蓄膿症の症状は?放置する危険性や改善法、治療方法について

蓄膿(ちくのう)症は鼻の周囲にあるいくつかの
空洞に膿が溜まってしまう病気で,

風邪やアレルギー性鼻炎が長引くと
蓄膿症になる場合があります。

これを単なる鼻風邪や鼻炎だと思って放っておくと
取り返しのつかないことになる可能性も。

年間1,000万人が発症し、蓄膿症になりやすい人
つまり予備軍は1億人と言われています。

この国民病とも言える蓄膿症について
その症状や放置するとどのような危険があるのか?
改善方法や治療法についても紹介します。

スポンサードリンク

蓄膿症の症状について

蓄膿症慢性副鼻腔炎とも言われ、
急性副鼻腔炎が3か月以上続いた状態を言います。

最初は単なる風邪だったのが急性副鼻腔炎になり
それが最終的に蓄膿症になる場合が多いので

単なる風邪だと思ってきちんと治療をしないと
後で大変な目に合うこともあるので注意が必要です。

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の主な症状は

 粘りのある黄色や緑色の膿(うみ)を伴う鼻水
 鼻がつまって息苦しい
 副鼻腔部分が痛い
 頭がボーっとする・頭痛
 口臭がする(かなり強烈な臭い)
 ネバネバとした鼻水がのどに流れる(後鼻漏)
 顔面・目や鼻、時には歯が痛くなる
 食べ物の匂いを感じない、または味がしない
 高熱が出る場合も

このように蓄膿症にはさまざま症状がありますが
最初は鼻つまり程度だったのが、時間が経つにつれて

顔の色々な部分が痛くなったり、口の臭いがひどくなる場合も
あります。

風邪の症状が続いているなあと思っているだけで
放置していてはとても危険です。

スポンサードリンク

蓄膿症を放置する危険性について

蓄膿症は最初鼻に若干の違和感が出る所から
始まる病気です。

「風邪かな?」と思ってそのままにしておくと
鼻の奥の炎症が繰り返されて膿もどんどん
たまっていきます。

そうなると鼻からの呼吸が困難になり
鼻が詰まるとボーっとしてしまい

集中力が無くなるので、仕事や勉強に支障が
出てしまいます。

そして鼻だけに影響が出るのではなく、
鼻とつながっている目元や口元にも影響を及ぼします。

口での呼吸もつらくなり食事をしても味を
感じなくなってしまったり、

目もとの奥が痛くなり頭痛が多発することもあります。

また、副鼻腔に炎症が起こり、膿がたまって鼻からのどに
落ちてくるようになると、

吐く息がドブや排便のような
ものすごくクサい匂いになる場合があります。

そしてそのまま蓄膿症を治さずにいると
場合によってはガンになる可能性もあります。

鼻の奥の耐久性が無くなり、鼻腔ガンにかかる場合も
あるので本当に蓄膿症を放置するのは危険です。

以前タレントの松島尚美さんも高熱や鼻、耳、目
が痛くなって病院で検査したところ、
重度の蓄膿症と言われ入院しました。

初期症状ならば薬や自宅治療のみで治すことが
できる病気ですが、

重症になると入院して手術が必要になる場合があるので
軽く考えてはいけない病気です。

蓄膿症の改善方法や治療法について

蓄膿症の治療法は初期であれば自宅で治療することが
可能です。

蓄膿症を鼻うがいで改善

症状が初期の場合は鼻うがいで改善することができます。

うがいってすごく痛そう」と思うかもしれません。
確かに最初はとても痛く感じるかもしれませんが

ある程度慣れてくると痛みを感じることなく
できるようになります。

鼻うがいのやり方はとても簡単で
片方の鼻を押えてもう片方の鼻から水を吸うだけです。

鼻うがいは細菌などを体の外に出すことができます。
また、鼻やのどの粘膜の抵抗力がついて

さまざまな細菌やウイルスに対して強くなると
言われています。

鼻うがいをすることにより蓄膿症の改善だけでなく
風邪や鼻炎、インフルエンザの予防にもつながると
言われています。

その他にも鼻うがいは副鼻腔にたまっている膿を
少しずつ排出することが可能です。

最初は鼻水がたくさん出るかもしれませんが
鼻水と一緒に膿も出るので蓄膿症の症状が
軽くなると言われています。

蓄膿症を市販の薬で改善

市販の薬でも蓄膿症に効くものがあります。
代表的なものは小林製薬の「チクナイン」です。

さほど重症化していない慢性的な蓄膿症に効果が
あると言われています。
(慢性鼻炎や鼻づまりにも効果があります)

また眠くなる成分が入っていないので
仕事や勉強の邪魔にもなりません。

副作用が気になるところですが
漢方成分によって蓄膿症を治す薬なので
副作用が起きにくいと言われています。

妊婦さんや他の薬を飲んで治療を受けている方は
服用前に医師と相談することが求められています。

蓄膿症を病院の薬で改善

鼻うがいや市販の薬が効かないようであれば
耳鼻科で治療することになります。

病院では痰(タン)を取り除く去痰剤の効果を
持っている薬を処方されます。

去痰剤は痰だけでなく、蓄積されている膿も
しっかり排出する働きがあるので

鼻つまりが楽になり、少しずつ膿を排出することが
できます。

また蓄膿症の痛みがひどい場合は
抗生物質や痛み止めが処方されることが多いです。

蓄膿症を手術で治す場合

通院しても治る見込みな無い場合は
手術になりますが、簡単な手術ではありません。

以前の一般的な手術と言えば外科手術

上の歯茎の部分を切り、顔全体の皮を
めくり上げ膿が蓄積されている箇所を削ります。

ただし麻酔がほとんど効果ないと言われており
そのために手術後は顔がものすごく腫れあがり

激しい痛みが襲うと言われている程
手術を受ける側はとてもつらい手術になります。

とは言え最近は内視鏡下副鼻腔手術が一般的に
普及しています。

内視鏡手術では5~10日程の入院が多いですが
程度によっては日帰りでも受けられる場合があります。

外科手術よりも身体的・時間的・経済的にとても
楽になっています。

ただし重症患者の場合は外科手術になる場合も
あるので蓄膿症が重症化する前に

病院に行くようにしましょう。

蓄膿症まとめ

蓄膿症は最初単なる風邪や鼻炎の場合が多く
それほど気に留めない方も多いのですが

そのまま放置して蓄膿症になってしまう方が多いです。

色々な症状が出て悪化すると最悪手術をしなくてなりませんが

口臭もとてもひどくなるので周りにも迷惑をかけてしまいます。

特に風邪のひきやすい人、花粉症などアレルギーを
持っている人などは

蓄膿症になる可能性があると理解して早急に対応し

なかなか治らないようでしたら病院に行くようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ