表示する義務がないのです。

なぜでしょうか?

スポンサードリンク

遺伝子組み換え作物の表示義務について

食品のパッケージには必ず原料の表記があります。
そして含油量が多い順から記載するように
義務づけてあります。

そして日本では遺伝子組み換え作物を使用している場合に
表記しなくてならないのですが、

現在日本で輸入が許可されている遺伝子組換え作物は

大豆、じゃがいも、とうもろこし、菜種、
綿実、アルファルファ、てんさい(砂糖大根)、
パパイヤの計8種類です。

①加工品の表示対象が上位3品目
②5%以上の遺伝子組み換え作物の混入は表示

が対象ですので

①の場合上位4品目以下の場合は遺伝子組み換え作物でも
表示義務はなく

②の場合5%未満の遺伝子組み換え作物が混ざっていても
遺伝子組み換えではない」と表記して良いことに
なっています。

ようするに含まれている割合が低ければ
表示しなくて良いということです。

これはこれでおかしい気がしますが
少しの原料でも表示義務が発生すると
加工食品会社の負担がかなり大きいというのと

少量であれば危険性は低いということなのでしょう。

もともと厚生労働省では遺伝子組み換え作物は
安全だと言っています。

それなのに遺伝子組み換え作物に表示義務がある
というのもおかしい話ですね。

安全だと主張するならば表示義務はなくても
良いはずです。

やはり危険性はあるという認識なのでしょう。

ですが遺伝子組み換え作物表示には例外があるのです。

スポンサードリンク

サラダ油に遺伝子組み換え作物の表記が必要ない理由

サラダ油の主要原料といえばトウモロコシ(コーン油)や
大豆(大豆油)、菜種(キャノーラ油)です。

これらは輸入許可されている遺伝子組み換え作物の8種類に
含まれていますので

原料の上位3番目以内で、5%以上遺伝子組み換え作物が
含まれていれば表示の義務があります。

ですがどのサラダ油を見ても
「遺伝子組み換え作物を使用している」
または
「遺伝子組み換え作物を使用していない」
といった表記がありません。

それならば

「サラダ油は遺伝子組み換えではない作物を
使用しているのでは?」

と思うかもしれませんが

実はこれには裏があります。

「組み換えDNAやそれによって生成したたんぱく質が
含まれない食品には表示義務がないのです」

「ちょっと何言っているのかわからない?」

と思うかもしれませんね。

遺伝子とは生物の遺伝情報を伝えるDNAが集まったものです。
このDNAにはたんぱく質を作る働きがあります。

豆腐や納豆などは加工した後もたんぱく質が含まれています。
そのたんぱく質から遺伝子組換えかどうか判断ができるので
表示義務があります。

ですがサラダ油は製造過程でたんぱく質が分解されて
無くなってしまうので、遺伝子組み換えかどうか
判断できないために表示義務がないのです。

本当に健康に良い食用油はコールドプレス
(低温圧搾)製法といって低温でじっくりと
時間をかけて作るので

栄養成分であるタンパク質までしっかりと残ります。

ですがサラダ油は時間を短縮して大量生産するために
化学薬品を使用し高温で処理します。

そうすると原料の植物の栄養成分はすっかり
無くなってしまい、タンパク質も残りません。

そして高温で処理することでトランス脂肪酸も
発生します。

ですがサラダ油のパッケージには主要原料である
大豆や菜種などを一番最初に表記しても
遺伝子組み換えと表記する義務がないため

遺伝子組み換え作物はできるだけ避けたいという
消費者もサラダ油は遺伝子組み換え作物は使用していないと
思いこんで、安心して買っていますが

実は「国産の原料を使用」と表記していないサラダ油の
ほぼ100%は遺伝子組み換え作物の原料を
使用しています。

トランス脂肪酸の危険性やその植物に含まれている
栄養成分も摂れず、しかも遺伝子組み換え作物を
使用しているということは本当に

体にとても悪い食べ物ということになります。

正しい食用油の選び方

食用油というと健康に悪いイメージがありますが
もともと原料は植物を使用していて、

そこから抽出されたものですので、
正しい製法で作られてた油は健康に良いです。

※ただし摂り過ぎはカロリーが高く、
脂肪酸の1日に必要な量を超えるのも
健康によくないので注意が必要です。

最近では健康ブームで
オメガ3系脂肪酸のアマニ油やえごま油
グリーンナッツオイルや

オリーブオイル、ココナッツオイル、
最近では米油、MTCオイル、
グレープシードオイルなども

健康に良いということで紹介されています。

ですがこのブームに乗っかって、
悪質な商品が出回っているのも多いです。

オリーブオイルはエキストラバージンオリーブオイルが
一番良いと言われていますが

市場に出ている8割、もしくは9割は偽物と
言われています。

詳しくはオリーブオイルは偽物が多い?本物の選び方とおすすめは?
ご覧ください。

えごま油などの一時品切れがおこり、
手に入れることができない時期もありましたが

最近では質の悪いものも出てきました。

結局原料がえごまだとしても、
大量に短時間に作るために高温で処理を
してしまえばサラダ油と同じです。

必ず「コールドプレス製法または
低温圧搾製法と表示されている食用油」
を選ぶようにしてください。

下記で食用油の種類とおすすめ品も紹介しています。

食用油の種類とおすすめ、えごま油、ココナッツオイル、オリーブオイルの違いは?

スポンサードリンク

まとめ

サラダ油の良い点は安いと保存期間が長い
という点だけです。

遺伝子組み換え作物を使い、トランス脂肪酸が
含まれていて、栄養成分は全く含まれていない
血液をドロドロにする油です。

本来は食用油は植物を原料としているので
動物から採れる油よりも健康に良いはずなのです。

ですが短時間で大量に安く製造するために

遺伝子組み換え作物を使用して高温で
短時間に処理をし、安いサラダ油を
大量に販売します。

消費者は安い油が手に入ったと喜んで
買っていくので、

さらに製造するわけです。

本来の油は栄養成分豊富な植物を使用して
低温で時間をかけて成分が損なわないように
製造します。

これを低温圧搾製法またはコールドプレス製法と
言います。

最近は健康油がブームといってもいまだに
サラダ油が日本では一番売れています。

テレビでは大手食品メーカーがスポンサーなので
「〇〇油は健康に良い」ということは言いますが

絶対に「サラダ油は危険!」という番組はやりません。
(NHKでもやらないでしょう)

テレビなどの媒体だけの情報に惑わされないようにしましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ