ココナッツオイルの健康や美容、ダイエット効果がスゴイ!オイルプリングの方法も紹介

ココナッツオイルが色々な効能があるという理由で
とても流行っていますよね。

オイル(油)というとダイエットや美容、健康とは
かけ離れているように感じるのですが、

ココナッツオイルには他のオイルにはないどのような素晴らしい
効果があるのでしょうか?

スポンサードリンク

ココナッツオイルが体に良いのは中鎖脂肪酸のおかげ

ココナッツオイルは主に中鎖脂肪酸という脂質でできているのですが

この中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の一種です。

飽和脂肪酸というと肉の脂身などをイメージする方も多く
実際に肥満や動脈効果の原因と言われているので悪者扱いされがちですが、

飽和脂肪酸の中でも中鎖脂肪酸はとても優等生なのです。

ココナッツオイルに60%程含まれている中鎖脂肪酸(主にラウリン酸)は
お母さんの初乳にも多く含まれている生まれたばかりの生命を育む上で
欠かせない脂肪酸です。粉ミルクにも必ず配合されています。

そしてこの中鎖脂肪酸のおかげで様々な効果や効能があるのです。

スポンサードリンク

ココナッツオイルのダイエット効果

中鎖脂肪酸はコレステロールになりにくく、またエネルギー代謝を活発にし、
肥満の原因となる中性脂肪がつきにくい特徴があります。
しかも脂肪組織に蓄積されてしまった中性脂肪を減らす作用もあります。

「食事で摂る油脂をできるだけココナッツオイルに変えたところ
1年間に数キロ程度減量したという研究報告がいくつもあります。」

ココナッツオイルはあらゆる油脂の中で最も酸化しにくい油なので
加熱調理に使う油としてはベストチョイスですね。

また 中鎖脂肪酸は肝臓で分解されるとケトン体という物質になります。 

そしてケトン体が増えると体の中の脂肪が燃えやすくなり、
お腹の減りも感じにくくなると言われていますが

そのケトン体を利用したダイエットが最近注目されています。

テレビ番組にもよく出演される順天堂大学大学院教授の白澤卓二教授
ケトン体を有効に働かせながら、糖質制限をした食事療法である

「ケトン体質ダイエット(ケトジェニックダイエット)」を提唱しています。

ケトン体質ダイエットの仕組

① 普段食事で糖質をとると消化によって体内にブドウ糖に分解され エネルギーになる
② そのため糖質を制限するとエネルギーが足りなくなる
③ 代わりに登場するのがもう一つのエネルギー源であるケトン体
④ 人は飢餓状態になると蓄えた脂肪を肝臓で分解しケトン体を作って エネルギーにする

白澤教授は「世界ふしぎ発見」に出演して実際に双子の1人に
ケトン体質ダイエットを実験してもらいました。

その内容は「炭水化物を一切とらない」といった内容です。
(ただし野菜・果物・ナッツに含まれる糖質は制限しません)

※炭水化物は糖質が多く含まれるので砂糖が入った甘いお菓子なども禁止です。

ご飯やパスタが食べられないとあってかなりきつい感じもしますが
ケトン体質ダイエットが他の糖質抜きダイエット違うのは

炭水化物以外はお肉や魚などの食べものもいくらでも食べて良いことと
ココナッツオイルを積極的に摂ることです。

番組ではコーヒーにココナッツオイルを入れて飲んでいました。
ただオイルなのでそのままコーヒーに入れても分離してしまうので
ミキサーにかけると良いそうです。

私の場合はマグカップについているボタンを押すだけで
自動で混ぜてくれる「自動かくはんマグ」を利用しています。

このココナッツミルクコーヒーは本当に美味しいので
おすすめです。

ココナッツオイルの摂取量は1日100ccなので
コーヒー以外にもサラダにかけたりして積極的に摂りましょう。

番組では4週間で7.1kgも体重が減って、腹囲も7.2cm減っていました。

運動も全くしていなく、炭水化物を抜いた以外はカロリー計算を
せずに食べていたにもかかわらずです。
(ちなみに双子の弟は炭水化物を食べていたので2kg程太りました)

この位になると炭水化物を積極的に食べたいと思わなくなるようで
実践していた方は「小松菜を食べたい」と言っていた程です。

最終的には11.64kgまで体重が減ったようですが、
その頃になると少しずつ炭水化物を食べているようです。

♦番組では全く炭水化物をとらないで実験していましたが 雑誌では白澤教授は1日2,000kcalを摂っている人なら400kcal(茶碗1杯半)の ご飯などの炭水化物を食べて良いと説明されています。

特に朝に糖質制限するケトン体体質になりやすいそうです。
ケトン体体質になると脳は炭水化物をとれという指令をださなくて済むので
ラーメンやパスタを食べたいと思わなくなってきます。

このようなダイエットなら1ヶ月程度であれば続けられそうですし、
運動すればさらに効果がありそうですね。

ココナッツオイルの健康効果

アルツハイマー病の予防・改善

ココナッツオイルが世界的に有名になったのは
2008年に認知症がココナッツオイルで改善されたレポートが
発表されてからです。

認知症やアルツハイマーは脳のエネルギーであるブドウ糖を
うまく使えなくなる病気で脳の糖尿病と言われています。

そしてここでも中鎖脂肪酸が活躍します。
肝臓でケトン体に分解され、ブドウ糖がケトンに体に代わり
脳の栄養源になってくれます。

ガス欠で動かなくなった記憶力や判断力がケトン体という燃料を得て
症状を改善してくれます。

効果的な食べ方
アルツハイマー病の改善目的の場合は
1日3回大さじ2杯ほどのココナッツオイルを食事にまぜるか
そのまま飲みます。

ケトン体効果は4~5時間持続します。
健康な人は1日大さじ大さじ2~3杯が目安です。

活性酵素を除去して病気改善・予防

人はエネルギーを燃焼させるために酸素が必要ですが、
使い終わった酸素の活性酵素という厄介な物質に変化します。

その活性酵素は体をサビさせて老化を加速させるのですが
それにより、ガンをはじめ、動脈効果、骨粗しょう症、緑内障などの
病気を引き起こすと言われています。

その凶悪な活性酸素を除去する働きがあるのがケトン体にあるということを
最近の研究で解明されました。

そのため上記のような病気や老化防止にもココナッツオイルは効果があります。

オイルプリングで歯周病などの予防だけでなく、アレルギー改善も

最近ハリウッド女優やモデルなどで「油のうがい」「オイルプリング」
流行っています。

オイルプリングをすることで口臭、虫歯、歯周病菌の予防、改善
効果を発揮してくれます。

そして口内を清潔にするばかりだけではなく、全身を健康に
保つ効果がオイルプリングにはあります。

糖尿病、アレルギー病、高血圧、腰痛、不眠症、片頭痛、
慢性疲労、大腸炎、クローン病
などの病気が改善しやすいそうです。

オイルプリングのやり方
大さじ1杯のココナッツオイルを口に含み、口の中全体にココナッツ油が
行き渡るようにブクブクと5~10分程すすぎます。

終わったら飲み込まず紙パックやビニールに吐き出してください。
口内の健康のために1日1回朝の歯磨き後に試してみましょう。

ココナッツオイルの美容効果

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸を構成するラウリン酸には
腸の動きを活発にして肌荒れや吹き出物を招く便秘を改善する
働きがあります。

またラウリン酸には優れた抗炎症作用もあり、アトピー性皮膚炎の
軽減にも役立ちます。

その他にもココナッツオイルに含まれるプレグレノロン成分
シワシミ吹き出物に効果があると言われています。

そしてココナッツオイルは食べるだけでなくお肌に塗っても
効果があります。

肌を若々しく保つには保湿が重要ですがこれに深く関わっているのが
皮脂と汗(水分)がまざった皮脂膜です。

皮脂膜は紫外線や寒さ、暑さなどの外部刺激から肌を守るとともに
肌の水分の蒸発を防ぐ役割をしています。

その皮脂膜の代わりとして保湿に役立つのがココナッツオイルです。
ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は肌に大変なじみやすいです。

普通はオイルを肌につけるとヌルッとしたりベタついたりしますが
ココナッツオイルはサラッとしています。

ココナッツオイルを肌につける方法
① お風呂上がりで体から水分を完全にふき取る前に
ココナッツオイルを大さじ1~2杯を手のひらにとって
両手でなじませ、顔や体に延ばしてつける

② 特にかゆみが強い部分や日焼けした部分があれば
念入りにココナッツオイルをつける

※特にかゆみが強い部分や日焼けした部分があれば
お風呂上がりではなくてもココナッツを念入りにつけてもよい

かゆみや日焼け肌の防止にも保湿が大切で
ココナッツオイルをつけだしたらかゆみや日焼けが防げたり
解消したりしたという人が大勢います。

ココナッツオイルのおすすめは?

ダイエット、健康、美容に効果があるココナッツオイルですが
ココナッツオイルであればなんでも良いわけではありません。

ココナッツオイルには
 ココナッツオイル
 ヴァージンココナッツオイル
 エキストラヴァージンココナッツオイル

3種類ありますが、中でも一番おすすめなのが

エキストラヴァージンココナッツオイルです。

最近で有機栽培などのココナッツオイルも発売されているので
良質なものを選んでください。

ただしエキストラバージンココナッツオイルも
品質の悪い物も出ているので注意しましょう。

おすすめは
レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイルです。

この商品は
●日本有機栽培認定食品(有機JAS)
●米国有機栽培認定(USDA organic)
●ヨーロッパ有機栽培認定

3つの厳しい機関から認定を受けているので安心です。

レインフォレストハーブ 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル 500ml 1本

まとめ

最近えごま油やアマニ油などの不飽和脂肪酸の健康油が流行っていますが
ココナッツオイルはそれらとは性質が違い、

飽和脂肪酸の特に中鎖脂肪酸が多くふくまれている健康油です。

えごま油とは違い熱にも強いので炒め物にも使用できますし
オイルプリングや体に塗ったりと食べる以外にも

効果ができる万能オイルですね。

あなたも健康や美容、そしてダイエットのために
是非ココナッツオイルを取り入れてみませんか?

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ