口臭の原因は胃の働きの低下!ピロリ菌や病気の可能性もあり

口臭の原因には歯周病や虫歯などが多いですが
それに当てはまらない場合は

胃腸の働きの低下や胃の病気の可能性が
高いです。

原因を把握してしっかりと対策を取るように
しましょう。

スポンサードリンク

胃の働きの低下が口臭の原因になる理由

胃が口臭の原因とは言っても
胃から直接臭いが上がってくるのではありません。

胃の働きの低下により、食べた物が
消化しきれないと胃の中で異常発酵
悪臭のガスが発生します。

このガスが胃の壁から血管に吸収されて
血液の中に溶け込み、

肺まで運ばれてきた悪臭成分は呼吸の際に
気化して口臭になります。

胃が原因での口臭はなかなか厄介なので
原因を把握して対策を取らないと
治りません。

スポンサードリンク

胃の働きの低下が口臭の原因と対策

胃の働きの低下にはいくつか原因が
あります。

まずはどれに当てはまるか把握しましょう。

胃に負担がかかる習慣

 酒の飲み過ぎ
 喫煙
 ストレス・緊張
 睡眠不足
 朝ごはん抜き
 コーヒーの飲み過ぎ
 辛い料理の食べ過ぎ
 野菜を食べず肉中心の食生活

仕事が忙しくてストレスが溜まり、
不規則な生活で食事も偏っている人が
多いのではないでしょうか?

口臭の原因がこれらの場合は
単に改善をすれば良いのですが

「とても忙しくてストレスも溜まっているのに
生活習慣や食生活を改善するのはむずかしいよ」
と思っている方がほとんどではないでしょうか?

そのような方には口臭サプリメントをおすすめします。

口臭サプリメントは体内で発生した悪臭を無臭化する
効果があり、体内が原因(胃の不調など)の口臭を
抑えることができます。

私も歳をとるにつれて仕事が忙しくなり、ストレスを
抱えて、不規則な生活を送っていたので

口臭に悩んでいた時期がありましたが
サプリメントで改善することができました。

口臭の原因が胃の病気の場合と対策

ただこれらの生活習慣や食生活が原因ではなく
胃に関する病気が原因の場合があります。

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍

消化不良の為に胃の中で食べ物が発酵し、
臭いの物質が発生します。

口臭が卵の腐ったような場合
胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の可能性があります。

逆流性食道炎

胃酸の逆流により、のどの奥や口の中まで
上がってくる酸っぱい液体は臭いがきつく、

息と一緒に出てしまうことがあります。

胃がん

血液中に取り込まれた臭い成分が口臭を発生させます。

人によって臭いに違いがあり、卵の腐ったような臭いや
クサい花の臭いがする人もいます。

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
ストレスや暴飲暴食などが原因の場合もありますが

ピロリ菌の感染が原因である場合がとても多く、

実際治療してピロリ菌がいなくなったら
口臭が消えた方も多いです。

これらの病気にかかっている方は
是非病院でピロリ菌の検査をするようにしてください。

逆流性食道炎の原因は脂肪分や甘い食べ物の過剰摂取
酒の飲み過ぎ、ストレスが原因です。

この場合は食事制限が一番です。

胃がんの場合は
早期の段階では症状が現れることは少なく
進行するまで気がつかないことが多く、

進行が進んでも無症状の場合があり
定期的に健診を受けることが一番の対策です。

体重が急に減ってきたり、食事がのどを通らない場合は
進行性の胃がんの可能性があるので
病院で診てもらうようにしましょう。

まとめ

口臭で悩む人が多いですが、
自分では気づきにくいので

知らないうちに周りの人に不快感を与えていたり
または恋人にもクサいと思われているかもなど

気になる方は多いと思います。

口臭が改善する歯磨き粉などがありますが
これらの商品を使用しても

改善しない場合は
胃の中に原因がある可能性が高いです。

最悪の場合は深刻な病気の可能性があるので
必ず検査するようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ