膝の痛みの原因はO脚それともスポーツ?症状別による治療法を紹介

m016-008
膝が痛いと階段の上り下りはもちろん
普通に歩くだけでもかなりしんどくて

生活がままならない場合もあります。

ただ膝が痛いのはスポーツが原因の
場合とO脚などが原因の場合もあり

まずはどのような痛みなのかをしっかりと
把握することが大切です。

スポンサードリンク

スポーツが原因の膝の痛み

膝半月板損傷

膝半月板損傷の症状は
 膝(しつ)関節の痛み
 引っかかり感
 曲げ伸ばしが十分にできない
 関節に血がたまる血腫
 水がたまる関節水症

などが起こります。

損傷した半月板によるカクンカクン
といった弾発音がすることもあります。

半月板は膝関節の内側と外側にあり
クッションの役目をしている
線維性軟骨です。

膝をひねったりすると大腿骨(だいたいこつ)
と脛骨(けいこつ)の間に挟まれて
損傷します。

膝半月板損傷はスポーツ外傷として
最も頻度が高いです。

その他の原因としては階段からの
転落などによって膝をひねって
起こることもあります。

膝半月板損傷の治療法

症状がひどくなければ安静にして
鎮痛薬の服用で痛みを軽減します。

いつもまでも症状が続く、再発を
繰り返すような場合は関節鏡手術を行います。

手術は若い人で損傷部位が血管の通っている
外側端であれば、半月板を縫う修復術あるいは

損傷している部分を切除する半月板部分切除が
おもです。

膝靱帯損傷(ひざじんたいそんしょう)

傷を受けた後は関節の腫れや激しい痛み
(関節血症)がありますが
安静にしていると痛みがひいてきます。

膝関節の両側を支えるのが側副靱帯
前後方向を支えるのが関節内の中央にある
十字靱帯です。

側副靱帯損傷は膝の内側を傷めることが多く
十字靱帯損傷では膝の前側が多くなっています。

前十字靱帯損傷では膝の前側が多くなっています。
前十字靱帯損傷では半月板や側副靱帯の損傷を
合併することが多くあり、

さらに痛みがとれた後でも膝が前後にぐらつく
などの不安定感が残ることがあります。

原因はバスケットボールなどのスポーツで
膝関節が逆に曲がったり、

ぶつかって折れ曲がったり、ジャンプなどの
着地で損傷します。

膝靱帯損傷の治療法

側副靱帯損傷の場合はおもに安静と
サポーターによる固定を数週間続ける
保存療法を行います。

前十字靱帯損傷で軽症の場合は
装具やサポーターによる保存療法を
行いますが

不安定感が残り、日常生活やスポーツを
続けることに支障がある場合は
靱帯再建手術を行います。

スポンサードリンク

中高年女性に多く見られる膝の痛み

変形性膝関節症

膝の痛みの原因としてもっとも多く
特に中高年女性に多く見られます。

症状や特徴は膝関節の軟骨がすり減って
いきます。

正座やイスから立ち上げる、歩き出す
階段を上り下りするといった動作の
始めに痛みを感じるようになります。

しだいに平地での歩行でも痛みが現れるように
なります。

膝に水がたまり(関節水症)、腫れることもあります。

進行すると膝の曲げ伸ばしができなくなり
O脚の程度が強くなることがあります。

原因は肥満O脚のため、膝の内側に
体重がかかって軟骨がすり減って
しまったり、

半月板や靱帯を傷害した後、
二次的に起こったりすることがあります。

変形膝関節症の治療法

膝関節になるべく負担をかけないようにします。
そのためには正座や無理な階段の上り下り

長時間のウォーキングは避けるようにします。

一方で肥満の解消膝周囲の筋肉をつけることを
心がけます。

痛みが強い場合は消炎鎮痛薬の使用や
膝関節へのヒアルロン酸の注射などを行います。

ヒアルロン酸というと美肌効果がある成分と
思うかもしれませんが

膝などの関節のクッション
骨と骨との動きを滑らかにする潤滑剤
の役割として働きます。

病院での注射以外におすすめなのは
サプリメントです。

サプリメントは一般的なグルコサミン
入っている物を選びがちですが
効果がありません。

関連記事
膝の痛みを改善するサプリの選び方!グルコサミンよりアイハがおすすめの理由

ヒアルロン酸を構成する原料である
N-アルセチルグルコサミン

ヒアルロン酸の生産量を増加させる
タマゴ由来の成分iHA(アイハ)
入ってるサプリメント「タマゴサミン」をおすすめします。

タマゴサミン公式ホームページはこちら

特発性骨壊死(膝)

症状は急に膝が強い痛みに襲われます。

変形性膝関節症と症状が似ていますが
変形性膝関節症は痛みが少しずつ
強くなるのに対して

特発性骨壊死の痛みは1~2日で急激に
強くなり、夜間痛も特徴です。

痛みは2~6ヶ月かけて徐々に良くなる
ことが多いのですが、

たまに痛みが軽減しないこともあります。
ほとんどが片側の膝だけに起こります。

膝の骨に原因不明の(特発性)の壊死が
生じ、骨が荷重によって陥没します。
こちらも中高年の女性に多く見られます。

原因ははっきりとはわかっていませんが
骨の脆弱性(ぜいじゃくせい)による
骨折から発症する説が有力です。

特発性骨壊死の治療法

初期の治療はT形杖や松葉杖、足底板という
靴の中に入れる装具などで膝の負担を
軽減させます。

壊死の範囲が狭い場合は自然に治ることも
ありますが

最終的に痛みが強く残る場合は手術が
必要になります。

手術は脛骨の骨切り術人口膝関節全置換術
一般的です。

手術後は筋肉を強くするリハビリテーションが
とても重要になります。

まとめ

膝の痛みといってもスポーツや激しい動きが
原因で起こる症状と

肥満やO脚などで膝に負担がかかり軟骨が
すり減って痛みが出る症状があります。

症状が軽い場合は自然に治る場合もありますが
悪化する恐れもあるので

まずは整形外科に行って診察することを
おすすめします。

タマゴサミン公式ホームページはこちら

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ