夜勤の方におすすめのダイエット法!食事で気を付ける点は?

18dd632569f52a706696d829b4b08df1_s

夜勤や遅くまで働いている方はどうしても太りやすい傾向にありますが、食事を見直すことによってある程度太らないようにもできますし、ダイエットも可能です。

ではなぜ夜勤の方は太りやすい傾向にあるのか?

そしてそのような方におすすめのダイエット法を紹介します。

スポンサードリンク

夜勤の人が太る理由

飲食店の店員さんや看護師、介護士の方は夜勤が多く、勤務時間が不規則なのもひんぱんなので夜中に食事をする人がほとんどですよね。

実はこの夜中に食事をするのが太る理由なのです。

えっ?でも普通に生活している人と同じ量を食べても太っちゃうの?」と思われる方もいるかもしれません。

ですが最近の研究で真夜中に食べると太ることがわかってきました。

タンパク質の一種にBMAL1(ビーマルワン)という成分があるのですが、この成分は体内に刻まれている活動リズムが正常に機能するよう調整してくれます。

ただしBMAL1は脂肪を蓄積させる作用があり、この成分が多ければ多いほど脂肪を溜め込んでしまうおそれがあります。

またBMAL1は時間帯によって増加が見られ昼間は少ないのですが、夜に増加する性質があり、午後10時頃から急増し午前2時から午前4時頃にピークを迎えます。

ということは午後10時から午前4時頃までは他の時間帯と同じ量を食べたとしても脂肪がたまりやすくなるので食事の量に注意が必要なのです。

そしてこれだけでなく寝る前に食べるのも太るのです。

スポンサードリンク

寝る前に食べると太る理由

私の場合は夜勤ではありませんでしたが

以前は朝7時に家を出て夜は終電だったので夜中の1時半頃に帰宅してお風呂に入った後、2時頃ご飯を食べて、3時半頃に寝て朝6時半頃に起きるという生活を5年近く続けました。

すると体重が10㎏近く増えただけでなく特に中性脂肪が大幅に増え、健康診断で「脂肪肝」が判明しました。

さらにお医者さんにもこれ以上放っておくと肝硬変になる可能性が高いと言われてしまいました。

ではなぜ寝る直前に食べると太るのでしょうか?

人は食べると血糖値が上がりますが特に糖分や炭水化物を食べる急上昇します。

血糖値は時間が経つと減りますが、食事をしてすぐ寝ると血糖値が下がらずにインスリンというホルモンが分泌されます。

そしてインスリンは中性脂肪が体内に溜まるのを促進し、中性脂肪の分解を妨害してしまいます。

つまり寝る前に食べると血糖値が上がったまま寝るのでインスリンがどんどん発生し、中性脂肪を溜めて、結局太ってしまうのです。

夜7時ごろ食べて夜12時に寝るのであればその間に血糖値が下がり寝る時にはインスリンは発生しませんが、寝る前に食べるとたとえ夜7時に食べる人と同じ量であっても中性脂肪が溜まりやすくなり結局太ってしまうのです。

そのため夜勤の人や仕事帰りがいつも遅くなってしまう人は

  • 夜中の太りやすい時間帯に食べてしまう
  •  寝る前に多く食べてしまう

これらの傾向が多いので太りやすくなってしまいます。



夜勤の方におすすめのダイエット法

それでは夜勤の方がダイエットするにはどうすれば良いのでしょうか?

簡単に言うと

  • 夜中に食べない
  • 寝る前3時間は一切食べない

ということになりますが、

実際に夜中勤務の方は夜中に食べないと「元気が出ないよ~」という方や寝る前に食べないと言っても
「お腹が空いて眠れない」という方も多いと思います。

やはりダイエットは無理をすると継続するのが難しいですし、リバウンドすることも多いので無理なく健康的にダイエットする方法として私がおすすめするのはグリーンムージーを飲んでダイエットをすることです。



グリーンスムージーとは?

ミランダ・カーなどの海外の有名モデルが飲んでいることで話題になり、日本でも若い女性を中心にブームになっています。

グリーンスムージーの特徴

  • 低カロリー
  •  腹持ちが良い
  •  栄養たっぷり

という点です。

ほとんどのグリーンスムージーは1杯あたりのカロリーが100kcal前後で、野菜や果物から得られる栄養をたっぷりとることができるのでダイエットだけでなく美容にも効果があります。

またカロリーが低い割に腹持ちが良いので夜中に食事を摂る代わりにグリーンスムージー1杯飲めば

「お腹が空いて動けない」や「お腹が空いて眠れない」ということも今後なくなるでしょう。

また1杯あたりの価格が100円前後の物が多いので継続しやすいのもありがたいですね。

では夜勤をしていたり、夜遅くまで仕事がある方はどのようにグリーンスムージーを摂り入れたダイエットを実践すれば良いのかというと

 夜10時~朝4時までに食べる食事にグリーンスムージーを摂り入れる

 夜10時~朝4時までに食べる間食は全部グリーンスムージーにする方法です。

炭水化物は血糖値を上げてしまうので炭水化物の代わりにグリーンスムージーを飲み、おかずやみそ汁などはそのまま食べる方法です。

どうしても夜は炭水化物を食べたくなりますが夜10時~朝4時の間だけはなんとかガマンして、他の時間帯の食事の時に食べるようにしてください。

また夜中の間食も太る原因ですのでグリーンスムージーだけで過ごすようにしましょう。

グリーンスムージーは青汁のようにまずくはありません。

デザートのようにおいしくて飲みやすくなっていますので甘いものが食べられなくてつらいということはありません。

私も夜間の炭水化物をグリーンスムージーに変えてから運動は特にしていなかったのですが、元の体重まで戻りましたし、美容にも良い成分がいっぱい入っているので肌の調子までよくなりました。

夜勤の方も忙しくて運動する暇がないと言う方は是非グリーンスムージーダイエットをおすすめします。

おすすめのスムージ

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

では早速グリーンスムージーダイエットを実践しようと思っている方もいるかもしれませんが、最近はとてもブームになっていて、多くのグリーンスムージーが販売されているのでどれが良いのか迷ってしまいますよね。

そんな方には数あるスムージーの中で特に人気のあるものを紹介します。

 

「ミネラル酵素グリーンスムージー」

51FYzGaQvkL._SY355_
最近の一番人気はナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素グリーンスムージー」です。

私もこれを愛飲しています。

1杯のカロリーが22.86kcalと非常に低いのが特徴で野草や野菜、果物、穀類、海藻を原料とした202種類の植物酵素をコップ1杯に凝縮しています。

こんなに栄養があるとまずいのでは?」と思うかもしれませんが、

味の種類は

  • マンゴー味
  • アサイーバナナ味
  • はちみつレモン味
  • 豆乳抹茶味

から選ぶことができます。

私はマンゴー味とはちみつレモン味を飲んだことがありますがどちらもとても飲みやすいです。

その他のおすすめポイントとして

  • 人工甘味料が含まれていない
  • 12種類のビタミンと6種類のミネラル配合
  • 4種類の食物繊維配合で満腹感が持続

このスムージーに含まれる水溶性食物繊維は水分を吸収してふくらむため満腹感を得ることができます。

夜勤などでどうしても食べたい人にとってもありがたい飲み物です。

飲み方は簡単で水やミルクを加えてシェイカーで混ぜるだけです。

1日分(6g)あたりの価格約74
(定期コースの場合、初回は1日分約66円)

  • 定期コース初回1,711円
  • 2回目以降1,925円
  • 1杯あたりのカロリー 23kcal

たった1杯(6g)で1日に必要な12種類のビタミンを3分の1も摂ることができます。

カロリーが低いだけでなく、満腹感もあって栄養もたぷっり摂れるのに価格も安いこれがおすすめNo.1の理由です。

こちらは公式サイトから購入するとシェイカーもプレゼントされますよ。

ナチュラルヘルシースタンダード公式サイトはこちらから

 

まとめ

夜7時に食べるのと夜10時に食べるのには同じ食べ物を同じ量食べても

夜10時以降に食べると太ることがわかりました。

またご飯を食べて血糖値が上がった状態まますぐに寝ると太ることもわかり、このような環境の中でダイエットするにはグリーンスムージーが本当におすすめです。

栄養もあり腹持ちも良いので
キレイになりながらダイエットができますよ。

是非一度試して見てくださいね。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ