歯のホワイトニング剤の選び方は?研磨剤や市販の歯磨き粉に注意!

歯が黄ばんでいたり、茶色くなっている方は
人前で大きく口を開けて笑うのが恥ずかいですよね。

そこで最近は日本でも海外でも
歯を白くするホワイトニング剤や歯磨き粉が
多く販売されていますが

「歯が白くなる」という市販の歯磨き粉の中には
歯を痛めてしまう場合もあり注意が必要です。

スポンサードリンク

市販の歯磨き粉で歯を白くすることは可能?

歯の色が黄色や茶色になるのは
濃い色の食べ物や飲み物に含まれる着色物質(ステイン)が
歯の表面のタンパク質と結びついて蓄積してしまうためです。

コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、赤ワインといった
飲み物から、カレーやケチャップなどを使用した料理、
そしてタバコも歯の汚れの原因となり、

一度歯に着色すると通常の歯磨きでとることは
難しくなります。

では汚れた歯を市販の歯磨き粉で白くすることは
可能なのでしょうか?

「歯を白くする歯磨き粉」のCMを見たことが
ある方も多いと思いますが、

このような歯磨き粉は研磨剤が多く含まれていて
口に含むとジャリジャリとした粒が入っているのが
実感できます

その研磨剤が歯をこすることにより着色した汚れを
落とすことができます。

「じゃあ自分の歯が黄色いのは研磨剤入りの
歯磨き粉を使えばいいんだね」と

思うかもしれませんが、使用する際には注意が必要です。

スポンサードリンク

研磨剤入りの歯磨き粉の注意点

実際に研磨剤入りの歯磨き粉で歯の汚れは
とれるものの、ホワイトニング効果はありません。

ではウソを言っているのではと思うかもしれませんが
歯の「本来の白さ」という表現を使用しているので
あながちウソとも言えません。

つまり歯が真っ白くなることを期待しては
いけません。

あくまで汚れが落ちて元の白さに戻す効果
(=本来の白さ)があるということです。

そして研磨剤入りの歯磨き粉は注意が必要です。
研磨剤は汚れを落とすパワーを持つだけでなく、

歯の表面に小さな傷を作ってしまうことがあり、
研磨剤入りの歯磨き粉を付けた歯ブラシで

強く歯を継続的に磨くと歯の表面に傷ができ、エナメル質が
削られて歯が薄くなってしまったり

小さな傷の部分に色素が入りこんで
今まで以上に着色しやすい歯になってしまうのです。

そのため毎日使用する歯磨き粉としては
おすすめできません。

歯を白くするのに有効なものは?

歯を白くするのには過酸化水素過酸化尿素という
物質が含まれているホワイトニング製品が有効なのですが

日本では歯科医師が判断してからではないと
処方することができません。

そのため一部の方は海外のホワイトニング製品で
歯の色を漂白し、歯を白くすることは可能です。

ただしこのようなホワイトニング製品は
欧米人の歯には問題なく使用することができても

日本人の歯には刺激が強い場合も多いです。

歯がしみてしまい痛みが発生したり、
歯ぐきが炎症したりする可能性があるので

自己判断で使用するのはおすすめできません。

おすすめ市販のホワイトニング製品

では審美歯科などでホワイトニングをするしか
ないのでしょうか?

確かに審美歯科であればその人に顔に合った
白さに調整することができるので

歯が白過ぎて不自然な白さになるのを
避けることができますし、

ホワイトニングをする際に虫歯や歯ぐきが
炎症していた場合にすぐ気づいて的確な処置を
することができるので安心です。

お金と時間があるかたは是非審美歯科で
ホワイトニングをすることをおすすめします。

とは言ってもお金も時間も無い方も実際に多いと
思いますので、一般的に販売されているもので

おすすめの商品を紹介します。

実際ホワイトニング効果あると言われている
商品がいくつも販売されていますが、

やはり歯を白くする過酸化水素を含む商品は
販売できないので、

歯を白くするというよりも

 歯の黄ばみを除去する
 歯の傷を補修して白く輝かせる

という商品がほとんどです。

その中でもおすすめの商品は

薬用オーラパールです。

薬用オーラパール

歯の黄ばみを除去、歯の傷を補修する以外に
口臭予防や歯周病、歯肉炎を予防する効果があります。

もちろん研磨剤も入っていないので
歯が傷つきませんし、

多くの市販の歯磨き粉に入っていて
健康に悪影響を及ぼすと言われている

合成界面活性剤は入っていません。

関連:市販の歯磨き粉の危険な成分に注意!安全なおすすめの歯磨き粉を紹介

最初に使用した時はおそらく汚れが
結構取れるので驚くかもしれません。

是非歯を白くするだけでなく、
健康の為にも市販の歯磨き粉を止めて

歯や身体に優しい歯磨き粉を使用してください。

薬用オーラパール

まとめ

ある程度歯磨き粉で歯の汚れが落ちて
それでももっと白くしたいと場合は
審美歯科をおすすめします。

ただ研磨剤が入っていない安全な成分の
歯磨き粉である程度歯の汚れを落とせば

審美歯科に行った場合でも費用が
安くすみますので、

ある程度自分で歯をキレイにしてみましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ