めまいの原因はストレス?症状により病気の場合も!病院は何科を受診?

b91f66da11c8fed1b953598a68bd3b22_s

めまいは健康な人でもちょっとしたきっかけで
起こるものです。

イスから勢いよく立ち上がった瞬間などに
ふらっと立ちくらみを経験したことがある方は
多いと思います。

このような一時的な症状であれば心配は
ありませんが

これといった原因がないのに激しいめまいが
起こったり、

めまいが繰り返したりするときは注意が必要です。

症状によりどのような病気の可能性があるのか、
また病院では何科を受診するのかを紹介します。

スポンサードリンク

脳の障害によるめまい

めまいはストレスや疲労などでも
起こりますが、

●ろれつが回らない
●麻痺(まひ)やしびれがある
●物が二重に見える
●発音がうまくできない
●うまく歩けない
●細かい作業ができない

これらが1つでも当てはまる場合は

脳梗塞や脳腫瘍、脳出血など
脳の障害によるめまいの可能性があります。

このような症状がみられる場合は
すぐに神経内科脳神経外科を受診するように
してください。

また激しい頭痛手足の感覚の異常がともなう
めまいは

高血圧糖尿病、不整脈が原因である
場合もあり早急の受診が必要です。

スポンサードリンク

めまいを引き起こす耳の病気

めまいは脳の障害よりも「耳の病気」が原因の
場合が多いです。

それでは症状別に紹介します。

突発性難聴

めまいの症状が1回だけおこり、
めまいが治ったのに耳鳴りが続く場合は
突発性難聴であると考えられます。

難聴の重症度には耳がちょっと詰まった感じがする
程度から、まったく聞こえないというものまで
幅があります。

原因は不明でストレス疲労内耳循環障害説
帯状疱疹ウイルス説などが疑われています。

メニエール病

10分~半日ほど続く周囲が回って見えるような
回転性のめまいに襲われます。

同時に吐き気おう吐耳が詰まった感じ
耳鳴り難聴(特に低温が聞こえにくい)などの
聴覚トラブルを伴います。

特に30~40歳代の女性に多く発症し
季節の変わり目や気候が変化するとき

また、低気圧や前線が接近しているときに
起こりやすいとも言われます。

内耳全体がむくむ(内リンパ水腫)ことで
発症すると考えられていて

発症の引き金は過労慢性の睡眠不足
精神的ストレスであるとみられます。

良性発作性頭位めまい

寝返りをうったとき、頭を洗うために
下を向いたとき、

ベッドから起き上がったときなどに
めまいが起こります。

グルグル目が回る感覚を強く感じるため、
恐怖感や不安感、吐き気を伴うことも
ありますが聴覚トラブルはありません。

耳を原因とするめまいの中で最も発症が多く
比較的治りやすい病気であると言われています。

再発防止には適度な運動規則正しい生活が
必要です。

前庭神経炎

グルグル目が回る激しいめまいが1回だけ
起こります。

起きているときも寝ているときも
症状の強さは変わりません。

吐き気おう吐を伴うふらつき感数か月
続くこともありますが

耳鳴りや難聴といった聴覚トラブルはなく
完治できる病気です。

30~50歳代を中心に多く発症します。

前庭神経の障害はウイルス感染や血液の
循環が悪くなったために起こると

考えられていますが明確にはわかっていません。

めまいを感じたら何科を受診する?

めまいと言っても脳の障害や耳の病気が
原因などさまざまあるので

症状別に何科を受診すれば良いのか紹介します。

神経内科や脳神経外科の受診

めまいの他に頭痛、顔面や手のしびれ、
ろれつが回らない、視野がかすむ、
物が二重に見えるなどの症状を感じた場合

耳鼻咽喉科やめまい専門外来の受診

めまいにともない、音が聞こえづらい、
耳が詰まった感じがするといった
聴覚に関する症状がある場合

内科や循環器内科の受診

立ち上がる際にクラッとするめまいが起こる、
目の前が暗くなったりする場合
(血圧の変動が原因と考える)

受診する際はいつ、どのくらいの時間、
どのようなめまいが生じたか、

病院へ行く前にメモなどに書き起こして
整理しておくと、

症状を的確に医師に伝えることができ、
正確な診断に役立ちます。

また乗り物で長時間移動したり、
気圧が急激に変化したりすると

めまいを引き起こすことがあります。
事前に耳鼻咽喉科を受診し、

医師に旅行時のアドバイスや
薬の処方をしてもらいましょう。

まとめ

めまいの悪化や再発を防ぐには
次のことを心がけましょう。

●ストレスをためない
●睡眠を十分にとる
●栄養バランスのとれた食事をする
●適度な運動を習慣づける
●ぬるま湯での半身浴
●お酒を控える
(めまいが起きているときは禁酒が原則)
●タバコを控える(できれば禁煙)

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ