まぶたの痙攣の原因と対策、疲れやストレス以外に危険な病気の可能性も

まぶたがピクピクして痙攣(けいれん)した
経験がある人は多いと思いますが、

単なる目の疲れや精神的ストレスの場合も
ありますが

実は危険な病気の可能性もあります。

まぶたが痙攣する原因と対策や解消法、
そしてなかなか治らない場合は

どのような病気の可能性があるのか
お伝えします。

スポンサードリンク

まぶたの痙攣が目の疲れの場合の原因と対策

長時間パソコンに向かって仕事をする人や

テレビやゲームなど1日何時間も見たり
遊んだりする人は目が疲れて乾いてしまい

まぶたがピクピクと痙攣した経験が
あると思います。

この症状は眼精疲労ドライアイ
引き起こす一時的なまぶたの筋肉の痙攣です。

また精神的ストレスが原因でもまぶたが
痙攣することもあります。

目の疲れやストレスが原因のまぶたの痙攣の対策

 

① 目を休ませる

まずはしっかりと睡眠をとりましょう。

とは言うものの仕事が忙しい場合は
睡眠時間を確保できない方も多いかも
しれません。

その場合は仕事などで
1時間パソコンなどを使用したら
10分程度休憩するように心がけて
ください。

どうしても忙しくて休憩もそれほど
取れない場合は

パソコンのブルーライトから目を守る
眼鏡を使用してみてください。

私は最初そんなに効果があるのか
疑わしかったのですが

実際かけてみて長時間使用しても
以前よりも疲れが感じ無くなりました。

おすすめはJINS PCです。

ブルーライトをカットするPCメガネ、JIN’s オンラインショップ

② まぶたを温めたり冷やしたりする
パソコンやスマホを長時間使用している時は
血液の循環が悪くなっている可能性があります。

そのような場合は
50℃前後に温めた蒸しタオルで
目を温めたり、

その後で冷やしたタオルで
目を引き締めると血流が良くなって
疲れがとれます。

私のおすすめは
めぐリズムの「蒸気でホットアイマスク」です。

とても気持ちよくストレスでまぶたが
痙攣している方もリラックスできるので
是非試してみてください。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料 14枚入

③ マッサージをする
アイマスクだけでも効きますが
マッサージもやればさらに効果がでます。

目を閉じている状態で手のひらを使って
目を温めたり、

指の腹の部分で目の周りをやさしく
マッサージします。

④ ビタミンを摂る
目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つ
ビタミンAを中心に

ビタミンB、C、Eをバランスよく
摂るようにしましょう。

ビタミンAが多く含まれる食品は
うなぎ、鳥や豚のレバー、卵、ニンジン、
ホウレンソウなどです。

このように疲れやストレスが原因で
たまにまぶたがピクピクと痙攣するのであれば、

自宅でケアできるのですが、

それでも痙攣が続くようであれば
もしかすると病気の可能性があり
注意が必要です。

まぶたが痙攣する病気

眼部チック

症状
自分の意思とは関係なくまばたきを
ひんぱんする、または物が二重に見える、

急に視力が落ちるなどの症状が出ます。
その他には顔しかめ、口をとがらせる
動きが見られます。

スポンサードリンク

主に子供や若年層に多い病気です。

原因
強い緊張やストレスなど

治療
過剰なまばたきなどに対する問診により
診断します。

ストレス原因の除去や時間の経過に
より自然に治まることが多いです。

眼瞼(がんけん)ミオキミア

顔面ミオキミアとも呼ばれます。

症状
まぶたの下がピクピクする

勝手に不規則で短い時間、筋肉の細かい痙攣が
起こります。

通常は片目にだけに症状が現れます。

原因
① パソコン、ゲーム、スマホなどの
長時間使用による眼精疲労
② 寝不足
③ ストレス
④ 外傷などによる顔面神経まひの後遺症
⑤ 脳幹部にできた炎症や腫瘍

通常は①、②、③の場合が多いです。
ストレスはパソコンなどを長時間する
身体的ストレスだけでなく、

精神的ストレスも関係があると言われています。

④、⑤の場合はまれではありますが
疲労が回復しても痙攣が続く場合は

一度病院での検査が必要になります。

治療
疲労やストレスの場合は
それらの原因の除去により数日から
数週間で治まる場合が多いです。

病院に行くと抗けいれん薬などを
出されることが多いです。

症状が重い場合は手術の場合も
あります。

脳の異常などが原因の場合は
脳外科での診察が必要です。

片側顔面けいれん

症状
発症初期は片目のまぶた周辺が
時々軽く痙攣する程度ですが

次第に同じ側のほおや口もと、あごへと徐々に
痙攣が広がっていきます。

重症化すると顔がゆがんでしまう場合もあります。

通常は片側だけですが、まれに両側に
出ることもあります。

原因
はっきりとした原因はわかっていないのですが
近年の研究により高血圧や高脂血症など患者さんは
発症しやすいことがわかってきました。

そのため動脈硬化の進行した血管が
顔面神経を圧迫することが原因だと
言われています。

他には脳腫瘍などで顔面神経を圧迫している説
顔面神経麻痺の後遺症などの説があります。

また、疲労や精神的ストレス、睡眠不足が
誘因になるとも言われています。

治療
対症療法として抗けいれん薬や抗てんかん薬、
筋弛緩薬などを使用します。

手術は血管の圧迫を解除する手術療法などが
あります。

近年ではボツリヌス療法も実施されています。

ボツリヌス療法
痙攣している顔の筋肉にA型ボツリヌス毒素製剤を
注射して収縮している筋肉をほぐす治療です。

片側顔面けいれんにおけるボツリヌス療法は
健康保険が適用されます。

眼瞼けいれん

症状
初期症状は「まぶしい感じ」や
「眼が乾いてショボショボする」

「まぶたの周りの筋肉がピクピクする」
などで

次第に無意識のまばたきが続くような
状態になります。

はじめは下まぶたから、次第に
両目の上下まぶたで同じように痙攣するのが
特徴です。

痙攣の回数が増えて症状が進行すると
突然まぶたが開かなくなり、

目が見えなくなることもあります。

40代以上によく見られる病気です。

原因
解明されていなく
大脳の一部が機能障害を起こしている説など
様々です。

治療
原因不明の病気のため、まだ根本的な
治療法は確立されていません。

症状を抑えるために薬物内服法を用いることが
ありますが、

現在ではボツリヌス療法が主流です。

まとめ

このように「まぶたがピクピクと痙攣する」
と言っても

単なる目の疲れやストレスによる原因の
場合もあれば、

原因不明で最悪は失明する可能性のある
病気の場合もあるなど様々です。

まずは疲れやストレスを取るようにして
それでも改善しないようであれば

早目に病院に行くようにしてください。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ