マヨネーズとカロリーハーフは健康に悪い?トランス脂肪酸や添加物の危険性

2a395dc0a408d27dd995788a927ce0ec_s
マヨネーズが大好きと言っている人の中には
太っている人が多いので

「マヨネーズはカロリーが高くて体に悪い」という

イメージを持っている人が多いのでは
ないでしょうか?

今日はマヨネーズの危険性
「マヨネーズ」「カロリーハーフ」の違い、
そして安全なマヨネーズについて紹介します。

スポンサードリンク

マヨネーズのカロリーと「カロリーハーフ」について

マヨネーズの代表的な商品といえば
「キューピーマヨネーズ」ですが

そのカロリーは大さじ1杯15g
100kcalとかなり高いです。

よくごはんにかけて食べるくらいマヨネーズが
好きな人がいますが

これでは太ってしまうのも仕方がないと思います。

ではキューピーでマヨネーズのカロリー半分の
「カロリーハーフ」という商品がありますが

これは名前の通りマヨネーズのカロリーの半分で
大さじ1杯15g50kcalです。

それならば最初から健康のために
「カロリーハーフ」を買えばよいのではと
思うのですが、

キューピーの「カロリーハーフ」という商品は
マヨネーズではないことをご存知でしょうか?

商品の裏に貼ってあるラベルの一番上に「名称」
いう表記があります。そこを見ると
マヨネーズはマヨネーズのままですが

実は「カロリーハーフ」は
サラダクリーミードレッシング」と
表記されています。

確かに「カロリーハーフ」のパッケージを
見るとどこにもマヨネーズとは書いておらず

「カロリーハーフ」はマヨネーズの
カロリーを半分にしただけの商品でないと
いうことです。

マヨネーズとカロリーハーフの違いは添加物?

ただ実際にキューピーの「マヨネーズ」と
「カロリーハーフ」の原材料を見てみると、

それ程の違いはないように思うかもしれません。

ですがカロリーハーフがマヨネーズと表記できない
理由があります。

農林水産省のホームページにも載っている

日本農林規格(JAS)のマヨネーズの規格に
カロリーハーフは当てはまらないことになります。

JASのマヨネーズの規格
半固体状ドレッシングのうち、卵黄又は全卵を使用し、かつ、
必須原材料、卵黄、卵白、たん白加水分解物、食塩、砂糖類
、はちみつ、香辛料、調味料(アミノ酸等)及び
香辛料抽出物以外の原材料を使用していないものであつて、
原材料に占める食用植物油脂の重量の割合が
65%以上のものをいう。

JASのマヨネーズを見ても良くわからないかも
しれませんが

「カロリーハーフ」はマヨネーズに指定されている
原料や添加物以外のものを使用している為に

サラダクリーミードレッシングとしか
表記できません。

カロリーハーフで使用しているマヨネーズでは
使用できない原料や添加物は

●砂糖類(砂糖・水あめ)
●増粘多糖類
●たん白加水分解物

この3つになります。

「砂糖類」はマヨネーズには入っていません。
カロリーは減るのに糖分が増えるというのは

ダイエットをしている人や健康の為に
食べ物を気をつけている人からすれば

カロリーも糖分も減らしたいと思うのが
普通のなので砂糖類を使用しているのは
残念です。

また塩分に関してもマヨネーズよりも
カロリーハーフの方が若干ですが
多いです。

増粘多糖類はドレッシングやドリンク、
デザートなど多くの加工食品に使用されていて

樹皮、海藻、豆、酵母などから抽出された
粘性の多糖類のことをいい、

40種類近くある添加物の総称です。

このうちの一品目のみ食品に添加された場合は
物質名が表示されます。

例えばアラビアガムが使用されると
「増粘多糖類(アラビアガム)」と
表示されます。

しかし、アラビアガムにグァーガムなど
2品目以上添加した場合は

「増粘多糖類」という表記だけで
良いのです。

増粘多糖類は比較的安全なものが
多いですが

カラギーナンやトラガントガムなど
体に悪いものもあります。

もちろんカラギーナンなどを使用していたと
しても微量なので体に悪影響を及ぼすわけでは
ありませんが

絶対安全ですと言えないですし

何よりどんな成分を使用しているのが
わからないというのが不安ですね。

たんぱく加水分解物は添加物ではなく、
大豆たんぱくや小麦たんぱくから

加水分解という方法でアミノ酸を
取り出したもので食品扱いです。

この加水分解は酵素分解法と塩酸分解法があり、
現在は塩酸分解法が一般的ですが

発がん性が懸念される物質クロロプロパノール
呼ばれる不純物が生成されることが
わかっています。

もちろん微量なので問題がありませんが

マヨネーズのカロリー半分の「カロリーハーフ」が
油の量を減らしてカロリーを減らしたのではなく

添加物などを使用してカロリーを減らし
しかもマヨネーズではないとなると
ちょっと購入を考える人もいるのでは
ないでしょうか?

またカロリーが半分だけでなく
砂糖も入っていて、塩分も多いとなると

本当にカロリー以外メリットがないように
思います。

同じカロリーオフのキューピーライトやゼロも
マヨネーズではありません。

では「マヨネーズ」であればカロリーが
多いものの、添加物も少なく、

砂糖も使用していないのでおすすめなのかと
いうとそうではありません。

スポンサードリンク

マヨネーズのトランス脂肪酸の危険性

マヨネーズの原料で一番多く含まれているのが
油(食用植物油脂)です。

油は体に悪いというイメージを持つ人が
多いですが本来は健康に良いものです。

キューピーマヨネーズの場合は大豆を原料と
していますがこの大豆自体は

遺伝子組み換えの心配はあるものの、
それ以外は健康に良い食べ物として

テレビや雑誌などで紹介されているものを
見たことがあるかもしれませんが

その大豆を原料として作った油が
なぜ体に悪いと言われるのでしょうか?

実は製造方法に問題があり
高温で処理された油には

●トランス脂肪酸の発生
●発がん性物質の発生
●原料の栄養成分が取り除かれる

という問題があります。

この高温処理で製造している油の
代表的なものがサラダ油です。

サラダ油の問題は下記
サラダ油の危険性!トランス脂肪酸がガン、認知症、不妊症、うつ、ADHDの原因に
を参照してください。

サラダ油は商品だけでな「植物油脂」と名前を変えて
さまざまな加工食品に含まれています。

そのため「サラダ油は使っていない」という方でも
知らないうちに接種している可能性があります。

マヨネーズのトランス脂肪酸100g当たり0.2g
マーガリンなどと比べると少ないのですが

アメリカで2018年に全面禁止されるトランス脂肪酸
少しでも含まれているというのは

あまり積極的に摂りたいとは思わないのでは
ないでしょうか?

「日本人はトランス脂肪酸の摂取量が少ない」
という理由で規制含有量の表示の義務
ありませんが

スーパーなどで売られている多くの加工食品に
サラダ油(植物油脂)が使用されています。

欧米ではもちろん最近ではアジア諸国でも
規制や表示義務などを行っているのですが

日本で規制や表示義務を強制したら
多くの企業から反対されるので

政府もなかなか行動しないと思われます。

ただ先程も言いましたが油は本来は
体に良いものなので、

低温で処理をした製造方法
低温圧搾あるいはコールドプレス製法)で
作った油を使用したマヨネーズであれば
健康に良いと言われています。

おすすめの安全なマヨネーズ

低温圧搾の油は製造に時間がかかり
数もそれほど作れないので
少し値段が高いですが

調べてみるとさまざまな食用油で
低温圧搾のものがありますので

マヨネーズを手作りする場合は
必ずこのような油を使用してください。

手作りが面倒あるいは時間がないという方に
おすすめの安全なマヨネーズを紹介します。

「松田 マヨネーズ」
この商品は圧搾一番なたね油だけを使用しています。
また卵や酢などの原料にもこだわっているので

健康を考えている方におすすめのマヨネーズです。

辛口と甘口があります。

ただしどんなに良い油を使用していても
一般のマヨネーズとカロリーは変わらないので

摂り過ぎには注意してください。

まとめ

マヨネーズは身体に悪いのではなく
原材料によるところが非常に大きいです。

カロリーやトランス脂肪酸なんて関係なく
安くて美味しいマヨネーズで良いという方は

キューピーのマヨネーズで良いと思いますし

多少値段が高くても健康に良いマヨネーズを
食べたい方は良い油を使用したものを買うように
してください。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ