ほうれい線の解消法・消し方には舌回しが効果あり!たるみやむくみも解消するやり方は?

あなたは今ほうれい線に悩んでいませんか?

ほうれい線は主に筋肉の衰えが原因ですが、
「舌回し」によって解消することが可能です。

また「舌回し」はほうれい線解消以外にも様々な効果をもたらします。

ではどのように舌回しをするのか、そしてほうれい線や
それ以外にどんな効果があるのか、

私が色々試して一番効果のあった日本歯科大学小出教授が
おすすめする舌回しの方法を紹介します。

スポンサードリンク

ほうれい線の原因と舌回しが効果ある理由は?

ほうれい線はご存知のとおり、鼻の両脇から唇の両端に
伸びる2本の線(シワ)でほおと口元との境界線です。

ほおの皮膚と脂肪がこの境界線を境に下がってくると
ほうれい線が目立つようになります。

年を重ねるほど、皮膚や脂肪を支える顔の筋肉が衰えてしまうため、
ほおがとんどん垂れ下がって、

ほうれい線が深く刻まれるようになるのです。

また重力も大きな影響を与えます。
重力に逆らう筋肉と逆らわない筋肉があり

重力に逆らって走っている筋肉は意識して動かさないと
衰えやすい筋肉です。

重力に逆らわない筋肉は重力の影響を受けないため
衰えにくいのですが、動かす機会が多いので、

その表層にある皮膚が引っ張られやすくなり、
その結果皮膚が垂れ下がって、

タルミやシワを作ったり、ほうれい線を深くしたりします。

これを防ぐには全ての顔の筋肉を偏りなく刺激して
鍛えることが重要です。

ただし顔の筋肉の種類はとても多く、しかも大小さまざまな筋肉が
入り組んだ構造になっています。

そのため特定の筋肉を思い通りに動かすのは至難の業です。

ところがこれらの筋肉を簡単に動かす方法があります。
それが「舌回し」なのです。

舌回しはこれらの筋肉を一挙に刺激して強化することができます。

しかも舌回しで強化できる筋肉は顔筋だけではなく、
首やのどの筋肉も刺激し強化しることができるのです。

ほうれい線を解消するには口元やほおを引き上げてくれる
筋肉を積極的に鍛えることが重要ですが
それだけでは不十分です。

顔全体や首まで含めた筋肉を総動員して動かす必要があるのです。

その理由はほうれい線の解消には顔筋強化以外にリンパの流れも
良くする必要があるからです。

リンパの流れを促しているのは筋肉なので首から上のリンパの
流れを強く促すには、顔や首の多くの筋肉を動かすことが大切です。

舌回しが優れているのは単に顔筋を強化するのではなく
普段ほとんど動かすことのない深部筋肉や首などの筋肉まで
一挙に動かす点にあります。

これによりリンパがドッと流れるようになるのです。

スポンサードリンク

ほうれい線の解消以外の効果は?

舌回しはほうれい線の解消以外にもさまざまな効果があります。

①タルミとむくみの解消

舌回しを行うと舌骨が動き、舌骨筋を強化することができ
そのことが、ほおやあごの周辺のタルミが解消されます。

さらに首のまわりのリンパの流れがよくなって
顔のむくみはもちろんシミの予防にもなります。

加えて、口からほおにかけての筋肉をバランスよく使えるようになるので
スッキリとしたフェイスライン(輪郭)を保つことができます。

②唾液の分泌を促し、若返りホルモンを増加

舌回しを行うことで唾液の分泌量も増えます。

唾液のほとんどは口腔内に分泌されますが、
一部は血液中に取り
込まれます。

その際に唾液に含まれる若返りホルモン(成長ホルモン)も
一緒に体内に吸収されます。

すると若返りホルモンが全身に行き渡り、
細胞の新生や肌の新陳代謝が高まるので

衰えた肌が弾力のある若々しい状態に戻り、シワやくすみ、むくみといった
トラブルを解消してくれるのです。

そしてこの若返りホルモンであるパロチンには
カルシウムの代謝や骨、歯の石灰石を助ける効果もあります。

そのため、骨、歯、軟骨などの組織を健康な状態に保ってくれます。

その他にも唾液には免疫力の向上や抗菌効果、
歯周炎や虫歯、口臭の予防など、

その健康効果は挙げたらきりがないほどです。

このように舌回しの効用は実に幅広く、まさに全身の健康に
役立つものなのです。

舌回しの具体的な方法

それでは顔の筋肉を解消する舌回しを3つ紹介しますが
いずれの運動もイスに座って姿勢を正して行いましょう。

①歯ぐきなぞり

舌回しの基本となる運動です。
この運動は舌をあらゆる方向に動かす運動です。

初めのうちは疲れるかもしれませんが
次第に楽になってくるのであきらめずに続けてください。

注意点は顔を少し上に向けて大きく目を開き、
口はしっかり閉じて行うようにしてください。

舌先で歯ぐきの表面をなぞるように、1回2秒程度かけて
大きくグルッと回します。

右回りを10回、左回りを10回行いましょう。
ただ「10回だとつらい」という方は5回くらいから
始めても良いので無理のないように続けてください。

②舌出し

背筋を伸ばして姿勢を正し、顔を少し上に向けた状態にして
舌をつけ値から思いっきり前に突き出します。

この時口角を上げるように意識しましょう。
下唇に力が入っていると、口角が下がりやすいので
注意してください。

舌を出した状態で
舌を上に向けた状態で5秒、下に向けて5秒キープして1回。
これを3回繰り返します。

次に同じように舌を出した状態で
舌を右ななめ下に5秒、左ななめ下に5秒キープして1回
これを3回繰り返します。

舌出しが終わったら、舌の力を抜いてリラックスするようにしましょう。

③超進化型舌回し

この運動はほうれい線の解消に特化した効力アップ法です。
頬(ほお)や口のまわりにある筋肉を刺激し、ほおのタルミが解消し
口元が引き締まって、ほうれい線が目立たなくなります。

ほうれい線を指で押さえて、その指をほおの内側から舌で押します。
アイロンで舌を伸ばすイメージで行いましょう。

まず鏡を見ながら左右のほうれい線の形に合わせて
左右の人差し指を当てます。

次に、人差し指でほうれい線を引き上げ、そのままの位置でキープします。
そして右のほうれい線をほおの内側から舌で押し、人差し指をなぞるように
下から上へ押し上げ、小鼻の際まで移動したら上から下へ押します。

左のほうれい線も同様に行います。

これを5回繰り返します。

①②③を行って1セット、毎食後1セットずつ
1日3セットが目安です。



まとめ

舌回しは多くの人に効果を実感してもらった健康法ですが
人によって効果が現れるのが遅い人もいます。

そのような方には短期間で諦めずに、3ヶ月は続けて欲しいですね。

そして舌回しでは無理は絶対に禁物です。
異常や不調を感じたらすぐに中止しましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ