グリーンナッツオイルの成分と効果効能、えごま油、亜麻仁油、ココナッツオイルと比較

健康や美容に良い食養油が流行っていますよね。

その中で知名度は低いのですが最近注目されている
健康油が

「グリーナッツオイル(別名インカインチオイル)」です。

グリーンナッツオイルが健康や美容に良い理由と
他の健康油であるえごま油、亜麻仁(アマニ)油、
ココナッツオイル
との違いを紹介します。

スポンサードリンク

グリーンナッツオイルの効果効能は

グリーンナッツオイル(インカインチオイル)は
ペルーのアマゾン熱帯雨林に昔から生息する

インカグリーンナッツをしぼって作られます。

ii-s1

女性誌などで2006年頃から紹介されていますが
最近少しずつテレビでも紹介されています。

ただテレビで健康油として紹介され人気なのは
えごま油、亜麻仁油、ココナッツオイルですね。

グリーンナッツオイルはまだまだ認知度が
低いのですが

これらの食用油に負けない程多くの
効果効能があります。

グリーンナッツオイルの特徴と言えば

不飽和脂肪酸の一種でありオメガ3系脂肪酸
(n-3系脂肪酸)
の成分である

αリノレン酸が豊富に含まれていることです。

このαリノレン酸は体内で作ることができない
「必須脂肪酸」

体の様々な機能を維持する重要な働きを持つ
栄養分です。

えごま油や亜麻仁油にも同じ位の量が
含まれているのですが

様々な健康や美肌に効果があると言われています

αリノレン酸の効果・効能
 認知症の予防
 記憶学習能力の向上
 血流改善、血栓予防効果
 アレルギー抑制
 (花粉症、アトピー性皮膚炎など)
 老化予防
 うつの軽減
 中性脂肪・血中コレステロールの軽減
 高血圧の予防
 糖尿病の予防
 動脈硬化・不整脈の予防
 脳卒中の予防
 ガンの予防
 (特に乳がん、肺がん、大腸がんに有効)
 視力アップ
 脂肪肝の予防
 ダイエット効果
 美容・美肌効果

これだけの様々な効果がオメガ3脂肪酸のαリノレン酸にはあるので

厚生労働省でもオメガ3脂肪酸を摂取するように推奨していています。

1日の摂取基準は
男性2.1~2.4女性1.8~2.1gですが
グリーンナッツオイルであれば大さじ1杯で
その摂取基準に達します。

他の食べ物では摂取基準に達するまでに
かなりの量を食べなくてはならず
それではカロリーオーバーになってしまいます。

※オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)がグリーンナッツ、
亜麻仁油、えごま油以外に多く含まれている食べ物では
チアシードがあります。

スポンサードリンク

グリーンナッツオイル成分の特徴はビタミンEが豊富

グリーンナッツオイルの成分のその他の特徴は
天然ビタミンEが他の健康油や食べ物に比べて
豊富に含まれています。

ビタミンEといえば抗酸化作用が挙げられます。

抗酸化とは「老化を防ぐ」という意味ですが
アンチエイジング効果として健康・美容に様々な効果を
ビタミンEは与えてくれます。

ビタミンEの効果・効能
 老化防止
 ガンの予防
 コレステロールの減少
 動脈硬化の予防
 血行をよくする
(頭痛や肩こり、冷え性などの症状の緩和)
 溶血性貧血の予防
 肌のシミ、シワの予防
 (紫外線により発生した活性酵素を除去する働きもあり)
 生殖機能の維持
 (更年期障害の改善、精力減退の改善)

もともとビタミンEは欠乏すると不妊症を
招きやすいということで発見された成分で

月経不順生理痛の改善などにも役立っています。

ビタミンEが多く含まれている食品で
最近注目されているのがアーモンドです。

アーモンドの100g中に29.4mgの
ビタミンEが含まれて食品の中でもトップクラス
ですが

グリーンナッツオイルは100g中に
なんと200mgも含まれています。

ビタミンEの1日の推奨摂取量は
成人男性7.0mg、女性6.5mgですが
(耐容上限量が650~700㎎

αリノレン酸とともに大さじ1杯で
十分に摂取できます。


他の健康オイルのとの違いは?

油の種類の違い

私たちの「命の燃料」となり細胞膜を構成する油は
飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けられます。

グリーンナッツオイルやえごま油、亜麻仁油は
不飽和脂肪酸で、さらにそこから細かくわけられて
オメガ3系脂肪酸に分類される油です。

通常オメガ3系脂肪酸の油はαリノレン酸が
熱に弱いため、炒め物や揚げ物には
向いていません。

グリーンナッツオイルもαリノレン酸が
多く含まれているため熱に弱いはずなのですが

抗酸化成分のビタミンEが多く含まれているため
炒め物にも適しています。

(揚げ物はおすすめできません)

ココナッツオイルは飽和脂肪酸に属するので
グリーンナッツオイルなどの油とは違う種類の
油になります。

飽和脂肪酸は悪いイメージを持つ方がいますが
ココナッツオイルは主に健康に良いと言われている

中鎖脂肪酸という脂質でできているので
健康や美容、ダイエットに多くの効能があると
言われている万能オイルです。

ココナッツオイルとグリーンナッツオイルとの共通点は熱に強く
炒め物に使用できまるところです。
(ココナッツオイルも抗酸化が強い油です)

味の違い

味に関しては人によって意見が変わる可能性も
ありますがこれらの健康油の中では

ココナッツオイルは一番食べやすく美味しいです。

そしてオメガ酸脂肪酸の油はどれもクセがあり
人によってはあまり美味しく感じないかもしれません。

その中でも一番食べやすかったのはえごま油です。

その次が亜麻仁油でこの二つの油は熱にも弱いので
色々な食べ物にかけて食べるが一番ですが、

グリーンナッツオイルはとてもクセがあるので
そのまま食べるというよりも

炒めものに使用したり、
ピザやパスタなど味の濃い食べ物に使用する
ことをおすすめします。

まとめ

えごま油や亜麻仁油はスーパーでたまに
見かけることがありますが、

グリーンナッツオイルは見たことがありません。
(私だけかもしれませんが)

今一番購入しやすいのはネット通販です。
おすすめはアルコイリス インカグリーンナッツです。

こちらは105gと容量が少ないですが
初めての方はこれくらいの容量で試して
みてください。

高温処理で製造されトランス脂肪酸などの
危険がある健康に悪いサラダと違い

低温圧搾(コールドプレス)製法という
栄養成分を損なわないように製造しているので

グリーンナッツオイルの効果が期待できます。

アルコイリス インカグリーンナッツ・インカインチオイル 105g

油の中で一番多く日本で売れている身体に悪い
サラダ油を止めて

健康と美容に気をつけて生活するならば
ココナッツオイルとオメガ3脂肪酸の油
(えごま油、亜麻仁油、グリーンナッツオイル)の

どれかを使用することをおすすめします。

油を変えるだけで本当に健康にそして美しくなるので
1日でも早く油を変える生活を始めてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ