肝臓の数値の異常や高い場合の原因や疑われる病気について!

2775a3e44246152762298b55d911aae2_s

肝臓は沈黙の臓器と言われるだけあって
病気にかかっても初期症状ではなかなか
わかりづらいです。

そのため健康診断の血液検査の数値で
判断するのが良いのですが

読み方が少しわかりにくいと思う人が
多いのではないでしょうか?

肝臓の数値が高い、または異常な場合の原因や
その場合にどのような病気の可能性があるのかを

血液検査で得られる肝機能の数値を読んで
肝機能障害がどの程度の状態であるかを
判断する方法を紹介します。

関連:肝臓に良い数値を下げる食べ物やサプリは?肝臓病患者は鉄分摂取に注意

スポンサードリンク

ALT(GPT)とAST(GOT)の数値に関して

ALT(GPT)とAST(GOT)はともに
アミノ酸を作り出す酵素です。

 ALT(GPT)ほとんどは肝臓に存在する酵素
 AST(GOT)肝臓の細胞以外にも心臓の筋肉や
手足の筋肉、赤血球などにも含まれる

ともに肝臓の細胞が障害を受けると血液中に
酸素が流れ出し数値が上がります。

そのため肝機能に異常があった場合の多くは
ALT(GPT)とAST(GOT)両方の数字が
上がります。

そしてALP(GPT)の数値が高い場合は
肝臓病が疑われるのですが、

AST(GOT)の数値のみが高い場合は
心筋梗塞などの肝臓以外の病気の可能性があります。

ALT(GPT)とAST(GOT)の基準値は
共に30IU/L以下です。

31IU/L以上の場合は肝臓に異常がある可能性が
高く

ALT(GPT)とAST(GOT)の数値が
31以上100以下の場合は

慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝などが考えられ、

100以上の場合は
ウイルス性肝炎の疑いがあります。

これまで40までが基準値とされていましたが、
最新の研究では31以上であれば肝臓などに
異常のある可能性が高いと発表されています。

スポンサードリンク

γGTPの数値に関して

18dd632569f52a706696d829b4b08df1_s

γ(ガンマ)GTPとは肝臓、腎臓、すい臓
脾(ひ)臓、小腸などに含まれている酵素で

肝臓では肝細胞や胆管細胞、胆汁の中にも
存在します。

通常はタンパク質を分解し合成する
働きをしていて解毒作用もあり、

特にアルコールの分解に重要な働きをしています。

γ-GTPの数値が上がる仕組みは
 お酒の飲み過ぎ
 肥満
 胆汁の流れが悪くなる(胆汁うっ滞)
 胆石が詰まった場合
 胆管細胞が破壊された場合

などで

たくさんγ-GTPが作られると
血液中に流れ出るγ-GTPが多くなり
数値が高くなります。

γ-GTPの基準値は

男性が50IU/L以下
女性が32 IU/L以下

女性の方が男性よりも低いのが一般的です。

この基準値よりも高い場合は
肝臓に負担がかかっていると考えられます。

γ-GTPの数値が正常値以上~100まで

多く見られる疾患
 アルコール性肝障害
 薬物性肝障害
 慢性肝炎
 脂肪肝

可能性がある疾患
 肝硬変
 肝癌

γ-GTPの数値が100~200まで
多く見られる疾患

 アルコール性肝障害
 薬物性肝障害
 慢性肝炎
 脂肪肝

可能性がある疾患
 肝硬変
 肝癌
 胆道疾患

γ-GTPの数値が200以上~500まで

多く見られる疾患
 アルコール性肝障害
 閉塞性黄疸
 肝内胆うっ滞など

可能性がある疾患
 慢性活動性肝炎

γ-GTPの数値が500以上

多く見られる疾患
 急性アルコール性肝炎
 閉塞性黄疸
 肝内胆うっ滞など

100未満であればアルコールを
控えることで数値が下がる場合がありますが

100以上超えた場合は脂肪肝が進行している
可能性が高いので病院で診てもらいましょう。

ALT(GPT)とAST(GOT)の数値が
正常でγ-GTPだけ数値が高い場合は

非アルコール性脂肪肝NASH)の疑いがあり
原因の多くは糖質の摂り過ぎによるものです。

アルコールを飲まなければ肝臓は
悪くならないのでではなく、

飲まない人でも糖質の摂り過ぎ
ストレスでもγ-GTPの数値が上がります。


ALPの数値に関して

ALP(アルカリホスファターゼ)は体内の
ほとんどの臓器や骨に含まれている酵素です。

胆道に異常があると胆汁が正常に流れなくなって
血液中に流れ出し、数値が高くなります。

ただALPの値が上がったとしても
必ずしも肝臓の病気というわけではなく

ALT(GPT)やAST(GOT)、γ-GTP
などの値も参考にして診断されます。

ALPの基準値は100~325IU/Lです。

ALPの基準値よりも多少低くても
それほど心配はありませんが

かなり低い場合は遺伝性低ALP血症という
病気の可能性があります。

この病気は生まれつきの疾患でもあり
特に乳児のうちにかかってしまった場合は
致死率が高くけいれん発作や呼吸障害が原因で
亡くなるケースもあります。

一方で大人になってから発症する成人型の場合は
致死率はそれ程高くありません。
骨が折れやすくなったり、痛んだりするのが
主な症状で、症状が重いと自力で歩けなくなる
こともあります。

その他の疾患の可能性として
甲状腺機能低下症栄養失調があげられます。

どの病気も患者数は少ないですが
かかってしまうと大変な病気なので

極端に数値が低い場合は
すぐに検査をしてもらいましょう。

ALPの基準値が高い場合は色々な
病気の可能性があります。

ALPが異常値でALT(GPD)や
AST(GOT)の値にも異常がある場合

肝臓や胆道系の病気が疑われます。

肝臓の病気:脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝臓がん
胆道の病気:胆汁うっ滞、胆石、胆道ガン

ALPとγGTPが異常値の場合は
アルコール性肝障害の可能性が高く

その他の可能性として、胆石、胆道ガン、
すい臓ガン、すい炎など
肝胆道系疾患
が疑われます。

ALPのみ高い数値の場合は
肝胆道系疾患以外の病気が疑われ

特に骨の病気である骨肉腫、骨へのガンの転移
くる病や甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、

ガン(肺ガンや卵巣ガンなど)、糖尿病、
慢性腎不全などが考えられます。

また病気ではなく妊娠後期の方や
血液型がB 型・O 型の一部の方に、
脂肪食摂取後に高値を示す場合があります。

LDH(乳酸脱水素酵素)の数値

LDHはアルコールの代謝を促進する上で
重要な酵素で糖質をエネルギーに変える
働きをしています。

LDHの数値が高い場合は肝臓が障害を
受けていることが考えられます。

LDHの基準値:120~242IU/I
(JSCC標準化対応法による)

LDHが基準値よりも高い場合は

肝疾患
急性・慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなど

心疾患
心筋梗塞、心不全など

腎疾患
腎不全、ネフローゼ症候群、腎梗塞など

骨格筋疾患
進行性筋ジストロフィー、皮膚筋炎など

血液疾患
溶血性貧血、白血病、悪性貧血、悪性リンパ腫など

その他の疾患
肺梗塞、悪性腫瘍、感染症などが
疑われます。

ビリルビン(T-bil)の数値

ビリルビンとは血液に含まれている黄色い色素です。

肝臓障害などで黄疸の症状が出た時に
身体が黄色くなるのはビルビリンが
血液中に増加しているためです。

ビリルビンの値を調べれば、
それらの臓器の障害の有無や程度を
知ることができます。

検査では総ビリルビンと直接ビリルビンを調べ
その差から間接ビリルビンを算出します。

ビリルビンの基準値

 総ビリルビン:0.2~1.2mg/dl
 直接ビリルビン:0.4㎎/dl以下
 間接ビリルビン:0.8㎎/dl以下

総ビリルビンが基準値より高いと

肝疾患(急性・慢性肝炎、肝硬変、肝がん)
溶血性貧血、鉄欠乏性貧血、悪性貧血

閉塞性黄疸、新生児黄疸、肝内胆汁うっ滞、
Rotor症候群、Gilbert症候群、
Crigler-Najjar症候群
などが疑われます。

直接ビリルビンが基準値より高いと

胆汁うっ滞、胆管・胆道系における
閉塞の疑いや急性・慢性肝炎、肝硬変
などが
疑われます。

間接ビリルビンが基準値より高いと
溶血性貧血や肺梗塞、敗血症、
甲状腺機能低下症
などが疑われます。

LDHが高いというだけではどの臓器に
問題があるのかわからないので

他の検査値を見たり、精密検査を
する必要があります。

まとめ

肝臓が悪いという場合は

アルコールの飲み過ぎと思う方が
多いようですが、

必ずしもそれだけが原因なのではなく
脂質、糖質の摂り過ぎも

肝機能の数値を上げる原因となります。

また脂肪肝は太っているだけが
なる病気ではなく

やせている人もかかる可能性があるので
何を食べても良いのではありません。

バランスの良い食生活や適度な運動が
必要となります。

肝臓の病気は症状が出てから病院に
行ったり、治療したのでは
完治まで時間がかかったり手遅れの場合が
あります。

そのため定期的に健康診断を受けることが
必要です。

また、今まで健康診断の数値を見ても
高い低いは理解できるけど

どのような病気にかかっている可能性が
あるのかわからなかった方は

是非この機会に自分の数値を把握して

病院で再検査してもらった方が良いのか
それともまだ安心なのか判断できるように
なりましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ