ラクトフェリンがインフルエンザやノロウイルス、ロタウイルスなどに効果がある理由

ラクトフェリンヨーグルト」でおなじみのラクトフェリンは毎年冬に流行の恐れがあるノロウイルスロタウイルスによる急性胃腸炎インフルエンザなどにも効果があると言われています。

なぜこのような病気にラクトフェリンがおすすめなのか、その特徴と効果効能についてお伝えします。

スポンサードリンク

ラクトフェリンとは?

19b28e92f357bc3ed27c9284f86cdda8_s

ラクトフェリンは母乳に含まれるタンパク質です。

特に出産後の3日間の初乳に多く含まれ、生まれたばかりの赤ちゃんを風邪などのさまざまな感染症から守ると言われています。

生後6か月程度の赤ちゃんがほとんど病気にならないのはこの初乳に含まれるラクトフェリンが赤ちゃんのノドや消化器官に免疫力や殺菌力を与えてくれるからです。

そしてこのラクトフェリンがインフルエンザやノロウイルスといった病気の予防だけではなく、美容や健康、ダイエットなど多くの効果が期待されています。

スポンサードリンク

ラクトフェリンがインフルエンザやノロウイルスに効果

インフルエンザに関してはr-1ヨーグルトカスピ海ヨーグルトの乳酸菌などが有名ですね。

特にr-1ヨーグルトはテレビで紹介されて一時期お店から無くなったこともありました。

インフルエンザに効く理由としてヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を改善し、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化することで免疫力がアップするため、インフルエンザにかかりにくくなり、またかかったとしても軽い症状で済むと言われています。

ラクトフェリンも免疫力を活性化させる働きもあり

  • ノロウイルス
  • インフルエンザウイルス
  • RSウイルス
  • ロタウイルス
  • アデノウイルス

などのウイルス感染胃腸炎の抑制や発症後の症状を和らげると言われています。

ただこれだけだと乳酸菌の効果とあまり変わりがないのですが、ラクトフェリンにはもう一つの働きがあります。

ノロロタウイルスなどが増える場所は小腸十二指腸で、腸の表面にある細胞に入り込み、水分や塩分を調節する機能を破壊します。

それがつらい下痢などの症状を引き起こすのですが、ラクトフェリンは腸の表面にぴたっと張り付き細胞をノロウイルスロタウイルスなどをガードします。

また、ラクトフェリンが胃の中で変化してできる「ラクトフェリシン」という物質が直接ノロウイルスなどにくっつき、腸の表面にある細胞に入り込むのをガードしたり死滅させる働きもあります。

実際にラクトフェリン100㎎(ヨーグルト1個分)を食べている人でノロウイルスと診断された割合は

  • 週1回食べた人は7.1%
  • 週2回食べた人は1.8%
  • ほぼ毎日摂取した人は0.6%

と摂取回数が多くなるほど、ノロウイルスの発症リスクが減少する結果が出ています。

このようにラクトフェリンには

  • 免疫力をアップさせる
  • ウイルスの侵入を防いだり、死滅させたりする

といった効果が期待されています。

インフルエンザ対策のために乳酸菌を摂るのも確かに良い方法です。

ですが免疫力アップだけでなく、実際にウイルスを死滅させてくれたり、ガードする働きがあるラクトフェリンを摂るほうが、さらに病気にかかりにくくなったりするのでおすすめです。



ラクトフェリンのその他の効果効能

ラクトフェリンはその他にも生活習慣病の予防内臓脂肪を減らすダイエット効果などが注目されています。

特に脂肪減少効果は日本肥満学会で発表されて話題となっています。

ラクトフェリンタブレット(ラクトフェリンとして1日あたり300mg相当)を毎日摂取したところ、運動や食事制限が無くて2か月で平均

  • 体重が2.5kg
  • 腹囲3.4cm
  • 内臓脂肪面積が12.8cm² 

減少しました。

そして最近注目されているのが花粉症に対する効果です。

アレルギー症状を抑えるだけでなく、アレルギーの原因とも言えるヒスタミンにも効果があるのではないかと言われています。

その他にラクトフェリン効果が期待されているのは

  • 腸内環境を改善することによる便秘解消
  • ホルモンバランスの調整による生理痛改善
  • 口内炎歯周病予防
  • 骨粗しょう症の予防
  • 薄毛対策
  • ワキガ対策
  • 美肌

といった本当にさまざまな効果が期待されています。

ラクトフェリンが含まれている食品

ラクトフェリンが含まれている食品で有名なのはやはりヨーグルトですね。

「ラクトフェリンヨーグルト」大きなスーパーでもよく見かけます。
ヨーグルト1個に100㎎のラクトフェリンが含まれています。

ラクトフェリンヨーグルト リニューアル 1ケース(12個入){M-0298}

そしてヨーグルト以外にはチーズにもラクトフェリンが入っていますが、熱処理をしているプロセスチーズには
全く入っていなくて、ゴーダチーズやチェダーチーズなどのナチュラルチーズに含まれています。

ただナチュラルチーズばかり毎日食べるのも大変ですし、ヨーグルトなどの乳製品が苦手な人もいますね。

しかも家族で食べるとなるとかなりお金もかかってしまいます。

そこでおすすめなのがラクトフェリンのサプリメントです。

ただラクトフェリンのサプリメントも多くのメーカーが販売しているので、どれが良いのか悩むかもしれません。

商品によってはラクトフェリンは入っているものの、ごくわずかだったり、体に良くない添加物が入っているサプリメントもあります。

そこでおすすめなのを2つ紹介します。

まずは「森永乳業のラクトフェリン」です。

やはり「ラクトフェリンヨーグルト」を製造していてラクトフェリシンも発見している森永乳業のサプリメントというのが安心ですね。

ただ価格が高いのが難点です。

ラクトフェリンは牛の生乳から1リットルあたり0.2gしか採れない貴重な成分なのでラクトフェリンの含有量が多いサプリメントほど高くなる傾向にあります。

実際アマゾンで販売しているラクトフェリンは4,900円(税込・1か月分)です。

森永ラクトフェリン 90粒入り 新アルミパウチパッケージ! 2個セット(1日6粒×30日分)

そしてラクトフェリンにビフィズス菌をプラスしている「ラクトフェリンプラス」は送料込みで11,080円なので少し高い感じがします。

もちろんラクトフェリンの研究は森永乳業が一番なのでそのメーカーのサプリを高いお金を払っても欲しいという方は問題ありませんので安心してご購入ください。

ラクトフェリンにビフィズス菌をプラス ラクトフェリンプラス 180粒入り

私の場合は子どもいるので、みんなで飲むとなると継続購入が厳しいと思い、もう少しやすくて、しかも品質は森永乳業と同じくらいのラクトフェリンのサプリメントを探してみて、実際に購入したのが

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」(60粒)です。

DSC_0201

サプリメント以外にもラクトフェリンについて詳しい説明書も入っています。

DSC_0193

ラクトフェリンは1粒に150mg入っているのでノロウイルスやインフルエンザ対策では1日1粒で十分です。

そしてラクトフェリン以外にもビフィズス菌フェカリス菌が含まれています。

ビフィズス菌は腸内の善玉菌の99%を占める最大勢力で腸内環境を改善するには加齢やストレスで減少してしまうビフィズス菌を継続的に摂取する必要があります。

ビフィズス菌の効果は

  • 整腸作用(便秘の改善)
  • 生活習慣病などの多くの病気の予防や改善
  • 免疫力がアップしてカゼやインフルエンザなどにかかりにくくなる
  • アレルギー疾患の症状改善や予防
  • 肌荒れの改善(美肌効果)
  • うつの改善

などが期待されます。

そしてフェカリス菌はまだ聞きなれない方が多いかもしれませんが

最近注目されてきていて新型乳酸菌とも言われています。

以前乳酸菌は生きて腸まで届かないと効果がないと言われていましたが実際は死滅しても食物繊維のような働きをするため、どのような状態でもある程度の効果が見られると言われています。

フェカリス菌は加熱殺菌して死滅しても効果が得られるだけではなく、死滅した状態で摂取した方がより高い効果を得られることも報告されています。

また他の乳酸菌と比べて超微粒子なので一度で大量の菌を摂取できて増殖が速いという特徴もあります。

そのフェカリス菌の効果はビフィズス菌などの他の善玉菌と同様ですが、動物実験では免疫力をアップしてインフルエンザにかかった時に免疫力を高めて撃退する効果と、インフルエンザを予防する効果のどちらもあることがわかっています。

そしてスギ花粉症にかかっている患者さんにフェカリス菌入り乳性飲料を継続的に飲ませた結果、鼻をかむ回数や目のかゆみなどが減り、アレルギー症状が改善する傾向が認められた研究報告もあります。

さらにこのサプリメントにはオリゴ糖も含まれていて、オリゴ糖は善玉菌のエサになって善玉菌を増やす働きがあります。

オリゴ糖が含まれることによってビフィズス菌やフェカリス菌といった善玉菌の効果がより一層期待できるわけです。

ただ中には「効果がある成分が含まれているのはわかったけど、他には体に良くない成分や添加物が含まれているのでは?」と思う方もいるかもしれません。

ですがホコニコのラクトフェリンサプリの原材料は

●デキストリン
●甜菜オリゴ糖
●乳酸菌末
●ラクトフェリン(乳由来)
●HPMC

安全な成分だけです。

デキストリンはデンプンの一種で水溶性の食物繊維です。

  • 善玉菌のエサになり善玉菌を増やす
  • 食後の血糖値の上昇をゆるやかにする
  • 内臓脂肪の蓄積を防ぐ

などの働きがあります。

甜菜オリゴ糖の甜菜(てんさい)はビートや砂糖大根とも呼ばれます。

甜菜オリゴ糖はオリゴ糖の中でも最も早く、大腸でビフィズス菌のエサになると言われています。

HPMCは初めて聞く方も多いかもしれませんが、植物由来の食品添加物で、微生物により分解される性質がある
環境にも優しい美容成分で世界的にも安全性が広く認められています。

このように安全性にも問題なくラクトフェリンも1粒に150㎎と他のサプリメントと比べても多く含まれています。

美容や内臓脂肪の減少が目的ならば1日2粒、ノロウイルスやインフルエンザ対策ならば1日1粒で十分です。

ここまでの説明から森永乳業のラクトフェリンサプリメントと同じくらい高い値段なのでは?
思うかもしれませんが、

定期購入ですと初回の価格が1,980円(税抜、送料無料)と他サプリの定期購入の半額以下ですので一度試してみたいという方におすすめのサプリです。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌のホームページはこちらから

また2回目の購入からは4,500円(税込)ですがこれでも他のサプリメントよりは安いですね。

しかも森永乳業の場合はラクトフェリンと乳酸菌が一緒になったサプリは1万円以上しますが、ホコニコはラクトフェリンにはビフィズス菌とフェカリス菌が含まれています。

また定期購入といってもよくある最低2か月、3か月継続といった縛りがないため、もし効果が実感できない場合は
2回目の購入をキャンセルすることも可能です。

私も以前はラクトフェリンヨーグルトにしていたのですが子どもたち(3人)に毎日食べさせるのはかなりお金がかかるのと、子どもたちもだんだんと飽きてきました。

その後森永のラクトフェリンサプリメントを知り、他でも同質のラクトフェリンがないか探してみて見つけたのがホコニコのラクトフェリンです。

以前ノロウイルスは数年に一度大流行していましたが、最近は新型ノロウイルスが発見されてから毎年冬になると流行しています。

さらにインフルエンザも今年は予防接種のワクチンが不足しているような状況です。

それならば免疫アップさせて、ノロウイルスやインフルエンザウイルスが体内に入ったとしてもふせいでくれるラクトフェリンでこの冬を乗り切りませんか?

昨年から飲みだしましたが、私はもちろん子どもたちもとても元気です。

夫はもともと元気なので飲ませていません(笑)

ぜひウイルスの予防やアレルギー症状の改善といった健康効果だけでなく、美容やダイエットにも効果が期待されているラクトフェリンのヨーグルトやサプリメントを試して見てくださいね。

impホコニコのラクトフェリン+乳酸菌のホームページはこちらから

まとめ

本当にラクトフェリンには様々な効果効能がありますね。

ノロウイルス、インフルエンザウイルス対策を別々にやるよりも一緒の方が効率的ですし、ウイルス対策だけでなく、様々な効果効能が期待されているのが良いですね。

仕事や受験などで絶対に病気にかかりたくない方は予防のために、その他の方は健康や美容のために、ぜひラクトフェリンを試してみてください。

バナー原稿imp



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ