緑茶の効果は品種別でさらにアップ、アレルギー抑制、ニキビ予防などを紹介!

376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s

緑茶は健康に良いということで注目されていますが、

今年から「機能性表示食品」の販売がスタートしたことにより
緑茶の品種別によって、様々な効果を表示できるようになりました。

それでは緑茶の品種別にどのような効果があるのか
紹介します。

関連:緑茶の驚くべき効果効能と栄養成分!1日何杯まで飲んで良い?

スポンサードリンク

緑茶の成分カテキンの効果

緑茶言えばポリフェノールの一種で渋み成分の
カテキンが有名ですが

どのような効果があるのかご存知ですか?

カテキンの効果

 口臭の予防
 ダイエット効果(脂肪燃焼作用)

運動する前に緑茶を飲むと効果的
 体質改善の効果
腸内フローラが整えられる
 免疫力アップ(ウイルス撃退効果)
 抗酸化作用

老化防止・生活習慣病の予防
 記憶力の向上

などが期待されています。

また1日に5~6杯分の緑茶に相当する
カテキンを摂取すると排便が好調になり、
しかも便の腐敗臭も軽減することが
報告されています。(体質改善の効果)

スポンサードリンク

高機能品種茶の効果

今は緑茶の品種によって高い効果が期待できる
高機能品種茶が注目されています。

コレステロールが気になる方は「碁石茶」

碁石茶は生産量が少なく幻のお茶と言われている
高知県名産のお茶です。

碁石茶はとても酸っぱいのですが、
これは乳酸菌とバクテリアにより発酵しているからです。

最近の研究で乳酸菌とカテキンが両方あることで
血液中の悪玉コレステロールを減らす結果が出ていて
効果が期待されています。

花粉症などのアレルギー症状には「べにふうき」

べにふうきは鹿児島県産のお茶で
メチル化カテキンが多く含まれていますが

この成分がアレルギー症状を和らげる為
花粉症などの緩和に効果があると言われています。

ポイントは
カテキンを多く抽出するために熱湯で淹(い)れる
ことです。

ストレスでよく眠れない場合は「さえみどり」

さえみどりも鹿児島県で生産が多い緑茶ですが
リラックス効果の高いテアニンが豊富です。

ポイントは
60℃位のぬるめのお湯で淹れることです。

これでぐっすり眠れますよ。

菌やウイルスに対して強くなるにはゆたかみどり

カテキンの中でもエピガロカテキンが豊富で
体の免疫力や抵抗力を高める効果があるので

菌やウイルスに対して強い体になり、

インフルエンザワクチンを助ける効果がある
言われています。

脳の認知機能を改善が期待されている「そうふう」

そうふうにはタマネギに入っている機能性成分の
ケルセチンが特に多く含まれている品種です。

そうふうを飲むことによって脳の認知機能を改善
生活習慣病の予防などが期待されています。

お風呂に入れるとニキビ予防があるお茶

これは飲むのではなく、お風呂に入れます。

出がらしのお茶を市販されている茶葉を入れるパック
に入れます。

これを3~4袋お風呂に入れるだけです。

カテキンの殺菌効果がニキビの原因である
アクネ菌などに効果を発揮します。

こちらのお茶は高級なお茶ではなく

カテキンを多く含む煎茶、
中でも番茶(安いお茶)がおすすめです。

夏の強い日差しに当たるほどカテキンは増加しますが
カテキンが多いとお茶が渋くなって値段が
安くなってしまいます。

そして先程も紹介しましたが
出がらしのお茶を利用するのがポイントです。

買いたてのお茶を利用するとカフェインが多く
肌には刺激が強すぎます。

そしてお風呂に入れる時の濃さは通常飲むくらいの
濃さが目安です。

まとめ

このように緑茶には様々な効果が期待できますが
品種別に飲むことによってさらなる効果が期待できますので

悩んでいることに内容別に緑茶を飲み分けてみてください。

ただ緑茶はカフェインが多く含まれていて
少量であれば問題ないのですが、

摂り過ぎるとよくありません。

特に妊婦さんはお腹の赤ちゃんにも影響がでるので

その場合はノンカフェインの麦茶
ルイボスティーをおすすめします。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ