マキベリーの効果効能や栄養成分、アサイーやブルーベリーとの比較は?

マキベリーというスーパーフードをご存知でしょうか?

ここ数年アサイーがダイエットや美容、
目の健康などに効果がある食べ物ということで
人気がありますが、

そのアサイーをはるかに超える栄養成分をもつ食べ物が
マキベリーです。

そのマキベリーの驚くべき効果・効能と
アサイーとの比較、

そしてその希少価値の高いマキベリーのおすすめの製品を
紹介します。

関連:スーパーフードとは?定義や日本の協会が選ぶ種類と正しい選び方!プライマリー10に注目!

スポンサードリンク

マキベリーとは?その驚くべき栄養成分

マキベリーは深い紫色をしたベリーの一種で
チリ南部のパタゴニアが原産です。
img60137699
またマキベリーは厳しい環境の中で自生をする
希少種であるため他のスーパーフルーツを
はるかに超える豊富な栄養素が含まれています。

マキベリーの栄養成分の特徴と言えば

なんといってもポリフェノールの一種である
アントシアニンが豊富に含まれていることです。

その他にビタミンCや鉄分、カリウムなども
豊富でとても栄養価の高いフルーツと
言われています。

スポンサードリンク

マキベリーとアサイー、ブルーベリーとの比較

抗酸化力(老化防止)作用が強く、目の病気の改善や予防などで
知られるポリフェノール(特にアントシアニン)を豊富に含む食品として
有名なのはブルーベリーアサイーですね。

ですがこれらのスーパーフルーツをはるかにしのぐポリフェノールを
含んでいるのがマキベリーで

なんとアサイーの5,4倍、ブルーベリーの14倍多く含まれています。

またマキベリーのアントシアニンのほとんどが
抗酸化力の強いデルフィニジン

フルーツの中でも最高レベルの
ORAC値(活性酵素吸収能力値=抗酸化力の値)を
持っています。

ようするに老化防止力が高い=アンチエイジング効果に優れている
ということですね。

そしてORAC値もマキベリーはアサイーやブルーベリーに比べて
約7倍も多く含まれていることがわかりました。

アサイーはその栄養価の高さから
スーパーフルーツと呼ばれていますが、

それを超えるのがミラクルフルーツのマキベリーです。、

マキベリーの効果効能

マキベリーに含まれるアントシアニンの一種であるデルフィニジン
「高い酸化力をもたらしてくれる」ということがわかりましたが
どのような効果効能をもたらしてくれるのでしょうか?

 美容・美肌効果
シミやシワ、肌のたるみ、紫外線から肌の細胞を守る

 アンチエイジング効果
老化の原因である活性酵素を取り消す働きがある

 コレステロールの酸化を防ぐ効果
心臓発作や脳卒中、動脈硬化などの症状を予防する

 炎症を抑える効果
体内における炎症と細菌による炎症にも効果あり
のどの痛み、発熱、下痢、潰瘍の治療に使用

 抗がん作用
細胞の悪化を抑制し、体内環境をきれいに整え
がん細胞の増殖を防ぐ働き

 目の疲れ・老化を防止する効果
白内障、緑内障、老眼の予防に最適

マキベリーのその他の特徴として
ビタミンや鉄分、カリウムなどのミネラルが
豊富に含まれていることから

代謝が高くなるのでダイエット効果も期待できると
言われています。

マキベリーの購入先は?

大人気のアサイーをはるかに超える効果がある
マキベリーをすぐに手に入れたいと思うかもしれませんが

生産量がかなり少ないために、生のマキベリーを食べることは
かなり困難です。

そこでおすすなのが、マキベリーのサプリメントです。
スムージーなどに入れて飲むパウダータイプもありますが、

「作るのが面倒」とか「好みの味じゃない」
という方も多いです。

サプリメントであれば味も気にせず手軽に飲めます。

マキベリー 食品

まとめ

新宿伊勢丹でマキベリーのサプリやパウダーを
扱っているお店では

既にアサイーをしのぐ人気があるとテレビで
紹介されていました。

マキベリーはこれから益々注目されるのは
間違いありませんが、

生産量の少なさから人気がこれ以上出ると
不足する可能性もあります。

美肌対策
ダイエット対策
エイジングケア対策
病気・眼病予防対策を考えている方は

是非一度試してくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ